HOME  Dairy-Hiroダス                  ◀ 前へ  下へ▼  次へ ▶

 

. 8月7日~9日(水~金) 遥かな場所への代償(後編)

 

前夜は雨が降って、湿原は霧に覆われておりました。

爽やかな夏の尾瀬~♪

本日も暑くなりそう~ 午後はまたまた雷様の予報だ。

 

朝ごはん・・当然ながら、昨夜と同じぱっさぱさ飯。

歩けなくなると思い、我慢して食しました。

おにぎり弁当も頼んであったけど、失敗したわ。

山小屋の方には大変親切にして頂き、

宿泊は気持ち良く利用させていただきました。

 

朝露も残る中、もう一度オゼノサワトンボを撮影。

木道のすぐ近くで撮影できた株は、少々疲れたものが多かった。

 

オゼノサワトンボ (尾瀬の沢蜻蛉) ラン科 ミズトンボ属
オゼノサワトンボ (尾瀬の沢蜻蛉) ラン科 ミズトンボ属
オゼノサワトンボの花は小さいが、なんとなく愛嬌があって可愛い
オゼノサワトンボの花は小さいが、なんとなく愛嬌があって可愛い
オゼノサワトンボの唇弁は3裂し、十文字型の面白い形になる
オゼノサワトンボの唇弁は3裂し、十文字型の面白い形になる
若い花は側萼片が反り返っていないが、この花は唇弁が伸び切っていなかった
若い花は側萼片が反り返っていないが、この花は唇弁が伸び切っていなかった

 

相方がおかしな花を発見。

舌弁がダブルでくっついているものがー

こんなおかしなことになってるランは、見たことないぞー

 

オゼノサワトンボの唇弁が2個ある花を発見! 距も2個ある。 他の部分は正常に見える
唇弁が2個ある花を発見! 距も2個ある。 他の部分は正常に見える

 

私たちよりはるかに多くの花を見てきている、

信頼する花の先輩方にお尋ねしてみたら、

「唇弁が2個あるランは、見たことも聞いたこともない!」とのことでした。

なので、大変珍しいものであることは、間違いなさそうです。

 

今までいろいろなランを見てきたが、2個の唇弁を持つ花は初めてです
今までいろいろなランを見てきたが、2個の唇弁を持つ花は初めてです

 

そばにはオオヤマサギソウが。

普通オオヤマサギソウの花は、かなり白っぽいものの、

一部または全体がわずかに緑白色を帯びます。

しかしこの花は、完全に白色に見えました。

パッと見なんだかわからず、少し悩んだわ。

 

オオヤマサギソウ (大山鷺草) ラン科 ツレサギソウ属
オオヤマサギソウ (大山鷺草) ラン科 ツレサギソウ属
普通のオオヤマサギソウの花は緑白色だが、この花は白色に見えた
普通のオオヤマサギソウの花は緑白色だが、この花は白色に見えた

 

オゼヌマアザミジャコウソウシロバナカモメヅル・クロバナヒキオコシ・

ナガバノモウセンゴケイワショウブなど、歩きながら観察したお花たち。

 

シロバナカモメヅルは、コバノカモメヅルの変種だそうです。

コバノカモメヅルの白花品種が、アズマカモメヅル。 ああ、ややっこしい。

 

オゼヌマアザミ (尾瀬沼薊) キク科 アザミ  属直線的で長い総苞片が特徴
オゼヌマアザミ (尾瀬沼薊) キク科 アザミ  属直線的で長い総苞片が特徴

.

ジャコウソウ (麝香草) シソ科 ジャコウソウ属  淡紅色の花冠の長さは4cmほど
ジャコウソウ (麝香草) シソ科 ジャコウソウ属  淡紅色の花冠の長さは4cmほど

.

シロバナカモメヅル (白花鴎蔓) キョウチクトウ科 カモメヅル属  お初
シロバナカモメヅル (白花鴎蔓) キョウチクトウ科 カモメヅル属  お初

.

ナガバノモウセンゴケ (長葉の毛氈苔) モウセンゴケ科 モウセンゴケ属  普通のモウセンゴケも見られた
ナガバノモウセンゴケ (長葉の毛氈苔) モウセンゴケ科 モウセンゴケ属  普通のモウセンゴケも見られた

.

イワショウブ (岩菖蒲) チシマゼキショウ科 イワショウブ属  見頃
イワショウブ (岩菖蒲) チシマゼキショウ科 イワショウブ属  見頃

 

帰路で再度探そうと思った花・・

別の山小屋の方に尋ねてみたら、今年出た株の場所を教えてくれた。

前日探したポイントには、以前は咲いたが、もう咲かなくなったそうだ。

事前入手した情報が古かった。

新しい場所では7月に開花したので、もう遅すぎたようです。

ピンポイントで教えて頂いたが、見つからない。

 

ドライフラワーのようになった植物があったが、それなのか不明。

こんなに広い湿原の中、ここだけってことないと思うが、

木道以外は歩けないので、なかなか発見できないんだろうな。

ヤチラン・・尾瀬以外の東北地域にはいないのかな?

誰か教えて欲しい~って願っちゃいます。とほほー

 

なんだかがっかり気分で帰るかあ~

ラン科大好き相方は、落胆が大きい。

長い木道が、更に長く感じる帰路でございますぅ~

 

背負子で大量の荷物を担いで歩く歩荷さん。 非常に重そうだ。
背負子で大量の荷物を担いで歩く歩荷さん。 非常に重そうだ。

 

歩荷さんに何度か遭遇しました。

重量級の荷物を背負って、猛暑の湿原を前かがみで歩いている。

私たちの休憩する場所のそばで、どっと腰を下ろして休みました。

「ご苦労様です」と声をかけずにはいられなくなりました。

過酷な労働のお陰で、山小屋で安心して泊まれるのだから、

とてもありがたいことです。

高くても、米がまずくとも文句言うなって。反省🙇

  

ノアザミに訪花したキアゲハ  綺麗に撮れた♡
ノアザミに訪花したキアゲハ  綺麗に撮れた♡

 

7時15分に宿を出て、お昼ちょい前に山の鼻に到着。

最後の登りのために栄養補給。

私の足はさらに水ぶくれができていたあー 痛いよ〜

無理やりお弁当のおにぎりをぱくつく、相方は食さない・・

冷たいアイスコーヒーがやけにうまし。

 

ほぼガイドブックと同じコース時間で鳩待に戻れた。

結構気楽なスタイルでやってくる人多いけど、

天候の急変など考慮してるんだろうか? と首をかしげたくなる。

ご年配の方は、最後の登りは堪えると言っていた。

私たちもそうだよ・・

なんとか皆さんと励まし合いながら登ってきたが、

私たちの荷物見てチョー、昨日から歩きっぱなしさー

 

見たかったお花は制覇出来ませんでしたが、

よくぞ二人とも歩けましたよ。

夫婦といえども、山に入ったら、

各人自分の体は自分で管理せよかな。

私の足は限界値になりました。

足の指までもが水ぶくれ・・

 

明日は野反の師匠に会いに行きますので、

今晩は草津に宿泊予定なので移動します。

途中雷と豪雨に襲われました。

視界悪く真っ白だあー

前の車のテールランプだけが頼り。

 

久々の草津。 選んだホテルは少し古いんだけど、

接客も良し、温泉は広々でストレスなし。

お安く泊れて十分だ。

 

 

夕飯にチョイスした、ホテル近くのイタリアンが最悪⤵でした 😩
パスタは必要以上の減塩で、旨味もなく、ただ酸っぱいだけ・・
二人とも食べられない、ピザ大好き男の相方がピザを半分残した。
この味でお金頂いていいの? てなお店でした。

料理の写真は載せません。

山小屋泊の後で期待していただけに、憤懣やる方ない。
食いしん坊はうるさいねえ~

 

 

9日、草津の朝も爽やかでした。

ホテルは素泊まりでしたので、

モーニングをやっているお店を調べて行ってみた。

これまたホテル近くの、手作りベーグルのお店、ラッキーベーグルさん

 

さほど広くはないが、落ち着く店内(パノラマ撮影)
さほど広くはないが、落ち着く店内(パノラマ撮影)

 

もっちりボリューミーなベーグルが美味しい♡

ベーグルの生地も選べるのがいい。

ベーグルは軽く温めてくれる。

全粒粉とゴマ・チーズを食べてみましたよ。

どれも個性があって美味しかったあ~⤴ 😄

2日ぶりに美味しいお食事をしました。

また立ち寄りたい、良いお店です。

ちなみにイタリアから輸入されたオーガニックの

ザクロサイダーも、相方が気に入っていました。

 

ザクロサイダー 無添加
ザクロサイダー 無添加

胡麻ベーグル+ハム・チーズ おいかった、Good!
胡麻ベーグル+ハム・チーズ おいかった、Good!
チーズベーグルは中にもチーズが入っていますぞ
チーズベーグルは中にもチーズが入っていますぞ

 

草津から六合に向かうのも久しぶりだ。

まずはいつものように、自然観察の師匠のお宅に向かいます。

師匠にはアポなしでしたが、在宅されており元気なお姿にお会いできました。

野反湖にすべてを捧げている素晴らしい方なので、

お花のことや地元のことなど話題もたくさんで、とっても楽しい時間でした。

しつこい花好きの私たちを受け入れてくれた、優しい方です。

また一緒に花さんぽをお願いします。

 

野反湖に向かいます。

晴れ渡る夏空に天空の湖は美しい姿です。

 

満々と水をたたえた野反湖。 相方が撮影に失敗し、なんとか補正しようとしてドツボにはまった写真です
満々と水をたたえた野反湖。 相方が撮影に失敗し、なんとか補正しようとしてドツボにはまった写真です

 

野反峠休憩舎・花の駅のSさんにご挨拶して、ランチをいただきます。

何でもおいしいのですが、汗をかいて体が塩っ気を欲してるので、

おうどんを食べました。

やっぱおいしいにゃ~ おつゆも全部いただきましたよ。

こちらは八間山の湧き水を引いているので、汁がすごくおいしい。

もちろんコーヒーや紅茶も。 お冷ですら、おいしいのです。

 

舞茸うどん 地元の舞茸がたくさん
舞茸うどん 地元の舞茸がたくさん
肉玉うどん 相方も汁を飲み干していた
肉玉うどん 相方も汁を飲み干していた

 

Sさんはとても器用な方で、可愛い籠バッグも作って売っていました。

私のおこづかいでは高価過ぎたのですが、一目惚れしちゃった。

もし普通の店舗で購入したら、ずっと高価であろう、アケビの籠。

相方が買ってあげるよというので、買ってもらいましたあ~

Sさんは織物したり、編み物したり、染め物したり何でもこなしてしまう

活動的な方なので、尊敬してしまいます。

休憩舎で食べられるピザやケーキなども、Sさんのお手製ですぞ。

 

Sさんお手製のアケビの蔓の籠。 デザインも可愛く、しっかり作られていたので一目惚れ
Sさんお手製のアケビの蔓の籠。 デザインも可愛く、しっかり作られていたので一目惚れ

 

しばし楽しくお話して、相方が野反湖にもヤチランがいるかもと、

師匠に教わったルートで目的地に向かいました。

私はもう本日は靴ずれの悪化が激しいので、歩きは無理です。

今は湖の水量が多いので、ササ原を藪漕ぎして入ったそうです。

しかし残念ながら、ヤチランは発見できず・・

ミズギクコバギボウシが風に揺れていたそうです。

ハクサンフウロやハコネギク・ヤナギランも咲いていました。

 

ミズギク (水菊) キク科 オグルマ属
ミズギク (水菊) キク科 オグルマ属

.

コバギボウシ (小葉擬宝珠) キジカクシ科 ギボウシ属  野反湖でもたくさん咲いていた
コバギボウシ (小葉擬宝珠) キジカクシ科 ギボウシ属  野反湖でもたくさん咲いていた

 

何度来ても私達の花さんぽの原点である野反湖は、気持ちがいい~

車を降りたら、すぐにお花が迎えてくれます。

キャンプする元気はなくなちゃったけれど・・

本来の正当なキャンプもできる、よい場所です。

花さんぽも出来なくなったら、夏は野反湖でのんびり過ごしたいわ。

下山し道の駅で花豆ソフト、原町で焼肉ディナー、上州牛のうまかったこと・・

吾妻産のご飯でやっとうまいお米にありついて息を吹き返した。

 

このような定食が多種類あり選びやすい
このような定食が多種類あり選びやすい
ツラミと呼ばれる頬肉。味が濃厚!
ツラミと呼ばれる頬肉。味が濃厚!

 

まあHiroKen花さんぽ史上最長の歩きとなりましたが、

無事に帰ってこれました。

靴ずれ・水ぶくれの代償はありましたが、

大きな怪我もなくて、めでたしめでたし― とさせていただきましょう。

 

尾瀬へのアクセスは便利です。

バスの時刻に間に合わずとも、7〜9人乗りの乗り合いタクシーが

定員に達すればいつでも走り出してくれます。

料金はバスと同じだし。

このシステム、他の場所でもやってもらいたいな。