コモロスミレ

 

小諸菫 スミレ科 スミレ属 ミヤマスミレ類

Viola mandshurica f. plena  [ 地上茎のないスミレ ]

 コモロスミレ  2013.05.02 長野県小諸市
 コモロスミレ  2013.05.02 長野県小諸市

 

 一目見て「なんですか、この花は〜? 変な顔!」と思って

しまいました(小諸市のみなさん、ゴメンナサイ!)。 とて

も奇妙に感じたのは、スミレの花は左右相称(そうしょう)

花、つまり左右対称なのに、八重咲きであったからです。

 

 キク科などの放射相称花(花の作りの相称面が3個以上ある

花)の花の八重咲き・多重咲きは、特段珍しくはありません。

たとえばキンポウゲ科のウマノアシガタやセツブンソウ、リ

ンドウ科のアケボノソウなどは、比較的簡単に多重咲きの花

を見つけることができます(本ページの下で紹介)。

 

 八重桜もそうですね。 園芸品種では、八重咲きは花は豪

華に見えるのでもてはやされ、多くの品種が作り出されてい

るようです。 しかしこれらはいずれも放射相称花であって、

左右相称花の八重咲きは、今回初めて見た気がします。

 

コモロスミレ  2013.05.02 長野県小諸市

 

 コモロスミレは、「スミレ」の一品種です。 今回は小諸市の

海応院という発見地のお寺で観察しました。 時期が悪かったの

か、個体数は少なかったです。 15株あったかどうかで、「これ

だけ?」と思いました。

 

 スミレの花弁は2個の上弁、2個の側弁、そして1個の唇弁から

成ってわかり易いのですが、コモロスミレの花はどれがどれやら?

よくわからないのです。 本当に不思議なスミレです。

 

コモロスミレ  2013.05.02 長野県小諸市

 

柱頭はカマキリの頭形。 側弁と思える

花弁の基部に毛が生えていました。

 

コモロスミレ  2013.05.02 長野県小諸市

 

柱頭の様子が少し変わっている個体もありました。

 

コモロスミレ  2013.05.02 長野県小諸市

 

 萼や距の様子。 距の大きさには個体差がありました。

上の個体は観察した中では距が大きい方です。 白色で、

中央縦に紫色の条が走っていました。

 

コモロスミレ  2013.05.02 長野県小諸市

 

距が小さい個体は... 見えないほど小さいです!

この写真ではまったく距が見えません。

 

 

葉はへら形で斜め上に伸びます。

基部は緩い心形で、葉柄には翼があります。

 

コモロスミレの葉 2013.05.02 長野県小諸市
 コモロスミレの葉
コモロスミレの葉の裏面 2013.05.02 長野県小諸市
 葉の裏面

 海応院にあった案内板
 海応院にあった案内板

 

 とても変わっている、コモロスミレ。 一度見たら忘れられません。 花の季節に小諸市近辺に行かれたら、ぜひ立ち寄ってご覧になるとよいと思います。

.

ご参考:放射相称花の多重咲きの例

多重咲きのウマノアシガタ
 多重咲きのウマノアシガタ
標準的なウマノアシガタ
 標準的なウマノアシガタ
多重咲きのセツブンソウ
 多重咲きのセツブンソウ
標準的なセツブンソウ
 標準的なセツブンソウ
多重咲きのアケボノソウ
 多重咲きのアケボノソウ
標準的なアケボノソウ
 標準的なアケボノソウ

 


2013.05.20 掲載

 

HOME     野山の花アルバム     和名一覧  花色検索トップ

 

他のスミレ  このページの先頭

 

 

他の掲載ページ 

コモロスミレ

 Dairy-Hiroダス

  2013年5月2日 渋滞なしの花さんぽ

 

ウマノアシガタ

 Dairy-Hiroダス

  2012年5月12日 箱根のお山再び

  2011年6月27日 アツモリソウ

  2011年4月20日 玉川上水の花

 

メモ: * は入力必須項目です