キタヤマオウレン

 

北山黄蓮 キンポウゲ科 オウレン属

Coptis kitayamensis Okuyama ex Kadota

キタヤマオウレン   2010.04.03 岐阜県
キタヤマオウレン   2010.04.03 岐阜県

 

 本州の日本海側(岐阜県・福井県・滋賀県・京都府)の山地の林内に生える、常緑の多年草です。  高さは5〜10cmで、果実期には15cmになります。  バイカオウレンに似ていますが、別種です。

 

 2011年に新種として発表されました(*1)。 このため古い図鑑には載っていません。  2014年に改訂された山渓ハンディ図鑑「高山に咲く花」は、p.101に記載されています(*2)。 本ページを執筆している2017年4月現在、インターネット上で個人のホームページなどによる情報発信(*3)は、まだ少ない状況です。

 

 

 私たちは根を掘り返して観察することはしないので、直接見ることができた訳ではありませんが、地下匍匐枝を持つことが、大きな特徴の一つです。 同じく匍匐枝を持つバイカオウレン Coptis quinquefolia と近縁と考えられますが、主に以下の点で区別されます(*1 より引用)

 

 1. 花弁の舷部は柄杓状(平坦な皿状ではない)。

 2. 葉はバイカオウレンより大型で,葉身は普通3全裂する。

 3. 頂小葉は倒卵形で、基部はくさび形となって小葉柄が不明瞭であり、

   側小葉は上半部で3裂するか、あるいは中部で2浅裂〜深裂する。

 4. 花は直径(16–)18〜24mm で、バイカオウレン(12〜18mm)より大きい。

 5. 萼片は倒卵状楕円形で、長さ(8–)9〜12mm、幅(2–)4.5〜5.5mmで、

   より細長く、爪(柄)が明瞭に認められる。

 6. 花茎はより太く、かつ暗赤紫色である。

 

Coptis kitayamensis (Ranunculaceae), a New Species from Honshu, Central Japan

本州産オウレン属(キンポウゲ科)の1新種,キタヤマオウレン

 

著者:KADOTA Yuichi (National Museum of Nature and Sci., Tsukuba, JPN)

資料名:植物研究雑誌 86巻 5号 p.265-272

発行年:2011年10月20日

 

 

門田裕一:本州産オウレン属(キンポウゲ科)の1 新種,キタヤマオウレン

 

 キンポウゲ科オウレン属の新種,キタヤマオウレン Coptis kitayamensis Kadota を記載した.キタヤマオウレンは,奥山春季により原色日本野外植物図譜6 補遺I(誠文堂新光社,1972)にバイカオウレンの変種C. quinquefolia Miq. var. kitayamensis Okuyama として発表されたものである.この学名は裸名であったため,ここでラテン語の記載を与え,タイプを指定した.

 

 奥山も指摘しているように,キタヤマオウレンはストロンをもつことで明らかにバイカオウレンに近縁であるが、

 

 ①花弁の舷部は柄杓状になり(平坦な皿状ではない)、

 ②葉はより大型で,葉身は普通三全裂し、

 ③頂小葉は倒卵形で基部はくさび形となって小葉柄が不明瞭であり,側小葉は上半

  部で三裂するかあるいは中部で二浅裂〜深裂し、

 ④花は直径(16–)18–24 mm でより大きく、

 ⑤萼片は倒卵状楕円形で,長さ(8–)9–12 mm,幅(2–)4.5–5.5 mm でより細長く

  爪(柄)が明瞭に認められ、

 ⑥花茎はより太くかつ暗赤紫色であること

 

などで区別される。

 

 分布域の西部(福井県西部,滋賀県北部,京都府東部)には葉身が掌状に五全裂して一見バイカオウレンに似た個体が出現する。 しかし,本種は頂小葉と側小葉は共に倒卵状菱形で,先端は鈍く,基部は楔形で柄が不明瞭であることでバイカオウレンと区別することができる。

 

 ミツバノバイカオウレンC. trifoliolata Makino は,ストロンを出さないことの他,葯は赤紫色で,葉の鋸歯は少数で粗いこと,そして生育環境が異なること(亜高山帯から高山帯の水湿の草原に生える)でキタヤマオウレンから明瞭に区別できる。

 

 キタヤマオウレンとその類似種との区別点は次のとおりである。

 

A. 袋果の側面には脈がない;亜寒帯〜寒帯の常緑針葉

 樹林林下や湿原などに生える(ミツバオウレン節;周北極要素)

                     ···················· ミツバオウレン C. trifolia

 

A. 袋果の側面に1 脈がある;暖温帯〜亜寒帯の林下や湿草原に生える(バイカオウレ

 ン節;準日本固有要素)

 

 B. 葯は白色あるいは稀に淡い赤紫色を帯びる;地中を横走するストロンがある;

  花茎は緑色あるいは紫褐色;葉の鋸歯は多数でやや細かく小葉の全体に分布す 

  る;暖温帯から亜寒帯の林下に生える

 

  C. 葉は五全裂し,小葉は倒卵形で,小葉柄が明瞭;花弁の舷部は皿状;花茎は細

   く,普通緑色        ………………… バイカオウレンC. quinquefolia

 

  C. 葉は三全裂し,小葉は倒卵状菱形,基部はくさび形で小葉柄は不明瞭,側小葉

   は普通粗い鋸歯があるか二浅裂〜中裂する,時に二深裂し掌状五全裂となる;

   花弁の舷部は柄杓状;花茎は太く,暗紫褐色

                    … … キタヤマオウレンC. kitayamensis

 

 B. 葯は赤紫色;ストロンを出さない;花茎は太く,暗紫褐色;葉の鋸歯は少数で粗

  く,小葉の上半部に分布する;亜高山帯から高山帯の水湿地に生える

                … ………ミツバノバイカオウレン C. trifoliolata

 

(国立科学博物館植物研究部)

 

 

 

 

< 参考・引用させていただいた文献・書籍とwebサイト > 

(*1) 本州産オウレン属(キンポウゲ科)の1新種、キタヤマオウレン

    Coptis kitayamensis (Ranunculaceae), a new species from Honshu, Central

            Japan 

    著者:国立科学博物館植物研究部 門田 裕一

    植物研究雑誌 The Journal of Japanese Botany 第86巻 第5号 p.265-272

    2011年11月20日 発行

(*2) 山渓ハンディ図鑑8 増補・改訂・新板 高山に咲く花

     山と渓谷社 2014年4月15日 初版第1刷発行

(*3) 一日一花 季節の野草

    キタヤマオウレン (北山黄蓮) キンポウゲ科 オウレン属

    http://okuchan-yasou.sakura.ne.jp/kobetu/ka/ki/kitayamaouren.htm

    キタヤマオウレン (北山黄蓮) キンポウゲ科 オウレン属

    http://okuchan-yasou.sakura.ne.jp/harunoyasou63.htm

 

< 注釈 >

(註1)当サイトでは、用語「匍匐茎(ストロン)」と「走出枝(ランナー)」を、

    特に区別せずに使用しています。

 

 

 キタヤマオウレンは、2010年4月に、花友さんに岐阜県の山に咲く花を案内していただいた際に、初めて見ることができました。 その時はミツバオウレンとして紹介されました。 しかし、私たちが他の場所で見たミツバオウレンとは、少し違って見えたので、やや違和感を覚えていました。

 

 ミツバオウレンは萼裂片の幅が狭く、このため裂片と裂片の間に広い隙間があります。 それに対してこの花は、萼裂片の幅が広く、丸みを帯びその結果、裂片と裂片の間の隙間が非常に狭いことが相違点に思えました。 このことは、下で写真で比較しています。 花の大きさも、ミツバオウレンより大きい印象でした。

 

 また葉は3全裂しますが、5全裂したものが少なからずあることも、首をかしげさせる原因でした。 ミツバオウレンの葉は5全裂しません。 当時はキタヤマオウレンの存在すら知らなかったので、「もしかしたらバイカオウレン?」などと思っていました(バイカオウレンもその時点では未見の花だったので、確信は持てませんでした)。

 

 その後、花友さんは更に詳しく調査され、研究者によりキタヤマオウレンであることが確認・発表されたのです。 花友さんは、岐阜県におけるキタヤマオウレンの発見者となりました。

 

chartaceous 紙質の

C. quinquefolia → Coptis quinquefolia バイカオウレン

stoloniferous 匍匐茎(ほふくけい)を伸ばす

Coptis minamitaniana sp. nov. ヒュウガオウレン

 sp. nov. は、新種の記載であることを示す。