ヒメアマナの奥の間

 

ヒメアマナの画像と情報を追加していくページ

最終更新日:2014年4月6日

メインページ  

ヒメアマナの自生地  2014.04.02 茨城県
 ヒメアマナの自生地  2014.04.02 茨城県

 

2年前に初めて見ることができたヒメアマナ。

今年(2014年)も元気な姿を見ることができました。

 

ヒメアマナ 2014.04.02 茨城県
 2014.04.02 茨城県
ヒメアマナ 2014.04.02 茨城県
 2014.04.02 茨城県
ヒメアマナ 2014.04.02 茨城県
 2014.04.02 茨城県
ヒメアマナ 2014.04.02 茨城県
 2014.04.02 茨城県
ヒメアマナ 2014.04.02 茨城県
 2014.04.02 茨城県
ヒメアマナ 2014.04.02 茨城県
 2014.04.02 茨城県
 ヒメアマナ自生地を北西側より望む 2014.04.02 茨城県
 ヒメアマナ自生地を北西側より望む 2014.04.02 茨城県

 

 これが自生地の全体です。 広いとは言えません。 ヒメアマナはここに写っている全体にいますが、密度が高いのは円内のわずかな部分だけで、他の領域は非常に疎らです。 たくさん見える黄色っぽい植物は、ノウルシです。 ヒメアマナの個体数は、決して多くありません。

 

 ヒメアマナ自生地 北側より望む ノウルシの進出が進んでいる
 ヒメアマナ自生地 北側より望む ノウルシの進出が進んでいる

 

 自生地に増えつつあるように見えるノウルシです。 ノウルシ自体も全国的に数を減らしている植物ですが... ここではやや増えているように見えました。 ヒメアマナにとっては、強力なライバルでしょう。

 

 生息数が激減しているヒメアマナ。 人間の活動による自生地の減少や環境の遷移の他に、他の植物との生存競争もあります。 可憐な花を咲かせるヒメアマナも、日々その戦いのさなかにいるのでしょう。 ノウルシの大群の中に咲く姿が、少しかわいそうに思えました。

 

ノウルシの大群の中 頑張って咲くヒメアマナ
 ノウルシの大群の中 頑張って咲くヒメアマナ

 

2014.04.06 掲載

メモ: * は入力必須項目です