HOME < Dairy-Hiroダス < Dairy-Hiroダス2010           ←前へ  次へ→


12月30日(木)    2010年最終版

 

今年ももう僅かだわね〜

年末で私の仕事は忙しくて..

Kenは冬休みに入ったけれど、

私はせっせとお仕事しています。

足や腰が痛くて..しんどいざんす〜

 

もう花探しも出来ないのですが、

なんだか無性にうまいお蕎麦が食べたくなりました。

そう話していたら、Kenが以前食べたことのある

赤城山山麓のお蕎麦屋に行こう!

と言い出しましたので、ドライブがてら

行ってみることにしました。

 

赤城の通称南面道路沿いにある喜楽庵です。

ここの通りは「赤城そば街道」とも言われているようですね。

数年前にたまたま通りかかり立ち寄ったお店でした。

石臼挽きで品のいいお味の印象があったので、

また行きたいと思っていました。


赤城山の峰々
 赤城山の峰々
地蔵岳山頂のアンテナ群
 地蔵岳山頂のアンテナ群

 

赤城はほんのり雪がかかっていて、

寒さも本格的になってきた様子です。

人出は少ないですね〜

お腹を減らして行ったので、

喜楽庵さんに直行です。

 

 

上天ざるを注文。

前回そばは少なめの印象だったので、

欲張って大盛りにしました。

1:9そばでちょっと青みがかった色白そばです。

天ぷらは田舎のお野菜盛りで、

ウドがしゃきしゃきして美味です。

つゆは甘さの少ないものです。

本来は甘いつゆが好きなんですが、

このくらいなのは許せます。

水がいいのでしょうね、そばはきりりとして

するするっとのどごしもいいです。

 

なんとなく山の空気も吸いたかったので、

美味しく気分良く食事出来ました。

自家製にんじんもご自由にお持ちくださいとあったので、

袋いっぱいに頂いてきました。

都会の人はおみやげにすると喜ぶんです。


 

途中なにか散策できないかと

探してみましたが、特に見つからず、

地元の農産物直売所で野菜や卵を仕入れました。

太田市に住んでいたので、昔はこのあたりに

気軽に来ていたんだな〜

上毛三山の一つの赤城山です。

 

ここまで来たので実家に立ち寄り、

両親の顔を見て帰ることにしました。

透析患者の父がちょいと心配だったので..


7億数千万円の施設が太田市のホームページですぐ見つからない
7億数千万円の施設が太田市のホームページですぐ見つからない

 

途中に太田市の金山(かなやま)近辺に行ったら、

新しいバブリーな建物を発見。

なんでしょと入館してみると、

金山の歴史館なるものでした。

有名な建築家が設計したようですぞ..

ご立派な設備で、とってもご親切なスタッフが

丁寧にご案内してくれます。

太田市はお金持ちやね〜

娘が小学校の6年間、毎年登山した金山です。

こんな大層な建物ができて、きっと驚くでしょうなー

 

足利の母からも野菜をたんまりおみやげにもらって

帰ってきました。

花がないと気が抜けたようにつまらない〜

やっぱり食いしん坊だから

グルメリポートになっちゃうのかな..

なんだか新たなこともしたくなってきたような..

そんな日々でございます。

 

 

HOME  Dairy-Hiroダス

 

メモ: * は入力必須項目です