HOME

週間アクセスランキング

 

1週間のご訪問者の数に注目したランキングです。

「今、どのページがよく見られているのか?」がわかります。

このページには、過去4週間の情報を記載しています。

トップページやその他の「目次的要素」のページは除いています。

ご訪問数と閲覧ページ数は、当サイト全体に対する数字で、トップ

10に限った数字ではありません。

ご訪問者の多いページは優先的に見直しをして、更に内容を

充実させることを検討します。

 

記号の説明:前週より上昇 前週より下降 変わらず 圏外からランクイン

 

2017/09/10-2017/09/16

ご訪問数:8717  閲覧ページ数:17280

 1.  

ヤマホトトギス

 2.  

ヒメミヤマウズラ

 3.  

クマガイソウ

4.   アケボノソウ
5.   ツチアケビ
6.  

Dairy-Hiroダス 9/6 秋のマヤちゃ〜んチェーック!

6.  

Dairy-Hiroダス 9/3 今週もカイちゃん

8.  

キセワタ

9.   ミヤマツチトリモチ
10.  

アケボノシュスラン

 

 

 先週に引き続き1位・2位変わらずですが、ヤマホトトギスはまた増えて604アクセスと、2位のヒメミヤマウズラ(172)の3.5倍以上。 またしてものダントツの1位です。

 

 いきなり3位にクマガイソウがランクイン。 なぜこの時期に? 不思議なので調べてみました。 結果は後述します。

 

 Dairy-Hiroダスの2編がランクイン。 偶然にも同じアクセス数でした。 ミヤマツチトリモチやアケボノシュスランなどの季節の花もランクイン。


 クマガイソウがこの時期に3位に飛び込んで来たのは、どうにも納得できません。 そこで、8/20〜9/16の4週間のアクセス数の推移を調べてみたのが、下のFig.1 です。

Fig.1 クマガイソウのアクセス数の推移
Fig.1 クマガイソウのアクセス数の推移

 この期間のアクセス数は合計375でしたが、8/27と9/10に異常なピークがあります。 この原因調査はしていませんが、過去の経験から、TVや新聞などのマスコミでクマガイソウが取り上げられたのだと推測できます。 同じようなことが起きなければ、次週はクマガイソウはトップ10の圏外になることが予想されます。

 

 1位のヤマホトトギスと、2位のヒメミヤマウズラも調べてみました(Fig.2、Fig.3)。

Fig.2 ヤマホトトギスのアクセス数の推移
Fig.2 ヤマホトトギスのアクセス数の推移
Fig.3 ヒメミヤマウズラのアクセス数の推移
Fig.3 ヒメミヤマウズラのアクセス数の推移

 Fig.2 ヤマホトトギスは、多少波はあっても、上昇基調。 緩やかに右肩上がりになっていて、特にこの数日間は勢いが増しています。 次週も1位となる可能性はとても高いでしょう。

 Fig.3 ヒメミヤマウズラは、緩やかに右肩下がりの傾向となっていて、次週はトップ10内に入っていたとしても、3位以下に順位を下げそうです。

 

 ついでに、季節にあまり関係なくランクインすることが多い、ツチアケビも調べてみました(Fig.4)。

Fig.4 ツチアケビのアクセス数の推移
Fig.4 ツチアケビのアクセス数の推移

 Fig.4 ツチアケビは、非常にランダムです。 花はもちろん、果実すらも無いこの季節に、なぜこのようなアクセス傾向を示すのか、わかりません。 この分では、次週もトップ10内のどこかに入る可能性がありそうです。

 

 「そんなことやってないで、早く花のページを作れ!」という声が聞こえてきそうなので、この辺でやめます。

 

 

2017/09/03-2017/09/09

ご訪問数:8364  閲覧ページ数:17325

 1.  

ヤマホトトギス

 2.  

ヒメミヤマウズラ

 3.  

Dairy-Hiroダス 8/27 カイちゃん今年もにょっきり

4.   ツルボ
5.   ササユリ
6.  

Dairy-Hiroダス 9/3 今週もカイちゃん

7.  

キセワタ

7.  

ツチアケビ

9.   アケボノソウ
10.  

チドリ3種比較

 

 

 1位・2位変わらずですが、ヤマホトトギスは559アクセスと、2位の倍以上のダントツの1位です。

 

 3位・6位には新しいDairy-Hiroダスがランクイン。 ツルボ、キセワタ、アケボノソウと、季節の花もランクイン。

 

 前週とご訪問数はほぼおなじですが、閲覧ページ数が大幅に増えました。 秋になり減少一途のこの時期、ありがたいことです。


 

2017/08/27-2017/09/02

ご訪問数:8366  閲覧ページ数:16558

 1.  

ヤマホトトギス

 2.  

ヒメミヤマウズラ

 3.  

クマガイソウ

4.   ササユリ
5.   ツチアケビ
6.  

Dairy-Hiroダス 8/20 この森にひっそりと

7.  

Dairy-Hiroダス 8/23 本領発揮じゃー!

8.  

チドリ3種比較

9.   ナツエビネ
10.  

サギソウ

 

 

 予想通り、ヤマホトトギスが1位に。 釣られるようにヒメミヤマウズラが2位に上昇。ササユリは4位に後退しました。

 

 Dairy-Hiroダスが2編ランクイン、これは久しぶりです。

 

 チドリ3種比較は、8位に後退しましたが、なんと13週連続ランクインしています。

 

 季節の花のサギソウが10位にランクイン。


 

2017/08/20-2017/08/26

ご訪問数:8038  閲覧ページ数:16612

 1.  

ササユリ

 2.  

ヤマホトトギス

 3.  

ヒメミヤマウズラ

4.   ホソバノキソチドリ
5.   ナツエビネ
6.  

チドリ3種比較

7.  

Dairy-Hiroダス 8/12 なんだかついてない

8.  

トンボソウ

9.   タテヤマリンドウ
10.  

ツチアケビ

 

 

 ササユリの1位変わらず。ヤマホトトギスが2位まで上昇。 次週は1位か? 久しぶりにDairy-Hiroダスがランクイン。 10位にまたツチアケビがランクイン。 果実を見てのことかな?

 

 前週と比べ、ご訪問数が少し増加。 閲覧ページ数は、ほぼおなじ。


 

期ごとの総まとめ

 

2013上期  2013下期  2014年上期  2014年下期

 

2015上期  2015下期  2016年上期  2016年下期