イヌノフグリ

 

犬の陰嚢 オオバコ科 クワガタソウ属

Veronica polita subsp. lilacina

絶滅危惧ll類 (Vulnerable)

 イヌノフグリ (犬の陰嚢) オオバコ科 クワガタソウ属  2012.02.26 埼玉県秩父市
 イヌノフグリ (犬の陰嚢) オオバコ科 クワガタソウ属  2012.02.26 埼玉県秩父市

 

 マルミノウルシを観察した日、イヌノフグリも見ることできました。 近縁種のヨーロッパ原産のオオイヌノフグリは、開花時期の3〜5月には「見ない方が難しい」ほど多くの場所で見ることができます。 しかし在来種であるイヌノフグリはとても数を減らしており、なかなか出会う機会に恵まれませんでした。 それが、今回初めて見ることができたのです。(イヌノフグリも史前帰化植物であるという説もあります)

 

イヌノフグリ
 イヌノフグリ

 

 自生地を訪れたのは昼頃であったのですが... この日は寒い曇り空で、花はほとんど開いていませんでした。 少し時間が早すぎたようです。 それでも30分ほど粘っていると、数個の花が開き始めました。

 

イヌノフグリ
 イヌノフグリ

 

 花は、小さいです。 この日完全に開ききった花は

見ることができませんでしたが、それを考慮しても小

さい。 完全に開いたとしても、直径2〜3mmほどと

思います。 オオイヌノフグリの花は直径8〜10mm

あるので、その1/3〜1/4ほどの大きさです。 注意

深く見ないと見逃します。

 

 花は淡いピンク色に紅紫色の筋が入るようですが、

今回の見た花にはあまり目立った筋は見えませんでし

た。 (見た数も少なかったし)


イヌノフグリ
 イヌノフグリ

 

 時期が早かったのか、果実を見ることはできません

した。 果実は通常2つが合わさった形になっていて、

和名「犬の陰嚢」の由来になっています。 果実もぜひ

いつか見たいと思います。

 

 

イヌノフグリ

 

土手や道ばた、田の畦や石垣などに生える越年草。 茎は下部で枝分かれして広がる。 葉は卵円形、オオイヌノフグリの半分ほどの大きさで、長さ・幅とも4〜11mm、4〜8個の鋸歯がある。 上部の葉腋から長さ約1cmの花柄を出し、小さな花を1個つける。 蒴果はやや平たい球形で中央がくびれる。 その形を犬のふぐり(陰嚢)に見立ててイヌノフグリの名がついた。 しばしばオオイヌノフグリと競合し、駆逐されてしまう。 遷移の進行と道路工事が主たる減少の原因となっている。 本州、四国、九州、沖縄に分布。 花期は3〜4月。 旧来の分類体系ではゴマノハグサ科に分類されていた。

 

 

2012.03.06 掲載

2016.06.05 科名に関する記述を追加

 

イヌノフグリ 2013.02.24  埼玉県秩父市
 2013.02.24  埼玉県秩父市

 

昼をだいぶ過ぎて日が影ってしまい、花が閉じ気味でした。

 

イヌノフグリ 2013.02.24  埼玉県秩父市
 2013.02.24  埼玉県秩父市

 

これで花の小ささが伝わるかな・・・

 

2013.03.01 写真追加

 

 

イヌノフグリが掲載されたページ

 Dairy-Hiroダス

  2013年2月24日 西風冷たし秩父のお山

  2012年2月26日 花さんぽ始動!

 

コメントをお書きください

コメント: 6
  • #1

    本多 茂 (木曜日, 03 3月 2016 18:10)

    はじめまして  杉並区の和田堀公園というとことで、おそらくイヌノフグリと思われる植物が 郡生してました。オオイヌノフグリの花と違い 花は、3ミリと小さく花の色は、薄いピンクかかった色でした。茎や葉に 細毛がめだちました。葉の裏は、やや紅色がめだちました。 ありがとうございました。

  • #2

    HiroKenのKen (木曜日, 03 3月 2016 20:54)

    情報をありがとうございます。 都市部にもいるのですねえ! 群生しているとは、大変貴重な場所だと思います。 このページの花は、秩父市まで出向いてようやく見ることができたものですが、杉並区にいるのならずっと近いので、ぜひ見に行きたいです。

  • #3

    マケイヌノフグリ (水曜日, 09 3月 2016 13:26)

    23区内でイヌノフグリに似た小さな花を付け、茎や葉に細毛が目立っているとすれば、最近都内でも爆発的に増えているフラサバソウの可能性が大です。群生しているというのもフラサバソウの特徴です。

  • #4

    HiroKenのKen (水曜日, 09 3月 2016 20:46)

    マケイヌノフグリさん、貴重なコメントをありがとうございます。 イヌノフグリであってほしいですが、どうも外来種である可能性もありますね! でも発見された方は薄いピンク色がかっていた、とおっしゃっているので、やはり現物を観察してみないとわかりせんね。 他にも都立公園で咲いているという情報も得ており、できれば観察に行きたいところです。

  • #5

    ゆき (土曜日, 22 4月 2017 22:34)

    こんばんは、hiroさんKenさん、イヌノフグリの写真ありがとうございます‼とっても、小さくて、愛らしい姿ですね、サクラ色の淡いピンク色の花びらと手のひらの、ような、かわいい葉、オオイヌノフグリと対象的、ブルーの花びら。春のスミレやコケリンドウやふでりんどうも、いいものですね。

  • #6

    Ken (日曜日, 23 4月 2017 22:36)

    ゆきさん、こんばんは~
    イヌノフグリ、本当に小さいんですよ! すぐ足元にあっても、「ほら、ココ!」と指差してもらわないと気づかないくらい小さいんです。 でも多くの小さい花がそうであるように、近づいてじっくり見ると、とてもかわいい花なのです。
    スミレの同定は大の苦手なのですが、今年はなぜかスミレづいています。コケリンドウやフデリンドウのブルーも、何度見てもいいですよね〜!