ミチノクエンゴサク

 (ヒメヤマエンゴサク)

 

陸奥延胡索 ケシ科 キケマン属

Corydalis capillipes Franch.

#1 ミチノクエンゴサク  2013.05.02 新潟県妙高市 alt=50m
#1 ミチノクエンゴサク  2013.05.02 新潟県妙高市 alt=50m

 

 本州中北部の日本海沿岸の多雪地帯に生える多年草です。 ヤマエンゴサクに似ていますが、全体に細長く、小さい。 高さは10〜15cmほど。 花冠の長さは、ヤマエンゴサクが15〜25mmであるのに対して、ミチノクエンゴサクは10〜13mmしかありません。 ひと目見て「小さい!」と感じました。

 

#2 カタクリとミチノクエンゴサク   2006.04.09 新潟県 alt=215m
#2 カタクリとミチノクエンゴサク   2006.04.09 新潟県 alt=215m

 

 新潟県の海岸に近い低山の秘密の花園です。 春の柔らかな陽光が降り注ぐ中で、カタクリ、オオミスミソウ、キクザキイチゲなどと咲いていました。 人が気持ちよいと感じる環境は、植物たちにとっても、元気よく花を咲かせられる環境なのでしょう。

 

 #2はカタクリとのツーショット。 新潟県沿岸部のカタクリの花は、関東の里山に咲くものよりも明らかに花が大きいですが、それを差し引いてもミチノクエンゴサクの小ささが際立ちます。 ヒメヤマエンゴサクの別名にも納得です。 花期は4〜5月です。

 

#3 花園に咲くミチノクエンゴサク   2008.04.05 新潟県
#3 花園に咲くミチノクエンゴサク   2008.04.05 新潟県

 

 スプリング・エフェメラルの花が地面を覆い尽くす花園。 小さいながらもその一員として、しっかり花を咲かせていました。

 

#4 ミチノクエンゴサク  2013.05.02 新潟県妙高市 alt=50m
#4 ミチノクエンゴサク  2013.05.02 新潟県妙高市 alt=50m

 

 地下の球形の塊茎から1本の茎を立上げます。 葉は2〜3回3出複葉で、小葉は線形〜楕円形です。 形状には幅があり、一概に「これが標準」といえるものはないと思います。

 

#5 ミチノクエンゴサクの群生   2013.05.02 新潟県妙高市 alt=50m
#5 ミチノクエンゴサクの群生   2013.05.02 新潟県妙高市 alt=50m

 

 #5は数え切れないほど多くの株が群生してました。 しかし花茎を上げて花を咲かせている株は、多くはありませんでした。

 

#6 ミチノクエンゴサク   2008.04.05 新潟県
#6 ミチノクエンゴサク   2008.04.05 新潟県

 

 総状花序に小さな花をつけます。 花数には幅があり、およそ5〜18個。 上の写真の右の株は、10個の花をつけています。 花のつくりについては、仲間のヤマエンゴサクのこの項で述べたので、ご参照下さい。

 

#7 ミチノクエンゴサク 紅紫色の花を咲かせた個体   2008.04.05 新潟県
#7 紅紫色の花を咲かせた個体   2008.04.05 新潟県

 

 花冠は細い筒状で、一方が唇形状に開き、一方に距があります。 他のキケマン属の花と比べて小さいですが、気のせいか唇形に開く上弁・下弁の大きさが全体に占める割合が大きいように思えます。

 

#8 花弁をほぼ平開させたミチノクエンゴサク   2008.04.05 新潟県
#8 花弁をほぼ平開させたミチノクエンゴサク   2008.04.05 新潟県

 

 花弁がパッカーンとほぼ平開している花がありました。 上でも述べましたが、ミチノクエンゴサクの花は花冠の長さに対して、唇形の開口部が長いように思えます。

距が細くて短く貧弱な印象であるのに対し、唇形の開口部は立派に見えるのです。 もしこの比率が近縁種と明確に異なるとしたら、識別の手がかりになるかも知れませんね。 最後に、ミチノクエンゴサクの苞について述べます。

 

#9  ミチノクエンゴサクの苞の切れ込みは要注意。青矢印はなし、赤矢印はあり
#9  ミチノクエンゴサクの苞の切れ込みは要注意。青矢印はなし、赤矢印はあり

 

 苞( 苞葉:ほうよう ともいう)は、花がつぼみのときには、花弁やしべを包み守っています。 開花後は花柄のつけ根の直下にあり、小さな葉のように見えます。 仲間の種によって苞の切れ込み(歯牙、欠刻)の有無があるので、苞は識別ポイントの一つとなります。

 

 しかし本種の場合は少し注意が必要です。 個体により、苞の切れ込みがあったりなかったりするのです。 #9の個体は、青矢印で示した花序上部の苞には切れ込みはありませんが、赤矢印で示した花序下部の苞には切れ込みがあります。 切れ込みの深さは、下の葉ほど深いように見えます。

 

#10 ミチノクエンゴサクの苞の切れ込み  青矢印:なし、赤矢印:あり
#10 ミチノクエンゴサクの苞の切れ込み  青矢印:なし、赤矢印:あり

 

 #10の個体は茎頂部の苞こそ全縁ですが(青矢印)、少し下の苞には、切れ込みがあります(赤矢印)。 茎頂部の苞より大きく目立つので、これに目を奪われて「苞に切れ込みがあるから、これはヤマエンゴサクだね」と判断を誤ってしまう可能性があります。

 

 自分で観察した個体に限定されますが、苞の切れ込みの有無が混在する場合は、必ず花序上部の苞が全縁、下部が切れ込み有りとなっており、その逆はありませんでした。 従って、茎頂部の苞を確認することが重要となります。

 

#11 すべての苞が全縁のミチノクエンゴサク
#11 すべての苞が全縁のミチノクエンゴサク

 

 #11の個体は6個の苞がすべて全縁です。 

全縁の場合は、卵状楕円形で先端は尖ります。

 

 

< 参考にさせていただいた図鑑や外部サイト(順不同) >

文献・図鑑などの著作物や、個人・法人のWEBサイトにも著作権があることをご理解の上、ご利用下さい。

 

*1 日本の野生植物 草本2 離弁花類  平凡社 1982年3月31日 初版第3刷 p.125

*2 山渓ハンディ図鑑2 山に咲く花  山と渓谷社 2013年3月30日 初版第1刷 p.248

*3 Plants Index Japan(撮れたてドットコム)  比較画面 - エンゴサクの仲間

*4 YList 植物和名ー学名インデックス  Papaveraceae(ケシ科)

*5 山行記録 富山橋とともに  ミチノクエンゴサク

*6 いわてレッドデータブック  ミチノクエンゴサク

*7 KOBAIKEIの奥美濃散歩 山の花図鑑  ミチノクエンゴサク

 

※ 外部サイトは、それぞれの運営者の都合により、変更・削除されることがあります。

 

 

2018.03.28 掲載

 

HOME  野山の花アルバム  和名一覧  花色検索トップ  ケシ科 

 

 

ミチノクエンゴサクが掲載されたページ

 Dairy-Hiroダス

  2013年5月2日 渋滞なしの花さんぽ

  2011年4月12日 新潟県 花さんぽ(1)

 

 花さんぽ

  2008年4月5-6日 新潟の花園 p.3/6

  2007年3月22-24日 新潟県 秘密の花園(その2)

 

ご意見・ご感想・間違いのご指摘などは、下のフォームからお願いします。