ムラサキ

 

紫 ムラサキ科 ムラサキ属

Lithospermum officinale ssp. erythrorhizon 

 絶滅危惧lB類(EN)

 

#1 ムラサキ (紫) ムラサキ科 ムラサキ属  2011.06.26 山梨県
#1 ムラサキ (紫) ムラサキ科 ムラサキ属  2011.06.26 山梨県

 

 ムラサキに出会うことができました。花は白色です。根にはシコニンという色素を含み、かつては紫色の染料として使われていたようです。名はここから来ているのでしょう。根はシコンという生薬としても利用され、栽培もされていたようです。

 古今集にも歌われたり、古文書にも記載があり、かつては北海道から九州まで、日本全土の日当たりのよい草地に分布していたようです。現在では非常に数を減らし、見つけることがとても困難な花になってしまいました。 今回はHiroの綿密な事前調査のお陰で、比較的楽に見つけることができました。(その場所に行くまではバテましたが)

 

#2 ムラサキ
#2 ムラサキ

 

 標高1700mを少し超えた尾根道の、開けた草地にいました。見つけられたのは、たった4〜5株でしたが、高さ60〜70cmほどの立派な株で、蕾もたくさんつけていました。葉は互生し、柄がなく、長披針形。やや沈んだ緑色でした。粗い毛が生えています。脈はやや並行して走り、表面で明確に窪んでいるのが印象的です。

 

#3 ムラサキの葉
#3 ムラサキの葉

 

 葉を触ってみると、しっかりした感じ。光の加減により表面の見え方が少し異なります。 #3は葉の縁の毛は見えますが、表面の毛はよく見えません。その代わり、表面一面を小さな丸っこいプツプツが覆っているのが見えます(写真をクリックすると少し大きく表示しますので、興味があればカチッとして下さい)。どうも、毛はこのプツプツから生えているようです。プツプツは、毛根みたいなものなのでしょうか? 茎にも白っぽく粗い毛が生えているのが見えます。

 

#4 ムラサキの葉
#4 ムラサキの葉

 

 #4は同じ株の反対側の葉です。光の加減でプツプツは見えませんが、白っぽい毛がたくさん生えているのがわかります。葉を根元に向かってなでると、ちょっとざらざらした感じがします。葉脈の部分は窪んでいます。

 

 ところで、上の4枚の写真をよーく見ると、葉の付け根の部分に小さな葉が2枚づつ、ついているのが見えます。これは、托葉では? 確かムラサキ科の植物の多くは単葉で、托葉は持たないはずですが... ムラサキは、托葉を持つ数少ない種なのでしょうか? お詳しい方、教えていただけるとありがたいです。

 

#5 ムラサキの花序
#5 ムラサキの花序

 

茎は茎頂部付近で分岐し、花もこのように茎の上部にまとまってつきます。

(図鑑の写真ではもっと大きく分岐し、花もまばらな感じでついていました)

 

#6 ムラサキの花
#6 ムラサキの花

 

#6 とても清楚な感じを受ける、かわいい花です。直径は8mmほどで、5裂します。白色と言って間違いないですが、Hiroは観察しながら「ほんの微かに青味がかっている」と言っていました。デジカメ写真では、非常に微妙な色合いは表現できていないかも知れません。 花冠の喉部(中央のちいさなぷっくりした突起)は、わずかに黄色味を帯びています。喉部にはこまかな毛が生えているのですが、この倍率ではまったく見えませんね。

 

#7 ムラサキの喉部
#7 ムラサキの喉部

 

画質劣化を覚悟で、喉部をトリミングして目いっぱい拡大

してみました。こまかな毛が生えているのがわかります。

奥に見える薄茶色のものはなんだろう?

 

#8 ムラサキの花
#8 ムラサキの花

 

花を横から見てみました。花弁は、ほぼ水平まで開いています。

 

 

ムラサキ

 

丘陵地の草地などに生える、夏緑性の多年草。高さ40〜70cm。根にはシコニンという色素を含み、生薬の紫根(シコン)や紫色の染料として使われた。花期は6〜7月。

 

環境省のレッドリストでは「近い将来における絶滅の危険性が高い種」である絶滅危惧lB類に指定されている。2006年時点で 推定総個体数1000,平均減少率70%、20年後の絶滅確率は30% と報告されている。減少の主要因は乱獲、管理放棄による遷移の進行、植林による草原の消失や草地の開発が考えられる。栽培も試みられているが、発芽率が低く、ウイルスなどにも弱いことから、非常に困難とされている。

 

2011.07.03 掲載

 


コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    かのん (日曜日, 03 7月 2011 07:26)

    ムラサキって古典にもたびたび登場する、有名な花なのですね~
    全く知りませんでした。
    古典に疎い私などは、歌の中に詠まれていても、紫色の野の様子くらいにしか解釈していませんでした。

    近年まで普通に栽培されていて、江戸紫の生地を染めていたんですね。
    それがいまや絶滅の危機にあるなんて不思議な気がします。
    他のムラサキ科の植物は結構頑張っているのに、、、
    目的を持って乱獲するとあっさり絶えてしまうのですね。

  • #2

    hanasanpo (日曜日, 03 7月 2011 12:24)

    かのんさん、私もムラサキのことは知りませんでした。
    そもそも「むらさき」と聞いたら、居酒屋チェーンの「村さ来」しか思い浮かびませんでしたし(´_`。)。
    「江戸紫」が出てきても、桃屋の「江戸むらさき・ごはんですよ!」しか連想できませんでしたし。
    今回いろいろ調べて、よい勉強になりました。

    やはり草原の消失が一番大きいと思います。広い草原⇒平坦で、宅地開発やゴルフ場をつくるのに、うってつけ!
    ということで無計画に開発が進められ、自生地がなくなったことが大きいのではと思っています。
    私の寿命が来るのと、ムラサキが絶滅するのとどちらが先か? 数株しかいなかったムラサキを見て、そこまで思いました。