HOME  Dairy-Hiroダス                  ◀ 前へ  下へ▼  次へ ▶

 

. 9月22日(日)     とんだ災難

 

お彼岸に入って、実家に帰りました。

途中、お馴染みお気に入りの手延べラーメンランチでほっこりした。

母の買い物に付きあい、夕飯も済ませて帰ろうとお店で食事していると・・

母の携帯に電話が、えーえーえー!!!

なんと実家の目の前の家が火事だと~🔥

食べかけの料理もそのままに、さっさか会計を済ませて飛んで帰った。

 

うへ~、ほとんど全焼じゃないかあーー

すでに消火作業は終わっていた。

(写真は翌日撮影したものです)

 

隣家はほとんど全焼していた。怪我人や延焼がなかったのは不幸中の幸い
隣家はほとんど全焼していた。怪我人や延焼がなかったのは不幸中の幸い

 

人だかりになっており、留守になっていた母に人々が群がって、

どこかに連れられてしまった。

母屋やアパートにも燃え移らなくて本当に良かった。

石油のポリタンクも2本あったようで、すさまじい火事だったとのこと、

燃え移らないように懸命な消火活動であったと思われる様子だった。

 

なんてこったい~

買い物に行ったショッピングモールの外で一服していた相方が、

遠くに消防車のサイレンを聞いていたそうだ。

「どこかで火事だなあ」と思ったそうですが、まさか前の家だったとは。

我々が出かけた数十分後の出火だったようです。

 

私たちが訪問していて、たまたまみんなで出かけていたのも・・

それはそれでよかったのかも知れない。

母一人で目の前の火事現場を目撃していたら、

腰を抜かしてパニックになっていたかも。

 

パトカーが一晩中いて、現場維持のために見張っていた。

翌日は、朝から20人以上の消防団員が来て、現場検証していた。

 

消防の人たちが20人以上来て現場検証していた。ご苦労さまです。
消防の人たちが20人以上来て現場検証していた。ご苦労さまです。

 

なんとも火事ってのは恐ろしい~

近所の方も母を心配してくれて、電話も鳴りっぱなし。

ご近所の方々の連携が良くできているなと感じました。

母も協力的にお付き合いしているんだと、安心しました。

 

まさかーというような出来事が続いたので、

母は怖かったことでしょう。 わずか数日前に

ちょっとした詐欺まがいに引っ掛かりそうだったので・・

母の名誉のために詳細は書きませんが。

 

とんだお彼岸騒動で、気分が盛り上がらないままでしたが、

なんか花でもと群馬に向かいました。

一度は行ってみたかった、道の駅 川場田園プラザに立ち寄る。

実家からなら、近いもんだ。

 

ピザ男の相方のために、ピザランチとします。

道の駅人気ナンバーワンとだけあり、大混雑だ。

窯焼きピザを味わう。 まあまあの出来具合でした。

ソースにもう一工夫欲しいって感じかな。

2黄卵や栗、落花生を購入。 卵が絶品でしたあ~

 

デリバリーピザよりずっと美味しかった
デリバリーピザよりずっと美味しかった
目玉焼きも卵かけご飯も絶品の2黄卵
目玉焼きも卵かけご飯も絶品の2黄卵

.

山に向かって、相方が見つけたアケボノシュスランの場所は?

と行ってみたが・・

花はもう完全に終わっていました。

今年は早かったのかね、

以前は、踏みつけてしまいそうなくらいたくさん咲いたのに~

 

アケボノシュスランの花は終わり、子房が膨らんでいた
アケボノシュスランの花は終わり、子房が膨らんでいた
アケボノシュスランは、踏み入れないほど数が多い。 だが、花茎を上げている株はわずかだった
踏み入れないほど数が多い。 だが、花茎を上げている株はわずかだった
アケボノシュスランの茎の基部は地を這い、上部は斜上します
アケボノシュスランの茎の基部は地を這い、上部は斜上します

.

もう花の気配は少ない。

サラシナショウマオクトリカブト・タムラソウ・ゴマナ

ウメバチソウといったところ。

 

サラシナショウマ (晒菜升麻) キンポウゲ科 サラシナショウマ属
サラシナショウマ (晒菜升麻) キンポウゲ科 サラシナショウマ属
サラシナショウマの花には花柄があります(似た花のイヌショウマにはありません)
サラシナショウマの花には花柄があります(似た花のイヌショウマにはありません)

.

オクトリカブト (奥鳥兜) キンポウゲ科 トリカブト属
オクトリカブト (奥鳥兜) キンポウゲ科 トリカブト属

.

ゴマナ (胡麻菜) キク科 シオン属
ゴマナ (胡麻菜) キク科 シオン属

.

ウメバチソウ (梅鉢草) ニシキギ科 ウメバチソウ属
ウメバチソウ (梅鉢草) ニシキギ科 ウメバチソウ属

.

ハクサンタイゲキ(オゼタイゲキ)は草紅葉になってきれいだけど・・

果実があるはずの茎の先端は、ほとんど食べられています。

鹿の食害でしょう。

 

ミズバショウだけはネット保護されているけれど、

このハクサンタイゲキも絶滅しそうな勢いです。

この現実にも目を向けた方がいいな。

 

ハクサンタイゲキの先端が残っているのは、果実をつけていない茎のみ
ハクサンタイゲキの先端が残っているのは、果実をつけていない茎のみ
果実をつけていたであろう株は、ことごとく先端部が食われてなくなっていた
果実をつけていたであろう株は、ことごとく先端部が食われてなくなっていた

 

なんとなく気分も盛り上がらないし、遅くなれば

渋滞も起こるだろうしと、帰路につきました。

 

火の元用心

ご近所さんにも携帯の連絡先の交換くらいはしておいた方がいいですね。

母の回りに見守ってくれる方々がいたことに、感謝申し上げます。