カイコバイモ

 

甲斐小貝母 ユリ科 バイモ属

Fritillaria kaiensis 絶滅危惧lB類(Endangered) 

 カイコバイモ (甲斐小貝母) ユリ科 バイモ属 2012.04.01
カイコバイモ (甲斐小貝母) ユリ科 バイモ属 2012.04.01

 

 コシノコバイモとミノコバイモは見ることができていたので、次はぜひカイコバイモも見たいと思っていました。 2010年4月17日に初めてこの自生地を訪れたときはまったく遅すぎて、葉すら見つけることができませんでした。 翌2011年は3月中旬に探索に行こうと決めていましたが、大震災の影響で行くことができませんでした。


 そして今年、2012年。 3月10日の訪問では、早過ぎて気配もありません(今年の冬は寒い日が多く、花は全体的に遅れ気味?)。 20日文化の日に再チャレンジするも、またしても葉も見つけられず(きっと探し方が悪かった)。 ボランティアで一帯の管理をされているおじいちゃんから「最低でも1ヶ月後だろうね」とお聞きしました。 いくらなんでも1ヶ月後はないでしょ?と思いましたが(そんな先ではカタクリさえ終わってる)。 でもいったい、いつなのか? 読めなくなってしまった〜。

 

 カイコバイモ  2012.04.01
 2012.04.01

 

 週末行くべきか迷っていたところ「25日現在最低3個は咲いてますヨ!」と大変貴重な情報を寄せて下さった方がいました。 ありがたいですね〜 こんな時は本当にホームページを作っていてよかったと感じます。

 31日は荒天のため我慢して見送り、翌4月1日は5時に起床し、一目散に現地に向かいました。 そして4度目の挑戦で感動の初対面を果たしたのです。

 

 カイコバイモ  2012.04.01
 2012.04.01

 

 カイちゃんを初めて見たときの第一印象は、「花が丸っこい!」でした。 コシノコバイモやミノコバイモは、花被片の上部に角張った部分があるのが特徴で、細めの釣鐘形す。 しかしカイコバイモは角張った部分はほとんど目立たず、丸みを帯びていて、やや広めの釣鐘型でした。 このためか先の2種よりも優しい印象を受けました。

 

 カイコバイモ  2012.04.01
 2012.04.01

 

 葉は上部の3枚は輪生し、下部の2枚は対生します。 対生する2枚の方が輪生する3枚より幅が広く、長さも長いです。 茎は直立し、高さは10〜12cmほどでしょうか。 茎の色は暗紫色でした。

 

カイコバイモ 2012.04.01
 2012.04.01

 

 花被片の長さは1.2〜1.5cmほど。 花被には淡紫褐色で網目状の斑紋があります。 内花被片の縁は、コシノコバイモのような小突起はありません。 下側の対生した2枚の葉と上側の輪生した3枚の葉の間の長さは5mmもなさそうで、遠目には同じ場所から5枚の葉が出ているようにも見えてしまいます。 コシノコバイモやカイコバイモが上下の葉の間の長さが1cm以上ありそうなのと比較すると短いです。 これは識別のポイントになるかも知れません。 しかし多数の個体を比較した訳ではないので、断定はできません。

 

 参考まで下にコシノコバイモとミノコバイモを載せます。 それぞれの専用ページへのリンクも付けました。


 コシノコバイモ  2008.04.06 新潟県
 コシノコバイモ  2008.04.06 新潟県
 ミノコバイモ  2010.04.04 岐阜県
 ミノコバイモ  2010.04.04 岐阜県

 カイコバイモ 2012.04.01
 カイコバイモ 2012.04.01

 

 ロープで立ち入り制限されています。 このような処置は必要と思いまが、一番群生している場所は4〜5m離れ望遠レンズがないと撮影は厳しいです。 一番近くても1.5m離れ、しかも横を向いてしまっている(一番上の写真です)。 しかしどうしても花の中が見たかったので、二人で隅から隅まで地を這うように探し回り、とうとう眼の前で見ることができる株を発見しました! 神は花好き夫婦を見捨てなかった。

 

 花被はコシノやミノよりも大きく開いています。 ミノは花被の斑紋が明らかに外側より内側が濃いのですが、カイちゃんは? と興味津々で見ましたら、外側とあまり変わらない濃さに見えました。


 カイコバイモ 2012.04.01
 カイコバイモ 2012.04.01

 

 カイちゃんの花の中です。 花糸はわずかに緑色がかった白色で、滑らかに見えます。 葯は白色。 花粉はわずかにクリーム色がかった白色。 この写真ではよく見えませんが、柱頭は3裂します。

 

 花被の内側にある帯状の黄緑色の部分が、蜜腺体かな? 上の写真の一番下側の内花被の蜜腺体に、3つほど突起状のものが見えます。 図鑑によると蜜腺は花被の基部に近いとあるので、黄緑の帯の基部付近の色が暗い部分が蜜腺ではないかと思います。

 

 ところで、6個ある雄しべのうち4個は完全に花粉を出しているのに、2個は柱頭をガードするかのように寄り添い、葯のままです。 どうしてなのかな〜? 2個の雄しべも、この後花粉を出すのでしょうか?


カイコバイモ 2012.04.01
 2012.04.01

 

 一番小さいカメラを花の下に差し込み、構図もピントもカメラ任せで撮影した1枚です。 被写体には触れないようにしているので、下向きの花の中を撮影するにはこうするのが有効です。

 花被にピントが合っていますが、柱頭が3裂していることはわかります。 逆光で見るカイちゃんもなかなか良いものです。

 

 カイコバイモ  2012.04.01
 カイコバイモ  2012.04.01

 

 一番密度が高かった場所です。 900mm相当のレンズで撮影。 畳半畳分ほどの面積に20株以上咲いていました。 もう少し引いた写真で、花を数えるために矢印をつけた写真を作りました。 こちらのページにあるので、ぜひ覗いて下さい。

 

 この密集箇所に23株。 すぐ下の斜面に4株。 遊歩道を挟み反対側の斜面に4株。 さらに下に下り湿地付近に5株。 すべて撮影しました。 合計36株は、確実に花がありました。 来年はもっと増えていてくれることを切に願います。

 

 コバイモの仲間には、すでに見ることができたコシノコバイモとミノコバイモの他に、ホソバナコバイモ、トサコバイモ、アワコバイモなどがいます。 いつか必ず見てみたいものです。

 

 

カイコバイモ

 

東京都、山梨県、静岡県の落葉樹林下に生える多年草。 自生地は極めて限定されます。 他の特徴は本文をご参照下さい。

 

 

2012.04.04 掲載

 

 HOME     野山の花アルバム     和名一覧  花色検索トップ

 

ユリ科  絶滅危惧種

 

 

カイコバイモが掲載されたページ

 Dairy-Hiroダス

  2017年3月30日 きたぞーポカポカ陽気

  2012年4月1日 やっと逢えたね

 

コシノコバイモ
 コシノコバイモ
ミノコバイモ
 ミノコバイモ

メモ: * は入力必須項目です