ヤマラッキョウ

 

山辣韮 ネギ科 ネギ属

Allium thunbergii

ヤマラッキョウ(白花) (山辣韮) ネギ科 ネギ属 2010.11.03 千葉県
 ヤマラッキョウ(白花) (山辣韮) ネギ科 ネギ属 2010.11.03 千葉県

 

白花のヤマラッキョウを初めて見ることができた。

他の花が目的で足を運んだ、千葉県の湿原。

ヤマラッキョウが見事に群生していた。その中に

花糸まで白い、白花がポツリポツリと咲いていた。

 

ヤマラッキョウ 2010.11.03 千葉県
 ヤマラッキョウ 2010.11.03 千葉県

 

千葉県の小さな湿原。ヤマラッキョウが咲くことは知っていたが、

丁度よい季節に来たのは初めてだ。 湿原とその周囲に、どっさり

咲いていた。 まるでヤマラッキョウ畑だ。こんなにたくさん咲く

とは思わなかったので、ちょっと驚いた。 小さくてわかりにくい

上の写真には少なくとも4株の白花が写っている。 とても個体

数が多いので、白花も多いのだろうか?

 

ヤマラッキョウ 2010.11.03 千葉県
 ヤマラッキョウ 2010.11.03 千葉県

 

とても元気そうなヤマラッキョウでした。

 

ヤマラッキョウ 2009.10.12 群馬県
 ヤマラッキョウ 2009.10.12 群馬県

 

昨年(2009年)この花が見たくてあちらこちらを

探したがなかなか出会えず、ようやく群馬県の

榛名湖近くの湿原で見ることができた。初めての

花を見ることができたときは、本当にうれしい!

 

ヤマラッキョウ 2009.10.12 群馬県
 ヤマラッキョウ 2009.10.12 群馬県

 

この花が咲き終わる頃、いよいよ今年の花シーズンも

フィナーレを迎える。寂しい限りである。でも暖かい

地方の海岸には、まだ頑張って咲いている花もいる。

今年もあと少し、花さんぽができるかな?

 

 

ヤマラッキョウ

 

「山地の草原に生える多年草」と図鑑にある。しかし例外もあるのだろう、上から3枚目までの写真は、海抜5m程度の低層湿原に群生していたものである。 ニラ臭は少ない。花茎は高さ30〜60cm、基部に3〜5個の葉をつける。 茎頂に紅紫色の小さな花が多数、散形状につく。 花期は9〜10月(低地は11月)。 福島県以南の本州〜沖縄に分布。

 

 

ススキ

 

2010.11.07 掲載

2013.10.08 APG分類体系移行に伴い、ユリ科からネギ科に変更

 

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    ゆき (火曜日, 10 11月 2015 19:53)

    こんばんは、HIROさん、kenさん、ヤマラッキョウで、検索して、白花ヤマラッキョウも、見れて嬉しいです。ちょうど、今頃が、見頃の旬のお花なんでしょうね、赤から、紫と基本的な、タイプから、珍しい白花、見つけたときの喜びは、格別ですね。

  • #2

    HiroKenのKen (火曜日, 10 11月 2015 20:25)

    ゆきさん、こんばんは〜
    上のヤマラッキョウは、千葉県での撮影です。あの有名な湿原でございます。
    はい、今頃が見頃だと思いますよ。すごい群生がありますね。
    白花もここで初めて見ることができました。やはり嬉しいですね、何か時別なものを見つけた気になれます。

  • #3

    ゆき (水曜日, 11 11月 2015 07:08)

    おはようございます、HIROさん、kenさん、ヤマラッキョウの湿原、わかりました、ありがとうございます、あの有名な、湿原ですね、早速、休日を利用して、見に、出かけます。楽しみです。