ヒメフウロ

 

姫風露 フロウソウ科 フロウソウ属

Geranium robertianum

 

ヒメフウロ (姫風露) フウロソウ科 フウロソウ属  2010.08.29 岐阜県伊吹山
ヒメフウロ (姫風露) フウロソウ科 フウロソウ属  2010.08.29 岐阜県伊吹山

 

 ほんとうにかわいい花です。 昨年見ることができた花たちの中で、「かわいさ」という面では間違いなく、No.2になる花かな? No.2? そう、ヒメフウロには申し訳ないですが、かわいさNo.1のチャンピオンはやはりあのヒナノキンチャクでしょうね〜。 でもヒメフウロも間違いなくかわいいです。 この淡いピンクとホワイトの絶妙なグラデーションが、なんとも素晴らしいです。

 

ヒメフウロ  2010.08.29 岐阜県伊吹山

 

 たくさん群れて咲いていることが多かったですが、1株だけだとこんな感じです。 花の直径は約1.5cmと小さいです。 植物体全体もこじんまりしていて、そこから「ヒメ」の名がついたようです。 シオヤキソウという別名があるそうです。 図鑑には「塩を焼いたような臭気がある」とありましたが、塩を焼いた臭いってどんな臭い? このことは後で知ったことで、花を見たときは匂いを嗅ぎませんでした。失敗したなー!

 

ヒメフウロ  2010.08.29 滋賀県/岐阜県伊吹山

 

 全体に開出毛があり、萼には開出毛と腺毛が

あります。 花の横に子房が成熟し始め果実

なりつつある、花後の姿も写っています。

 

ヒメフウロ  2010.08.29 岐阜県伊吹山

 

中央にゴワゴワっといるのがヒメフウロの群生です。

 

ヒメフウロ  2010.08.29 岐阜県伊吹山

 

上から撮ってみました。 葉は3全裂し、小葉はさらに深裂します。

 

 

ヒメフウロ

 

本州中部地方と四国の石灰岩地に生える、高さ20〜60cmの

1年草〜越年草。 全体に開出毛があり、粘る。

 

2011.02.15 掲載

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    あひる (土曜日, 19 2月 2011 23:36)

    かわいさ、ナンバー2、というくだりを読んで、
    ナンバー1が、すぐ浮かびましたよ(*^^)v

    ヒメフウロ、ちょっとムラサキカタバミに似ているように思いましたが、
    実際見ると、違うかもしれないですね。
    塩を焼いた臭気!
    植物学者は、色んな事を知ってないといけないのですね^m^

  • #2

    hanasanpo (日曜日, 20 2月 2011 13:22)

    ナンバー2の下りでナンバー1がわかってしまうなんて、さすがあひるさんですね!
    当サイトをよく見ていただいて、とても嬉しいです。

    確かにムラサキカタバミを思い出させる姿ですね。
    ムラサキカタバミはカタバミ科で、ヒメフウロとは科が違うのですが、科の一つ上の「目(もく)」で見ると、同じ「フウロソウ目」です。「遠い親戚」と言えるのかも知れませんね。
    次回ヒメフウロに出会えたときは、必ず鼻を近づけて「塩を焼いた臭気」を嗅いでみたいと思います!