HOME  Dairy-Hiroダス < Dairy-Hiroダス2014     ◀ 前へ  下へ▼  次へ ▶ 

 

 1月21日(火)    元春レイディオショー

 

インフルエンザやノロが流行っているようです・・

去年は誕生日に散々な目に遭わされているので、

今年は罹りたくないです!

ノロは恐ろしい~

 

一人暮らしの娘は鼻炎で熱を出し仕事を休んでいる。

引越をしてから彼女のアパートに行っていないので、

様子を見るためにも出向いてみた。

いやー駅から遠い~

工業地帯の一角に住宅がひしめき合っている。

よくぞこんな狭い場所にアパートが建ったものだわね。

冴えない表情で顔面が痛いと辛そうな娘。

体調も良くないせいか、言葉も少ない娘っ子だわねえー

トロ味を効かせたうどんを仕込んで帰ってきました。

電車に乗って出かけるのは好きじゃないので、

なんだかおかんはとっても疲れました。

 

昨年12月30日に亡くなった大瀧詠一さんの追悼番組を

やはり、佐野元春氏は自身のラジオ番組

「元春レイディオショー」で決行してくれました。

大瀧さんが元春の代わりにDJを務めてくれた時の音源や、

一緒の対談番組など、生の音源を紹介してくれた。

 

ユニークな人だからお話も楽しいのですよね。

ロックから笠置シヅ子まで・・

軽快なリズムも大好きだったと思います。

若々しい声と共に音楽という全てを網羅している知識に、

やはり大瀧さんのすごさを感じずにはいられない。

 

大瀧さんに最大の敬意を払い

貴重な音源を送ってくれた元春はやはり素敵な人だ。

2週にわたって放送して、来月も2週放送するそうです。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大滝詠一さんが亡くなりました。

日本の音楽界はひとつの大きな星を失った。

でもその星は空に昇って、ちょうど北極星のように僕らを照らす存在となった。

大滝さん、ありがとう。

ご冥福をお祈りいたします。

佐野元春

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

元春は「ポーラスタア」という自分の曲を大瀧さんに捧げた。

大瀧さんの導きを受けて、元春も新たな

チャレンジをして欲しいものです。

 

 

1/28大瀧さんが暮らしていた瑞穂町の図書館に行ってきました。

大瀧さんの奥様が持ってきてくれた大瀧さんのTシャツが

展示されて、大瀧さんのサイン、作品やCDのラインナップが

並んでいました。

撮影は出来たのですが、公開はご遠慮いただきたいとのことなので、

図書館の外観だけご紹介します。

 

瑞穂町の図書館
 瑞穂町の図書館

 

ちょっと拍子抜けな展示でした。

う~ん、もっと大瀧さんの凄さがわかる

内容にしてもらいたかったね。

広島から来た方もいるようです・・

わざわざ出向いてちょっとがっかりだったかも~

 

福生の米軍基地そばで、スタジオを設けて曲作りに

イメージを膨らませていたのでしょうか。

のどかな田舎町って感じなんだけど、

基地の航空機の騒音には悩まされなかったのかなあ~

 

施設内の食堂でお昼をとって、おやつを買って帰りました。

ぽかぽか陽気の気持ちのよい日となりました。

 
瑞穂の和菓子

 

HOME  Dairy-Hiroダス

 

メモ: * は入力必須項目です