シロバナカタクリ

 

ユリ科 カタクリ属

Erythronium japonicum f. leucathum

2008.04.05 新潟県新潟市
2008.04.05 新潟県新潟市


 ここは新潟県のとある低山です。カタクリ、キクザキイチゲ、ミスミソウ、ミチノクエンゴサク などなど、多くの初春の花が咲き乱れます。このような風景が山腹に延々と続く、花好きにとっては楽園のような場所です。 撮影した時には気付かなかったのです... 右端に、半分切れてしまったシロバナカタクリが写っていました。

 

2008.04.05 新潟県新潟市
2008.04.05 新潟県新潟市


同じ場所を少し別のアングルで撮影したものです。やはり右端にいます。

今度は切れていませんが、遠いですね〜

 

2008.04.05 新潟県新潟市
2008.04.05 新潟県新潟市


 トリミングして思いっきり拡大しました。ひどい画質ですが、シロバナカタクリであることは確認できます。白花の出現率は諸説あり、0.01%〜0.001%とされています。低いと思えますが、見ている方はけっこう多いようです。

 

2008.04.06 新潟県燕市
2008.04.06 新潟県燕市

 

 翌日、近くの別の低山でも見つけました。今度ははっきり認識した上での撮影ですが、これも遠いですね。 近くに行けないことはなかったのですが、密生している他の植物を踏みつけないで近づくのは困難と思われたので、やめました。 いつか、近くでじっくり観察してみたいものです。

 

 2010.12.30掲載

 

HOME  白花  関連ページ

 

コメント: 2 (ディスカッションは終了しました。)
  • #1

    ゆき (火曜日, 21 4月 2015 00:05)

    こんばんは、hanasanpoさん、白花カタクリのお花、ありがとうございます♪見てみたい、憧れのお花です、春のお花が、咲き誇る新潟県、ピンクのカタクリの群生の中に、極希に、咲くと、きいてましたが、神秘的な、お花ですね。

  • #2

    hanasanpo (火曜日, 21 4月 2015 05:03)

    白花はとても清楚な感じがしますね。おっしゃる通り、ピンク色の普通の花の中にいると、際立って見えます。 カタクリの群生に出逢う度に探すのですが、なかなか見つけることができません。

メモ: * は入力必須項目です