ミノコバイモ

 

美濃小貝母 ユリ科 バイモ属

Fritillaria japonica 絶滅危惧Ⅱ類(VU) 

ミノコバイモ (美濃小貝母) ユリ科 バイモ属  2010.04.04 岐阜県
ミノコバイモ (美濃小貝母) ユリ科 バイモ属  2010.04.04 岐阜県

 

和名は美濃(岐阜県)産のコバイモの意味。晴れた春の朝。 滅多に見ることができない花を、名の由来である美濃で感激の初対面です。 もちろん花の大先輩のOさんのご案内のお陰です。 畑と杉林の境界になる北側斜面に咲いていました。 ここの株の茎の高さは10〜20cmほどでした。

 

ミノコバイモ  2010.04.04 岐阜県
ミノコバイモ  2010.04.04 岐阜県

 

横向きの姿です。ご覧のように土に石がゴロゴロ

混じっているような場所にいました。

 

ミノコバイモ  2010.04.04 岐阜県
ミノコバイモ  2010.04.04 岐阜県

 

花は斜め下向きにつき、鐘形で紫褐色の斑点のような模様があります。 なかなか渋い花です。 外花被片と内花被片がそれぞれ3枚づつあり、先端はとがっています。 花被片の基部に注目すると、この写真では中央が内花被片で両側の2枚が外花被片です。 反対側の2枚の内花被片の 内側も見えます。

コシノコバイモ(越の小貝母)は内花被片の縁に小さな突起がたくさんありますが、ミノコバイモにはそれがありません。 この2種の一番わかりやすい識別ポイントです。

 

ミノコバイモ  2010.04.04 岐阜県
ミノコバイモ  2010.04.04 岐阜県

 

ここまで近づくと斑点というより編み目模様に見えます。 花被にはこのような突起があります。 まだ見たことはありませんが、カイコバイモ(甲斐小貝母)にはこのような明瞭な突起はないそうです。 コシノコバイモにも突起がありました。 ところで、これを見て折りたたみ傘を連想しませんか? 見る度に言うのですが、未だに賛同者は現れません。

 

ミノコバイモ  2010.04.04 岐阜県
ミノコバイモ  2010.04.04 岐阜県

 

葉は茎の上部に3枚が輪生し、少し下に2枚が対生します。

長さ3~7cm、幅2~8mmの線形です。 下の2枚の方が

上の3枚より大きいです。

 

ミノコバイモ  2010.04.04 岐阜県
ミノコバイモ  2010.04.04 岐阜県

下から覗いてみました。 葯は白色です。

 

ミノコバイモの自生地は、こんな雰囲気でした。
ミノコバイモの自生地は、こんな雰囲気でした。

 

 

ミノコバイモ

 

本州(愛知・岐阜・三重県)に分布。 落葉樹林下や土手などに生える多年草。花期は3〜4月の雪解け後。

 

2010.12.20 掲載

カイコバイモ
 カイコバイモ
コシノコバイモ
 コシノコバイモ

メモ: * は入力必須項目です