オウギカズラ

 

扇葛 シソ科 キランソウ属

Ajuga japonica

 オウギカズラ  2010.05.16  東京都 高尾山
 オウギカズラ  2010.05.16  東京都 高尾山

 

 2010年5月16日。 高尾山を一人で散策していると、薄暗い林道脇で見慣れぬシソ科の植物を見つけました。 高さは15cmほど。 花はいかにもシソ科キランソウ属、という顔立ちでした。 なかなかよい姿で、一目で気に入りました。

 

 帰宅後調べて、オウギカズラであることがわかりました。 お初の花だったので、出会えたことに感謝です。 翌17日にもHiroを伴って観察に行きました。

 

オウギカズラ 2010.05.17
 2010.05.17

 

 図鑑には、このように書かれています。

 ・花をつける茎は、高さ8〜20cm。

 ということは、花をつけない茎もあるということですね。

 また、このようにも書かれています。

 ・基部の節から長く地表をはう走出枝を出す。

 ・走出枝につく葉は、やや小型である。

    (走出枝にも葉がつくのか〜 花をつけない茎が、走出枝??)


「走出枝は、これです」と明確に示せる写真を撮影できていません。 しかし、図鑑の解説から推測すると、上の写真では黄色い線で囲った部分が、走出枝ではないかと思います。 もし違っていたら、ご指摘いただけるとありがたいです。

 

オウギカズラ 2010.05.16
 2010.05.16

 

 葉の形状に特徴がありますが、表現が難しいので再び図鑑の解説を引用させていただきます。

 ・葉は対生し、2〜5cmの葉柄があり、五角状心形で不ぞろいの浅い切れ込み

  がある。 長さ2〜5cm、幅1.5〜3.5cm。

 ふ〜ん、こんな形を「五角状心形」というのですね。 葉の切れ込みは確かに不ぞろいで、葉によってマチマチでした。 扇葛の名の由来は、「葛」は走出枝を出すからなのでしょう、これは納得。 でも「扇」は葉の形が扇のようだからとか。 これは納得できませんね...。 この葉を見て、扇を連想する人がいるとは思えないな〜。 でもステキな名前ではありますよね。

     ↑この意見についてはページ下のコメント覧のやり取りもご覧下さい。


 

ちょっとわかりにくいですが、葉の表面には白っぽい

短毛がまばらに生えています。

写真にポインターを重ねると拡大します。

(スマホはタップ)

 

オウギカズラ 2010.05.16
 2010.05.16

 

花は茎上部の葉腋につきます。

 

オウギカズラ 2010.05.17
 2010.05.17

 

 花は淡紫色。 上唇は2裂し長さ約4mm、円形に近く、縁に

こまかな切れ込みがあります。 淡紫色の筋がなく、白色に

見えます。

 

 下唇は3裂して開出し、中裂片は側裂片よりかなり大きく、

先端がさらに浅く2裂します。 しかしよ〜く観察すると、2裂

裂した先端中央部に小さな突起状の出っ張りが見えます。この

ため厳密には先端部は2裂ではなく3裂しているというべきで

は?と思いました(下の写真)。

 

 下唇は全体的に淡紫色、そこにやや濃い淡紫色の筋が入りま

す。 花の色は地域差があるようです。 本ページの花は、色

が薄い方であろうと思います。

 

オウギカズラ 2010.05.17
 2010.05.17
オウギカズラ 2010.05.17
 2010.05.17

 

 花を上方から見た写真です。 花冠は長さ2.5cmほどで、細長い筒部があります。 上の写真ではわかりにくいですが、萼は5裂し、先端はとがります。 萼や花冠の外側には、白っぽい毛が生えています。

 

 

 上唇と雄しべの間に、先が2裂した黄緑色の柱頭が、ちょこんと

顔を出しています。 雄しべは4個。 モシャモシャと生えた白毛

は、花糸から生えています。

写真にマウスでポインターを重ねて下さい)

 

 ちょっと脱線しますが、花糸から毛が生えているということで、

同じシソ科のミズトラノオを思い出しました。 その毛がとても

美しいのです。 よろしかったら、この後ご覧になって下さい。

>>こちら。

 

オウギカズラ 2013.05.01
 2013.05.01

 

 2013年5月1日の自生地の様子です。 時期が早く、まだ

花はありません。 このページを掲載したのはその10日後。

オウギカズラの花期は4〜5月なので、そろそろ咲き出して

いるかも知れませんね。

 

2013.05.11 掲載

 

 

コメント: 2 (ディスカッションは終了しました。)
  • #1

    かのん (月曜日, 13 5月 2013 21:49)

    kenさんこんばんは^^
    >この葉を見て、扇を連想する人がいるとは思えないな〜

    私連想しちゃいました^^
    多分一枚の葉じゃなくて、葉が左右対照につく様子が扇を広げたように見えたのかも^^

  • #2

    hanasanpo (月曜日, 13 5月 2013 22:51)

    にゃるほど~〜!
    1枚の葉だけ見ていても扇には見えませんが、全体の姿を見たら、確かに扇っぽく見える!
    上から3番めの写真を見直し、納得です。
    「木を見て森を見ず」でした。さすがかのんさん!ありがとう〜〜!

 

HOME  野山の花アルバム   和名一覧  花色検索トップ

 

シソ科のページへ  このページの先頭 ▲▲

 

 

オウギカズラの掲載ページ

 Dairy-Hiroダス

  2017年5月9日 皐月に咲いていた

  2017年4月10日 ニリンソウの小径(葉のみ)

  2016年5月4・5日 GWは近くでのんびり

  2015年9月27日 高尾で秋の花(葉のみ)

 

 

他のシソ科 キランソウ属の植物

メモ: * は入力必須項目です