チャボホトトギス

 

矮鶏杜鵑草 ユリ科 ホトトギス属

Tricyrtis nana

#1 チャボホトトギス (矮鶏杜鵑草) ユリ科 ホトトギス属  2011.08.27 静岡県
#1 チャボホトトギス (矮鶏杜鵑草) ユリ科 ホトトギス属  2011.08.27 静岡県

 

 以前より見たかったチャボホトトギスに、ようやく出逢うことができました! 快く情報を提供下さった、静岡県のMさんに多謝!

 

#2 2011.08.27 静岡県
#2 2011.08.27 静岡県

 

流れ星さんがおっしゃるように、まるで地面に落ちた星のよう。

 

#3 2011.08.27 静岡県
#3 2011.08.27 静岡県

 

 花被片は内花被片3と外花被片3の6枚。 先端がキュッとつぼまって尖っているのが外花被片です。 花被片内側に紫褐色の斑点がまばらにあり、これが鳥のホトトギス(杜鵑)にある胸の斑紋に似ている事から「ホトトギス」となったそうです。 「チャボ」は、本種がキバナホトトギスの矮性種である事から、鶏の矮性種チャボ(矮鶏)に例えたとされています。

 

 雄しべは6個あり、花糸先端に葯を付けます。 花柱は3裂し、先端部は2裂します。 雌しべ柱頭は腺毛状突起が密生します。 花被片基部内側には、黄橙色の蜜標である環状の斑紋が見えます。

 

#4 2011.08.27 静岡県
#4 2011.08.27 静岡県

 

外花被の基部には袋状になった3つの距があります。花は一日花です。

 

#5 チャボホトトギス
#5 2011.08.27 静岡県

 

花柄は短く、15mm程度。花と葉に隠れて

なかなか見えません。開出毛が生えています。

 

#6 2011.08.27 静岡県
#6 2011.08.27 静岡県

 

 先の尖ったスラっとした果実と、

これから開花する蕾が同居。花は?

 

 

チャボホトトギス

 

本州(東海、近畿地方)、四国、九州にかけて分布する日本固有の多年草。

花期は8〜9月。

 

2011.08.28 掲載

2011.09.01 写真と文追加

 

コメントをお書きください

コメント: 5
  • #1

    yopi (月曜日, 29 8月 2011 19:43)

    こんばんは!iPadからです。
    きれいに咲いてますね?2枚目はもう終わり頃ですか?
    少し遅かったでしょうか?もう少し高度をあげた方がよかったかもしれませんね。
    いろいろ至らずすみませんでした。
    今年はわたしは見にいけそうにないので、この写真で満足しました。

  • #2

    hanasanpo (火曜日, 30 8月 2011 07:20)

    yopiさん
    いろいろお世話になり、本当にありがとうございました。
    現地付近は前日に大雨が降ったようで、葉の上に土が乗るなど
    若干その影響が残っていましたが、花たちは元気でした。
    ツボミもたくさんあったので、見頃であったと思います。

    iPadが活躍し始めましたね。ブログを楽しみにしています!

  • #3

    流れ星 (火曜日, 30 8月 2011 08:36)

    群れてよく開花していますね
    落ちた星のようです

    高知ではそれほど珍しくないのですがそちらでは少ないのですね。
    もうそろそろ開花するはずです。
    黄色い小さい花が咲くのが待たれます。

    車で30分も行けば見られるというのはありがたいです。

  • #4

    hanasanpo (火曜日, 30 8月 2011 12:54)

    ホント、黒っぽい地面に落ちた、お星様のようでした~

    本州では東海地方以西に分布するようで、こちら(関東)では
    なかなか見ることがでず、今回やっと念願が叶いました。

    この花を車で30分で見ることができるとは、羨ましい!
    私たちなんぞ、泊りがけで行きましたから(^^)。
    (行ってみて、日帰りできなくもなかったねと思いました)

  • #5

    HiroKen (日曜日, 28 8月 2016 16:03)

    kyura様
    いつも当HPをご覧いただきありがとうございます。
    親切心を踏みにじるようで大変心苦しいのですが、誰でも見ることができるこのページでは、自生地の情報は載せないことにしていますので、削除させていただきました。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。