HOME < Dairy-Hiroダス < Dairy-Hiroダス2013           ◀ 前へ 下へ▼ 次へ ▶ 

 

 10月27日(日)    南信州河原さんぽ

 

週末になると台風接近ばかりで、

うまく花さんぽできていませんね~

日曜日は晴れるというので、

まだ見ぬ花探しに南信州に繰り出しました。

 

やっとおひさまがサンサンなので気分いいです。

出発が遅かったせいなのか・・

中央道が空き空き~

2時間ちょっとで伊那SAに着いちゃったー

ここでお昼タイムにしちゃえと、

名物のソースカツ丼を~

お店のオリジナルソースでした。

甘すぎないソースは結構好みでしたよ。

お肉は分厚くてボリュームある~

とても食べ切れませんでしたわ。

 

 伊那名物ソースカツ丼
 伊那名物ソースカツ丼

 

伊那産のラ・フランスが売っていたので買いこんじゃいました。

柔らかくなったら食べよー

 

伊那産のラ・フランス
 伊那産のラ・フランス

 

しばし走ってから、目的の河原に到着。

南アルプスと中央アルプスに挟まれた町なのね。

果樹園が沢山あって賑やか。

赤いりんごがたわわに実ってるうー

景色もいいし、空気が清清しいわー

 

ツツザキヤマジノギク自生地の風景

 

とことこ土手を歩いていくと・・

おや、もう咲いているね、

ツツザキヤマジノギクがあ~

 
ツツザキヤマジノギク (筒咲山路野菊) キク科 長野県 2013.10.27
 ツツザキヤマジノギク (筒咲山路野菊) キク科 長野県 2013.10.27

 

ぱっと見た感じはカワラノギクの様子に似ているけれど。

舌状花が筒状になっていたり、

細かく不規則に切れ込んでいるものがある。

 

ツツザキヤマジノギク  舌状花が筒状になる
 ツツザキヤマジノギク  舌状花が筒状になる
ツツザキヤマジノギク 本当に変わった舌状花です
 ツツザキヤマジノギク  本当に変わった舌状花です

 

なーんか秋空に似合う花ですね。

この地域にしか咲かない貴重な花だ。

別名がイナノギク イナカカワラノギクとあるようです。

イナノギクがふさわしいかもね。

 

ツツザキヤマジノギク  舌状花が不規則に切れ込む場合も
 ツツザキヤマジノギク  舌状花が不規則に切れ込む場合も
ツツザキヤマジノギク  総苞片は線形
 ツツザキヤマジノギク  総苞片は線形

.

土手のコンクリートの堤防にツメレンゲ

大きく成長していた。見事な株です。

 

ツメレンゲ (爪蓮華) ベンケイソウ科
 ツメレンゲ (爪蓮華) ベンケイソウ科
ツメレンゲ
 ツメレンゲ

 

信州はツメレンゲ結構多いのねー

花は可愛らしいので、うきうきしちゃいます。

 

ツメレンゲ
 ツメレンゲ

 

河原に下りてみると、沢山ツツザキヤマジノギクが

群れて咲いていました。

 

ツツザキヤマジノギク
 ツツザキヤマジノギク


もう少し早い時期が良かったかもしれない。

ベストなモデルさんを見つけて撮影に集中です。

 
ツツザキヤマジノギク  若い個体には根生葉が残っていた
 ツツザキヤマジノギク  若い個体には根生葉が残っていた
ツツザキヤマジノギク  この個体はすべてがきれいな筒咲きだった
 ツツザキヤマジノギク  この個体はすべてがきれいな筒咲きだった
ツツザキヤマジノギク  茎や葉には毛が多かった
 ツツザキヤマジノギク  茎や葉には毛が多かった

 

数人の団体さんがやってきた。

どうやら毎年行われている保護活動の一環

ゴミや外来種など取り除きながらの観察会の皆さんでした。

礫地に咲くツツザキヤマジノギク、

環境悪化により保護活動が必要になっているのね。

多摩川沿いのカワラノギクと同じだ。

どこの地域に行っても同じだけど、

自生する花たちが生育し続けられる環境は、

人の手が加わることによって守られることもある。

 

こういった問題は年齢層の高い人たちの感心が強い。

日本に自生する美しい花たちを後世に残さねばと常々思う。

未来を担う子供たちに、

その素晴らしさを伝えていかねば意味がないんじゃないかなあ。

人工物で出来た夢の国もいいんだけど・・

幼い子供にハイヒールなんか履かせてる場合じゃないし。

身近な自然の中に人工物でない美しい野山の花が可憐に

咲いていること、小さな気づきでもいいから触れてみる

機会を持って欲しいな。

 

いつになるかわからないけれど・・

もし孫が出来たら、くっついて遊べる期間に私は

伝えていきたいです。

この地にツツザキヤマジノギクがいつまでも

咲き続けますように・・

保護活動されている地元の方々ありがとうございました。

 

気持ちよく花さんぽできた南信州でした。

帰りは松本の銘菓飯田製菓のあめせんべいを購入。

これ・・サクサクでたまらない歯ごたえと自然な甘さです。

歯にくっつくけど~おいしー☆

 

あめせんべい
 あめせんべい

 

中央道、帰路は渋滞で往路の3倍掛かって帰宅。

う〜んも~ なんでこうなるのよ~

 

 

コメント: 6 (ディスカッションは終了しました。)
  • #1

    そらつかい (火曜日, 29 10月 2013 11:39)

    南信州なんて 懐かしい言葉で 覗かせてもらいました
    生まれが 飯田市座光寺です
    天竜川には よく子供のころ遊びにゆきました
    河原を飛び回った昔を懐かしく思い出しながら拝見させて戴きました
    ありがとうございます

  • #2

    hanasanpo (火曜日, 29 10月 2013 17:22)

    そらつかいさん

    はじめまして!
    お越し頂きありがとうございます。
    飯田ですと、ここから近いですねー
    天竜川で遊んでいたのですね。
    きっと今よりも素晴らしい環境だったのではないでしょうか。
    秋晴れで気持ちの良い南信州でした。
    花さんぽに時々出掛けています。
    信州は大好きなのでまた行かせていただきますね!

  • #3

    佐藤重子 (木曜日, 31 10月 2013 10:06)

    この野菊のことは初めて知りました。
    地域特有種のこといろいろと参考になりました。
    居住地の近く、淀川水系・支流の猪名川でナデシコやフジバカマを増やす活動をしています。
    おっしゃる通り、
    地元の多くの人々に理解してもらうことが大切と考えています。

  • #4

    hanasanpo (金曜日, 01 11月 2013 01:29)

    佐藤重子さん

    ごらん頂きありがとうございます。
    南信州のこの地域にしか咲かない花です。
    河岸工事や開発また盗掘なども絶滅に追いやる原因となっていますね。
    河原に咲く花は河川の氾濫なども起こったほうがいいようです。
    外来種の勢いにも負けてしまいますし、
    石ころゴロゴロの礫地を好むので、
    河原がニセアカシアなどに覆われてしまうと咲きません。

    ナデシコやフジバカマ・・日本の在来種ですから、
    生息できる環境を守る活動は手助けになりますね。
    わけのわからない外国の園芸種を道端に植えまくっているのを
    よく目にしますが・・なんだか感心しません。
    地域に咲く花たちで、埋め尽くされたら素晴らしいですね。
    どうか頑張ってください!
    またお気軽にいらしてください。

  • #5

    かのん (木曜日, 21 11月 2013 18:06)

    ツツザキヤマジノギクって可愛いですね~
    ほんとに筒になっているんですね。
    品種改良でもないのに不思議^^

    ツメレンゲを長野に行ったら見たいと思っているのですが、
    時期が合わなくて成長した姿を見れていません。
    10月の終わりごろなんですね~
    来年忘れなかったら見てきます(笑)

  • #6

    hanasanpo (木曜日, 21 11月 2013 21:30)

    かのんさん

    ツツザキは、わかりやすくて可愛らしい野菊でした。
    筒状は不思議ですよね~

    ツメレンゲは信州では良く見かけます。
    来年は、ずーんと伸びて立派なツメレンゲ探してみてください。
    でもでも~栃木でも見られるようですよ。
    探しに行ってないのですがー。

 

HOME  Dairy-Hiroダス

 

メモ: * は入力必須項目です