レンプクソウ (連福草)

 

レンプクソウ科 レンプクソウ属

Adoxa moschtellina

レンプクソウ (連福草) レンプクソウ科 レンプクソウ属  2010.04.25 福島県伊達郡
レンプクソウ (連福草) レンプクソウ科 レンプクソウ属  2010.04.25 福島県伊達郡

 

真横を向いた花が4個背中合わせになり、さらに真上にも1個ついて、5個の花がサイコロのような立方体をつくるという、不思議な花です。

 

ずっと見たかった花ですが、4月初旬に岐阜県でおくちゃんに案内いただき、ようやく見ることができました。その月の下旬にも福島県で花ママ・花パパさんのご案内で見ることができました。思い返せばみなさんに案内して頂くばかりの1年でしたが、おかげ様で多くの花たちを見ることができ、充実した年にできました。改めてみんさんに感謝です。 来年も良い年になりますように!

 

レンプクソウ  2010.04.25 福島県伊達郡
レンプクソウ  2010.04.25 福島県伊達郡

 

斜め上からの撮影です。真上を向いた花があるのが見えます。

名の由来は「根を掘ったら長い地下茎が偶然近くのフクジュソウ(福寿草)と連なっていたので、レンプクソウ(連福草)とした」そうです。命名者はなかなか凝った発想の持ち主だったのでしょうか... しかし「福と連なる」なんて、いい名前ですね。

5つの花がつくので、ゴリンバナ(五輪花)という別名があります。こちらはストレートな命名ですね。この名を聞くと、どうしてもオリンピックを連想してしまいます。

 

レンプクソウ  2010.04.25 福島県伊達郡
レンプクソウ  2010.04.25 福島県伊達郡

 

咲き始めの花です。 横を向いた花はまだ蕾なので、上を向いた花が先に開花するようです。 上向きの花と横向きの4個の花は少し様子が違います。 横の花は花弁が5つに裂けていますが、上の花は4つに裂けているのです。 その理由は、私の推測ですが、4つに裂けないと横向きの4個の花とうまく噛み合わないからだと思います(5つに裂けていると1つ余っちゃいますからね)。

 

レンプクソウ  2010.04.04 岐阜県
レンプクソウ  2010.04.04 岐阜県

草全体と葉の様子です。

  

北海道と本州の近畿地方以北に分布。 林縁に生える高さ8〜17cmの多年草。 根生葉は2回3出複葉で長い柄がある。 小葉は羽状に中裂する。 茎葉は小さく、1対が対生する。 花は黄緑色で直径4〜6mm。

 

 

2010.12.29 掲載

写真追加 2011.04.18

レンプクソウ 2011.04.16 栃木県佐野市
レンプクソウ 2011.04.16 栃木県佐野市

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    ペン (木曜日, 30 12月 2010 10:55)

     HiroKenさん
     きれいなレンプクソウですね。私も大好きな花の一つです。こちらでは春早くから咲き始めますが、植物を見始めた頃はなかなか気づきませんでした。これに気づくと何となく嬉しくなります。
     さすがに野山の花もほとんど見られない時期になってきましたが、残り花を見たり実を探したりして過ごしています。春が来るのが待ち遠しいですね。

  • #2

    hanasanpo (木曜日, 30 12月 2010 12:22)

     ペンさん、ありがとうございます。
     レンプクソウは花が緑色なので目立たず、もしかしたら今まで気付かなかったのかも知れません。しかし見れば見るほど変わった花ですよね!
     「冬芽ハンドブック」を片手に木々の冬芽を見たりしていますが、冬芽なんぞ今まで真面目に見たことがなかったので、けっこう難しいです。春〜!早く来ておくれ〜!ホントに待ち遠しいですねー。

  • #3

    おくちゃん (土曜日, 01 1月 2011 13:50)

    kenさん
    あけましておめでとうございます。
    昨年は大変お世話になりました
    今年も楽しい花散策をしましょうね。

  • #4

    hanasanpo (土曜日, 01 1月 2011 17:23)

    おくちゃん
    明けましておめでとうございます。
    こちらこそ、大変お世話になりました。「2010年お初の花」シリーズはまだ4月の岐阜県が続いています。その節はありがとうございました。
    今年もたくさんの花を見たいと思います。ぜひまたご一緒させてください。よろしくおねがいします。