HOME  Dairy-Hiroダス                  ◀ 前へ  下へ▼  次へ ▶

 

. 4月15日(土)    丘陵歩き 第2弾

 

今日は不安定な天候らしい・・

相方も遠出をする気もない様子だ。

相方の好きなピザランチでもしてから、

今日は狭山の丘陵を歩いてみっか。

 

暖かくなってきたので、駐車場もいっぱいで、

家族連れやお散歩の人たちでにぎやかですよ。

.

特に珍しい花があるわけじゃないんだけど、

ちょっこら花さんぽには、とてもいい丘陵なんだわね。

イチリンソウはちょうど見頃で、思いっきり開いて咲いていた。

 

イチリンソウ (一輪草) キンポウゲ科 イチリンソウ属  2017.04.15
イチリンソウ (一輪草) キンポウゲ科 イチリンソウ属  2017.04.15
イチリンソウ  この場所で見たのは初めて
イチリンソウ  この場所で見たのは初めて

 

タチツボスミレ・ニリンソウは、ここでもいくらでも見ることができる。

やや飽きちゃった感が出てしまうね~

.

フモトスミレが遊歩道脇に咲いている。

小さくて、距が紫色でかわいいね。

しかしねえー、やっぱりスミレの撮影は難しいのう~

なかなかうまくいきませんわ。

 

フモトスミレ (麓菫) 
フモトスミレ (麓菫) 
フモトスミレ
フモトスミレ
フモトスミレ
フモトスミレ
フモトスミレ
フモトスミレ

.

ここではエイザンスミレは終わり、果実になっていました。

シュンランはいたるところで見られます。

 

エイザンスミレ たくさんいましたが、みんな果実になっていました
エイザンスミレ たくさんいましたが、みんな果実になっていました
エイザンスミレの果実
エイザンスミレの果実

.

シュンラン (春蘭)  名の通り、春に咲くランです。 この辺りでは簡単に出逢えます。
シュンラン (春蘭)  名の通り、春に咲くランです。 この辺りでは簡単に出逢えます。

 

ぽつぽつ雨が降ってきちゃったので、

駐車場に戻ります。

.

ニョイスミレクサノオウジュウニヒトエミツバツチグリ

キランソウなどのお馴染みの花々も咲いていました。

 

ニョイスミレ (如意菫) スミレ科 スミレ属
ニョイスミレ (如意菫) スミレ科 スミレ属
ニョイスミレ  ツボスミレ (坪菫)の別名がある
ニョイスミレ  ツボスミレ (坪菫)の別名がある

.

クサノオウ (瘡の王) ケシ科 クサノオウ属
クサノオウ (瘡の王) ケシ科 クサノオウ属
クサノオウ 毒草と考えた方がよさそうです
クサノオウ 毒草と考えた方がよさそうです

.

ジュウニヒトエ (十二単) シソ科 キランソウ属  元気そうでした
ジュウニヒトエ (十二単) シソ科 キランソウ属  元気そうでした
ジュウニヒトエ
ジュウニヒトエ

.

ミツバツチグリ (三葉土栗) バラ科 キジムシロ属
ミツバツチグリ (三葉土栗) バラ科 キジムシロ属
ミツバツチグリの葉 葉は3小葉から成ります
ミツバツチグリの葉 葉は3小葉から成ります

.

キランソウ
キランソウ
キランソウ (金瘡小草) シソ科 キランソウ属  上唇はとても短い
キランソウ (金瘡小草) シソ科 キランソウ属  上唇はとても短い

.

夏になれば、水辺にタコノアシが咲くんだよね。

目玉のお花はありませんが、

新緑が芽吹き緑が濃くなってきて、気持ちのいい狭山丘陵でした。

 

タコノアシ (蛸の足) ユキノシタ科(タコノアシ科)
タコノアシ (蛸の足) ユキノシタ科(タコノアシ科)

 

途中で出会った、小さな子2人を連れたファミリーが

遊具で遊べる場所がないと言っていましたが、

少し歩いてみたら? と私が勧めたので、森を散策できたみたいだわ。

 

 

コメント: 2 (ディスカッションは終了しました。)
  • #1

    ヒゲちゃびん (火曜日, 18 4月 2017 09:23)

    HiroさんKenさんおはようございます。
     実はイチリンソウとタコノアシ見たことがありません(ホントです)。
     たぶんイチリンソウの方は高尾で今週の土曜日に見れるかも知れませんね^^
     狭山丘陵っていい雰囲気ですね。
     歩いていて楽しそうですね。
     更新楽しみにしていますね^^

  • #2

    Hiro (火曜日, 18 4月 2017 17:03)

    ヒゲちゃびんさん
    イチリンソウはもう咲いているんじゃないでしょうか。
    急に夏日になったのでお花は大急ぎかもしれませんね。

メモ: * は入力必須項目です