HOME  Dairy-Hiroダス < Dairy-Hiroダス2014     ◀ 前へ  下へ▼  次へ ▶ 

 

 8月30日(土)   信州で逢えた Episode 1

 

先週、富士の麓で逢えなかった花を探しに行くことにしました。

情報もないので、自分が歩いたことのある山域にターゲットを絞り、

信州に決定!

 

現地を歩き出すと、早速ミヤマモジズリを発見だあー

たくさん咲いていて、一番いい時期かも知れないね。

ママコナちゃんも咲いていたあー

 

ミヤマモジズリ (深山文字摺) ラン科 テガタチドリ属
 ミヤマモジズリ (深山文字摺) ラン科 テガタチドリ属
ミヤマモジズリ
 ミヤマモジズリ

.

ママコナ (飯子菜) ハマウツボ科 ママコナ属  苞葉に鋸歯が
 ママコナ (飯子菜) ハマウツボ科 ママコナ属  苞葉に鋸歯が
ママコナ  サンタの帽子を連想してしまう
 ママコナ  サンタの帽子を連想してしまう

 

さー準備をして歩こうかあ!

渋滞もあったのでお昼近くになってしまったので、

売店のトウモロコシをボリボリかじりながら歩いていると・・

 

「そのいでたちは花ですね」と声をかけられました。

おーこの方々もお花探しですな。

目的はトラさんですか?と聞かれましたが、

いやートラさんは見たことあるので、本日はタカさんなんですうー

タカさんはここでは見たことがないよと・・

あちゃー目標外したか?!

タカさんは別の場所だと教えてくれました。

 

詳しく聞いてみると、そこは私も怪しいと睨んでいた場所でした。

それらしき葉を見た記憶があったからです。

私たちを信用して親切に教えてくださり、感謝でございます。

山梨の百名山を2年で制覇したすごい方でした!

 

せっかく来たので、トラさんも拝もうと歩くことにしました。

以前咲いていた場所に行ってみましたが、咲いていません。

菌従属栄養植物ですからね、同じ場所に咲くとは限りません。

私は諦めて移動してしまいましたが、

なかなか相方がやってきません・・

 

戻って行くと相方が手招きをしている。

ひと株見つけたそうです。

相方はトラさん大好きですからね。

 

おーいました! よくぞ見つけました。

先ほどの山梨の方も一つだけしかなかったと言っていたけど・・

きっと別な個体だよ。

 

トラキチラン (虎吉蘭) ラン科 トラキチラン属
 トラキチラン (虎吉蘭) ラン科 トラキチラン属

 

トラキチラン、以前5株揃った特別綺麗な状態のものを見ていたので、

ちょっと感激が薄くなってしまった感が拭えませんが、

でもこのピンク色と上側についた舌弁が愉快なランですよね。

虫チックな姿に見えて仕方がない~

 

トラキチラン
 トラキチラン

 

他も探ってみましたが見つかりませんでした。

トリカブトが咲きだしていましたよ。

 

トリカブト  ヤマトリカブトかな?
 トリカブト  ヤマトリカブトかな?

 

タカさん探しに向かいたいところですが・・

時間が厳しくなってしまった。

写真を撮るなら午前がいいなあー

そんなわけで明日のお楽しみにとっておくことにしました。

(この判断が大正解となります)

 

山歩きには厳しいですが、湿地散策なら出来そうなので、

何度か訪れている湿地にGO!

.

エンビセンノウが鮮やかです。

ミヤマママコナ サワギキョウ アサマフウロ ミソハギ

色とりどりでいい感じね。

 

エンビセンノウ (燕尾仙翁) ナデシコ科 センノウ属
 エンビセンノウ (燕尾仙翁) ナデシコ科 センノウ属
エンビセンノウ  何度見てもこの色には圧倒される
 エンビセンノウ  何度見てもこの色には圧倒される
ミヤマママコナ (深山飯子菜) ハマウツボ科 ママコナ属  たくさん咲いていた
 ミヤマママコナ (深山飯子菜) ハマウツボ科 ママコナ属  たくさん咲いていた
ミヤマママコナ  苞葉は全縁なのでママコナと簡単に識別できます
 ミヤマママコナ  苞葉は全縁なのでママコナと簡単に識別できます

.

サワギキョウ (沢桔梗) キキョウ科 ミゾカクシ属  下の方は果実になっていた
 サワギキョウ (沢桔梗) キキョウ科 ミゾカクシ属 下の方は果実になっていた
サワギキョウ
 サワギキョウ

.

アサマフウロ (浅間風露) フウロソウ科 フウロソウ属  たくさん咲いていて賑やか!
 アサマフウロ (浅間風露) フウロソウ科 フウロソウ属  たくさん咲いていて賑やか!
アサマフウロ
 アサマフウロ

.

ミソハギ (禊萩) ミソハギ科 ミソハギ属
 ミソハギ (禊萩) ミソハギ科 ミソハギ属
ミソハギ
 ミソハギ

 

爽やかな風はもう秋の気配。

本日はここで花さんぽ終了です。

 

今夜は宿泊します。

夕飯はおなじみのシェ岩波さんへ・・

へへ~ 岩波シェ岩波さんの桃のコンポート今年食べていなかったので、

食べたかった目的もあったのですう~

 

開店前に予約に行ったら・・

もう一席しかなかった~

ひゃーぎりぎりセーフ・・

あんまり人気になってしまったら寂しいような嬉しいようなあ~

ちょいと複雑だけど、繁盛してほしいですからね。

 

美味しいラインナップをどうぞ!

 

鰯の南蛮漬けと万願寺唐辛子
 鰯の南蛮漬けと万願寺唐辛子
 信州サーモンのマリネ
 信州サーモンのマリネ

 桃のスープ  季節限定です
 桃のスープ  季節限定です
 真鯛のポワレ 赤玉ねぎのソース バルサミコ添え
 真鯛のポワレ 赤玉ねぎのソースバルサミコ添え

ローストビーフ すんげえうめえ!(Ken)
 ローストビーフ すんげえうめえ!(Ken)
自家製野菜のサラダ  新鮮、パリパリ
 自家製野菜のサラダ  新鮮、パリパリ

 桃のコンポート
 桃のコンポート
本サイト初公開! 桃のコンポートの断面
 本サイト初公開! 桃のコンポートの断面

 

桃のコンポートは間もなく洋梨のコンポートに変わりますよ。

 

さー明日はタカさん探すぞ!!

 

 

コメント: 6 (ディスカッションは終了しました。)
  • #1

    peko (水曜日, 03 9月 2014)


     エビセンノウ、綺麗に撮れていますね。
    私は、天気が良すぎて? いえいえ、下手なもので、色飛びしてしまい残念な思いです。
    あまりにも艶やかな色に、圧倒された感じです。
    来年は、ツクシマツモトに是非会いたいと思っています。

  • #2

    peko (水曜日, 03 9月 2014 22:25)


    訂正:エンビセンノウ です。^^;

  • #3

    hanasanpo (水曜日, 03 9月 2014 22:58)

    pekoさん
    エンビセンノウは鮮やか過ぎて肉眼で見た印象と違うように
    写っているような気もします。
    難しいですね~
    マツモトセンノウは九州に咲きますね!
    なかなか行けませんので、
    来年見られたらご紹介してくださいね。

  • #4

    みちほ (木曜日, 04 9月 2014 09:20)

    Hiroさんて紺のドット柄ジャケットを着てませんか?

    駐車場で挨拶してくれた人がいたのですが・・・勝手にもしかしたらなんて思ってしまいました! いつも精力的に花散歩していますね! いいな~
    エビセンノウって見たことがありません! 情熱的な花ですね!

  • #5

    みっちゃん (木曜日, 04 9月 2014 20:27)

    わたしは「アサマフウロ」の色があまりにも自然な色に感心しました。
    私の撮ったアサマフウロは薄紫の地味な色ばかりです。
    きっと腕も機材も良いんでしょうね。

  • #6

    hanasanpo (木曜日, 04 9月 2014 22:00)

    みちほさん

    大当たりです!
    私でしたあ~
    相方が戻ってくるものだと思い込んで待っていたのです。
    藪蚊の攻撃に耐えられなかったので~

    精力的?!なのかわかりませんが・・
    お花を見たくて逢いに行きたいだけなんです。
    なので、たったひとつの花だけ見れただけでも満足してしまうこともありますよ。
    エンビセンノウは本当に鮮やかです。
    単なるオレンジではないのです。
    燃え上がる炎の色と私はずっと感じています。
    東信州の湿地にはよく見られるようです。


    みっちゃんさん
    アサマフウロも発色の良い艶やかピンクですよね。
    デジカメは紫系統を再現するのが苦手なんだと思います。
    特別高性能なカメラでもないし、
    腕もど素人ですよ~
    変な人みたいに見えると思いますが・・
    「かわいいねえ~」「きれいだねえ~」「ちっこいねえ~」
    なあーんて声をかけて撮影しています。
    数打ちゃ~当たる!そんな精神でのカメラワークです。
    たくさん撮影して奇跡の一枚ゲットしてみてください!

 

HOME  Dairy-Hiroダス

 

メモ: * は入力必須項目です