HOME  Dairy-Hiroダス < Dairy-Hiroダス2014     ◀ 前へ  下へ▼  次へ ▶ 

 

 5月3日(土)    えらく遠いぞ埼玉の山

 

大型連休(NHKは断固としてGWと言わない)後半戦ですね。

どこか遠くに出掛けても渋滞だらけなので諦めておりますし、

私は飛び飛び休みなのでゆっくりも出来ないわー

 

以前千葉でシランを見て・・

ここのは自生というのは怪しいのですと言われ、

自生を探したいと思っていた。

やや早いけれど・・お隣埼玉の山を目指すことにした。

 

家を9時半に出発

峠越え手前から、なんと全く車が動かない状態の渋滞だー

てくてく歩いている人のほうが早い~

こんなのろのろストップ状態が2時間も続いた。

家から1時間半もあれば到着するような地点なのにぃ~

高速も渋滞だからと下道を選んだのは失敗だった。

高速の渋滞のほうがましよ!

4時間近くも掛かるなんて異常だわー

あーGWっておそろしいー

 

 ノロノロと100m進んでは、3分間完全停止 それを100回繰り返した? そんな厳しい渋滞が続いた
 ノロノロと100m進んでは、3分間完全停止 それを100回繰り返した? そんな厳しい渋滞が続いた

 

相方はもう2度とこの道は通らないぞー!と言い張りました。

「ピンクに染まった地面に這う桜」を見たい人が

局地的に集中したようです。

私も2度とごめんだわ~

お腹も減りまくり、何でもいいやとガストに飛び込み落ち着かせた。

お腹減ってると余計にいらいらするもんだー

 

やっとの思いで、現地に到着。

ふぅ~~遠かったぁ~ いったいどこまで来たっていうんじゃーねぇ。

広い岩の上を二手に分かれて探して歩く・・

 

新緑が目に染みるほどキレイだった
 新緑が目に染みるほどキレイだった
河原の岩の上を進む... こんな場所にシランがいるのだろうか
 河原の岩の上を進む... こんな場所にシランがいるのだろうか

 

ウツギが咲き始めて新緑も美しい。

 

岩の上にも様々な植物がいた
 岩の上にも様々な植物がいた

.

まだあちこちにスミレが咲いていた。

シランは知らんかね~っとぶつくさ言いながら歩く。

 

スミレ
 スミレ
スミレ
 スミレ

.

相方がお~い!と呼んだ。

あーいますいますー

ぴんぴん立ち上がっているけれどまだ蕾ばかりだ。

そうかーここがシランの本来の棲家なんだねえー

人のお庭や街路ではないんだよ。

「私の居場所はここよ」と胸を張っているようでした。

 

シラン (紫蘭) ラン科 シラン属  まだツボミでしたが、たくさんいました  alt=145m
 シラン (紫蘭) ラン科 シラン属  まだツボミでしたが、たくさんいました  alt=145m
シラン
 シラン

 

わずかに早起きさんが咲いていてくれました。

やはり植えたものより生き生き美しいわあー

 

シラン
 シラン
シラン
 シラン
シラン  色鮮やかな花がありました
 シラン  色鮮やかな花がありました
シラン
 シラン

 

相方が白花を見つけてくれました。

まだ開花していませんが、数株白花がありました。

あと1週間もすればいい状態が見れるかな?

 

シラン 白花のツボミ
 シラン 白花のツボミ
シランの白花

.

カナビキソウなども見つかりました。

 

カナビキソウ (鉄引草) ビャクダン科
 カナビキソウ (鉄引草) ビャクダン科
カナビキソウ
 カナビキソウ

 

行楽や観光客で大賑わい、人も溢れ返るほどの場所ですが・・

静かな日にゆっくり花観察に来たいものですね。

GWはもうこりごりよ~

 

帰りは関越から帰って・・

1時間半よー 普通はこんなもんじゃい!

近いのに遠かった埼玉

GWはじっとしているほうが無難かも~

 

 

◀ 5月1日 八王子里山歩き | 5月4日 キンラン輝く府中の里山 ▶

 

 

他の掲載ページ

カナビキソウ

 Dairy-Hiroダス

  2017年5月11日 あの花は今 

 

HOME  Dairy-Hiroダス

 

メモ: * は入力必須項目です