タデスミレ

 

蓼菫 スミレ科 スミレ属 タチツボスミレ類

Viola thibaudieri  絶滅危惧1B類 (長野県 1A類)

[ 地上茎のあるスミレ ]

タデスミレ  2014.06.01 長野県
 タデスミレ  2014.06.01 長野県

 

 山地の冷温帯の林床に非常に稀に生えるスミレです。 長野県の2

箇所でのみ自生が確認されていましたが、うち1箇所では絶滅したと

され、現在残された自生地はこの1箇所のみです。 とうとう出会う

とができました!

 

 葉の形状はスミレとは思えないものでした。 タデ科の植物に似て

いることが、名の由来です。 花期は5下旬〜6月上旬。

 

タデスミレ

 

 高さは25〜35cm。 茎を直立させます。 花期に根生葉は

ありません。 茎の下方の葉は退化し、鱗片状になっています。

茎の上方の葉は広倒披針形で、葉の基部から葉柄に向けて連続

的に狭まります。 全体的に毛は少ないですが、茎には微毛が

ありました(托葉の写真参照)。

 

 

葉は長さ7〜10cmで、低い鋸歯があります。

スミレとは思えない葉の形です。

 

タデスミレ

 

花がなかったら、スミレとは思わなかったと思います。

 

托葉は長さ1.5〜2cmで、櫛の歯状に切れ込む
 托葉は長さ1.5〜2cmで、櫛の歯状に切れ込む
托葉の様子はタチツボスミレに似ています
 托葉の様子はタチツボスミレに似ています

 

 托葉は線状披針形で櫛の歯状に裂け、タチツボスミレを

連想させます。 花のない時期でも、これを見ればスミレ

の仲間であるとわかるかも知れません。 茎には白っぽい

微毛が生えていました。

 

タデスミレの花


さて、お花です。 この花はスリムで、ちょっとシャープな印象です。


タデスミレ


 スラっと立ち上がり、実に気品のあるスミレです。 こちらの

花は上弁が立ち上がり、凛とした感じ。 上弁・側弁ともに幅が

狭いためにシャープな印象を受けます。 唇弁は他より短い。


タデスミレの花 正面
 タデスミレの花 正面


 唇弁には紫色の条が入ります。 側弁にもわずかに入っています。

側弁の基部には毛が生えています。 柱頭はこん棒状で無毛です。


タデスミレの花の左右の幅は約28mm (1メッシュ=約1mm)
 花の左右の幅は約28mm (1メッシュ=約1mm)


 上の写真は1メッシュ約1mmですが、精度が高くない

点はご勘弁を。 花の左右の幅は、およそ28mmでした。


タデスミレの花 側面
 タデスミレの花 側面

 

萼片は挟披針形で細長く、先端はとがります。 距は短く、5mmほど。

 

タデスミレの花の唇弁の先端から距の後端までは約17.5mm (1メッシュ=約1mm)
 唇弁の先端から距の後端までは約17.5mm (1メッシュ=約1mm)


 ちょっといい加減な実測値ですが、唇弁の

先端から距の後端までは、約17.5mmでした。


タデスミレの花 上面
 タデスミレの花 上面


真上から花を見ると、こんな感じです。


タデスミレ

 

 タデスミレには、独特な爽やかな香りがあるそうです。 しかし

撮影に没頭していて、うっかり香りを嗅ぐのを忘れました。 家に

帰ってからそのことに気づき、床の上を転げまわって悔しがりまし

た(ちと、大袈裟)。

 

 

 今回、もう少し良いアングルで撮影できる可能性もありました。 しかしそれはどんなに注意しても、自生地を踏み荒らす結果になると思われました。 そんなときには、どうするか? きっぱり、諦めます。

 

 やっとの思いで情報を得て、高速代やガソリン代を費やし、何時間もかけてたどり着いた自生地。 少しでもよい写真を撮りたいのは、誰しも同じ。 しかしここで「何を最優先にすべきか?」を考えないといけませんね。 やはり「よい写真」より優先すべきは、自生地の保護であると思います。 どんなに注意しても、近くで撮影すること自体、植物に何らかの悪影響を与えていることを肝に命じることにしています。 特に本種のように超希少な植物に対しては、特別な配慮が必要であると感じました。

 


 自生地の情報を提供下さいました、北信州のHさんに感謝いたします。

 

2014.11.03 掲載

 

 

コメントをお書きください

コメント: 5
  • #1

    Mr. Jo (火曜日, 12 1月 2016 15:27)

    Hi, I am Korean, who are interesting in violet like you.
    Very long time I have searched TADI violet in Korea, but still
    I haven't found it. So I envy you saw the violet.
    If I have a chance I want to go Japan and see TADI violet.

    Have a good day.

  • #2

    Ken (火曜日, 12 1月 2016 21:58)

    Hi, Mr. Jo. Welcome to my site!
    Same as Korea, TADI violet is a very rare violet in Japan.
    There were only two native-grown places in Japan, but at one of those, it became extinct. Therefore, it was very lucky that I was able to see it.
    I heard this violet also grows in midland of the Korean Peninsula and maybe it's the place you are looking for.
    "TADE" violet is more similar to Japanese pronunciation.

  • #3

    Jo, Myongwhan (水曜日, 13 1月 2016 14:13)

    Hi, Ken thank you for your comment. It's amazing!
    I was deeply impressed your mind such as '「何を最優先にすべきか?」を考えないといけませんね。 やはり「よい写真」より優先すべきは、自生地の保護であると思います'. I also think every one must have the same attitude to the wild plants.
    Here, in midland of Korea we can find 'viola websteri Hemsl' which has very similar appearance with TADE.
    Anyway, thank you for your comments and your rare pictures.

  • #4

    Ken (木曜日, 14 1月 2016 06:14)

    Thanks for reading my descriptions in detail.
    I feel happy to hear that you agree with my mind.
    Your warm comments encouraged me. 고마워요.

  • #5

    Jo.Myongwhan (金曜日, 13 1月 2017 13:47)

    Hi, Ken. Longtime no see.
    Are you still looking for wild flowers?
    I will go to Japan Nagano 北八ka山 by the end of May this year.
    If you have a similar plan, I would like to meet you in Tokyo or at Nagano.
    I look forward to hearing from your website about Violets.