HOME < Dairy-Hiroダス < Dairy-Hiroダス2010           ←前へ  次へ→


 7月26日(月)    信州の湿原

 

週末はかねてから、見たかった信州の花を探そう〜と決めていた。

初めて訪れる湿原にレッツらゴー!

Kenは以前にこの近辺で友人たちとマウンテンバイクに乗って、

ひゅ〜っと山道を下ったことがあるようだ。

しかし..記憶装置に油が注がれていないせいか..

なんとも地理には疎いようだ〜

 

この地で見たいのは『シャジクソウ』マメ科

「えーマメ科か〜」とKenが面白くなさそうな顔を行く前にしていた。

北海道と長野(当地と美ヶ原)群馬 宮城しか咲かないんよー

まったくもう〜リサーチは全て私にさせておいてさー

と..こちらもご機嫌斜めってくる〜

おかまい無しに..長野行きは決定させてもらったのであ〜る!

 

さあて湿原まではマイカー規制、シャトルバスで向かうことになった。

駐車して..30秒くらいで、シャジクさんはにっこりと咲いていたのです。

道端のアカツメクサのごとく咲いているような感じですが..

一見レンゲのようで、葉っぱが車軸状なんですね。

草原に鮮やかに咲いて、出だしから気分がいい!


シャジクソウ 車軸草 マメ科 シャジクソウ属
シャジクソウ 車軸草 マメ科 シャジクソウ属

.

シュロソウ
シュロソウ

 

ハイ!一丁あがりー!目的達成!!てな調子でバスを待った。

回りの草原もキバナノヤマオダマキやニッコウキスゲ シュロソウ ハクサンフウロ などなど夏の草花で彩られ..爽やかな景色に気分上々。

 

バスにゆられ15分ほど..途中の道にもハクサンオミナエシなど山肌に咲いていて.. なかなかのナイスビュ〜でしたよー

 

 

 

 

.

イワインチン(開花前)
イワインチン(開花前)

 

湿原に到着すると..うひゃ〜参ったな〜小中学生の夏合宿中なのか、うんざりするほどの人で溢れているー

やだやだよ〜高尾みたいじゃん!

なるべく人っけないルートに向かうが..

花を見て撮影してると、小中学生が次々と

「こんにちはー」と挨拶してくる〜

集中して写真も撮れない。

「街じゃ他人に挨拶もせんのにー」とKenのぼやきは始まったぞー

さすがに私も「コンニチハー」には疲れました.. でも沢山の夏の花々を堪能出来て大満足です! 見晴らし台には開花前のイワインチンもいて、景色も最高に気持ちいい! 湿原は乾燥化していて..森林化も近い様子がうかがえた。

.

シャジクソウ(白花)
シャジクソウ(白花)

 

なかなかおしゃれなカフェでキャベツソフトクリームなるものを食べましたが、

あんまりキャベツの味も無く長門牧場のソフトがやっぱ一番だ!

 

駐車場に戻る途中でKenがシャジクソウの白花を見つけた〜

冴えない花と思っていたようだが..白花がいてどうよーエレガントさんじゃないか!

 

キキョウ 桔梗 キキョウ科 キキョウ属
キキョウ 桔梗 キキョウ科 キキョウ属


お次に見たいのは『シキンカラマツ』だ!

これまたKenは「カラマツソウ〜かいな〜」と不満気味な態度でしたのよー

「図鑑を良く見てみい!カラマツソウの仲間でも全く咲き方がちゃうんよー!」

「へ〜ほんとだ〜」そんなこんながあって見ることになったのです。


第一候補の場所にはいなくて.. 代わりに自生のキキョウが見つかった!

雷雲立ちこめる中、諦め気分でいた所最後の望みと私がぐるーっと見回して見つけましたでござる。

 

シキンカラマツ 紫錦落葉松 キンポウゲ科 カラマツソウ属
シキンカラマツ 紫錦落葉松 キンポウゲ科 カラマツソウ属

 

あ〜なんとしてもこの地でシキンカラマツが見たい! もう一カ所目星は付けてある。

以前オキナグサを案内して頂いたペンションの近くだ。 助手席から..じ〜っと道端の花を見ていたら..

「いたあ〜〜!」

薄紫のちっこいポンポンボールみたいのがかっわいー!!

開花した花も愛らしくて爽やかやん〜

僅かな湿地になった場所だが..ここは色んな花が咲く。

 

 

なんとか見たかった花に逢えた嬉しい一日に

なりました。 2日目もあるのですが..

長くなりそうなので..この辺でお開きとなります。

 

 

◀前へ | 次へ▶

 

HOME  Dairy-Hiroダス

 

メモ: * は入力必須項目です