HOME < Dairy-Hiroダス < Dairy-Hiroダス2010           ←前へ  次へ→


7月21日(水)       高尾山

 

連日猛暑ですね〜

とにかく暑過ぎます!38度って〜熱があるじゃんか!!

チャリンコを飛ばして通勤しているので、汗っかきの私は到着してからが

汗との格闘です! 化粧も無惨、髪はまるでシャワー浴びたかのごとく〜

 

3連休も仕事で..最終日だけお休み。

日帰りで見れる花をと高尾山に決定〜

しかし..表高尾の登山嫌いなKenを花のため納得させて..いざ出陣!

いきなり公営駐車場は満車..もう出ばなをくじかれた〜

仕方なく一日千円の民間駐車場に停める。

 

ムラサキニガナ
ムラサキニガナ

さあて、どうしよう下からの登山には時間が足りないので、ケーブルカーで時間短縮だ!

なんじゃーこりゃー〜!!どうしてこんなに湧いたように人がいるんじゃー

ミシュランに告ぐ『三ツ星なんぞ付けたからじゃー撤回しろ!銀座の歩天以上じゃー!

正しい山の環境じゃないぞ!!』

人ごみ嫌いのKenもだんだん不満度が増したようだ..

 

まずはエゾスズランがいるであろう場所に..

男坂女坂がある。

時間短縮のため別れて探索することに。なぜか私が

急な階段のある男坂に行かされる〜(Kenよ、素直に女坂歩くでない)

どこにいるのやらと、どろーんとした汗をかきながら探すがいない。

108段の階段を上に下に..きついんですよー

ガックリしながら..仕方なく、ぶーたれながら山頂を目指す。

 

キヨスミウツボ(種子)
キヨスミウツボ(種子)

やっとまともな観察花 キヨスミウツボの種子を見つける。

ふーやれやれ〜しかし他に目新しい花も無い。

山頂まで僅かの地点に着く、分岐で別の下山ルートもある。

Kenは山頂迄行ったことがないんだと話す。

「山頂は大したこと無いんだよね〜」「めぼしい花は?」

「今あるのはスズサイコかね〜場所は特定出来てないよ」

「じゃーいい!下山!」とすんなり決定。

花の無さと暑さで..意気消沈。

 

.

オオダイコンソウ
オオダイコンソウ

下山ルートには、キバナノショウキラン ツチアケビがいるだろうと期待を込めて。

いやー歩きにくいルートだ山頂付近は階段続き〜

ぶーたら度のゲージが上がる!

おまけに街着で人も大勢登ってくる〜沢沿いで岩もあるのにお気楽なもんだ。

花はオオダイコンソウやミヤマナミキしかいなかった〜

「花の名山高尾なんて言ってるがこんなもんか」と八つ当たり気味にKenがブーイング!

(高尾さん..あんたはKenに嫌われちまったよー)

 

 

湧水
湧水

あ〜あ〜なんも収穫がなかった〜

それではKenの好きな裏高尾に移動して、

シロテンマ ハグロソウ ジャコウソウなど今度こそ見つけよう!オー!

どろどろに溶けそうな暑さに耐えつつ歩くが...

いない!

ニガクサやアキノタムラソウ ナンテンハギなど..

もう秋の雰囲気だ〜 別の場所に移動してもいない。

 

諦めてKenは、最近発見した白い綿毛のような幼虫を見つけ釘付けになっている。

今日はもう期待は薄いと決めて、高尾の湧水を汲んで帰ろう〜

これがなかなかうまい!!

コーヒーやご飯を炊くのに最適だ!知られざる高尾の湧水。

 

捨て兎?
捨て兎?

水を汲んだら..あれっ「うさぎさんがいるー」どうやら野生ではないぞ..飼いウサギが捨てられたみたいだ..

近づいても逃げないよー構わずに葉っぱをむしゃむしゃ食べている。 人間て勝手だ〜ここでこの子は生き伸びることは出来ないだろう。

Kenはしきりに可哀想だと言っていた。

娘が欲しがっていたから、連れて行きたいような気持ちにもなったが..どうせ面倒見れないなと思ってやめました。

 

 

八王子ラーメン
八王子ラーメン

最後にキジョランの蕾を見つけて..

高尾を離れる〜

大汗かいて..ラーメンが食べたくなった!

道の駅滝山の八王子ラーメンがまあまあいけるので..

ラーメンをかき込んで、地元のスイカを買ってとぽとぽ帰りました〜

 

猛暑の低山はおそろしいぞな〜

野反湖の涼やかな空気が恋しくなった〜

Kenは二度と高尾に登らない!と言いそうだと確信した一日でした。

 

 

◀前へ | 次へ▶

 

HOME  Dairy-Hiroダス

 

メモ: * は入力必須項目です