ソクシンラン

 

束心蘭 ノギラン科 ソクシンラン属

Aletris spicata

 

ソクシンラン  2014.05.25(このページの写真すべて) 愛知県 alt=110m
 ソクシンラン  2014.05.25(このページの写真すべて) 愛知県 alt=110m

 

 シライトソウに出会えた気持の良い丘で、ソクシンランにも

出会うことができました。 日当たりのよい草原や山麓に生え

る多年草です。 お初の花でした。小さな可愛い花をたくさん

咲かせていました。

 

 

 草丈は30〜50cm。 穂状花序は長さ15〜20cm。 花期は

4〜6月、本州(関東以西)〜沖縄県に分布。

 

 根元の葉から花茎の先端まで収めようとしたら、上のような

わかりにくい写真になってしまいました。 オン・マウスで花

序・茎・葉の部分を示す図柄が出ます(スマホはタップ)。

 

ソクシンランの葉
 ソクシンランの葉

 

 根生葉は線形で多数、長さ10〜30cm。 和名の

「束心蘭」は、葉がランに似ていて、葉の束の中心

から花茎が立つことに由来するそうです。もちろん

ラン科ではありません。 古い分類体系ではユリ科

に分類されています。

 

ソクシンラン

 

 花は斜め上向きにつき、花被は長さ5〜6mmと小さい。

花の形状はつぼ型で、先は6裂しやや反り返ります。裂片

は披針形、白色〜薄紅色

 

ソクシンランの花 正面
 ソクシンランの花 正面

 

 よく見ると6個の裂片は一様ではなく、1個おきに先端部が

オレンジ色っぽくなっていることに気づきました。 これは

これでまたかわいいですね。 葯や柱頭もオレンジ色っぽい

です。

 

ソクシンラン

 

 苞は披針形。 花柄は短い。 花序の花軸、

花柄、花被片の外側に白い縮れ毛があります。

 

ソクシンランの花序の先端部
 花序の先端部

 

花序の先端部。 開花を待つ花たち。

 

2014.10.19 掲載

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    みちほ (水曜日, 22 10月 2014 00:39)

    見たことのない花ですが、可愛らしいですね~
    産毛のような毛に包まれてて赤ちゃんみたい・・・
    小さな花がとってもリアルに撮れてて素晴らしいです。

  • #2

    hanasanpo (水曜日, 22 10月 2014 04:44)

    ありがとうございます。
    花が小さく地味なので、道端に咲いていても気にもせず通りすぎてしまいそうです。
    でも小さい花ほど近寄ってよく観察すると可愛かったりするんですよね〜。
    だから小さい花も大好きです。
    日本はちょっと離れた場所に遠征すると見たことがない花がいるので、良い国ですね〜。