HOME < Dairy-Hiroダス < Dairy-Hiroダス2010          ←前へ  次へ→


 10月23日(土)  イズノシマダイモンジソウ

 

本日は来年のための事前調査を兼ねて、

またもや千葉県に出動!

君津市に向かった。

先週のようなランド入場渋滞は勘弁だ〜

アクアラインコースで千葉に上陸だー!

 

花寿司

 

田舎の風景がいかにも千葉らしいような

雰囲気の場所です。

途中東京よりも安いガソリンを入れて、

隣接している直売所にも立ち寄った。

千葉の名物、花寿司を買ってみました。→

可愛らしいお寿司に手が伸びてしまいました〜

野菜も産直なのでお安いです。

生落花生も購入。茹で落花生は大好物なもんでー

 

 

ここは八ヶ岳で出会った、すっとんきょーブラザートム似のおじさんおすすめの場所です。案内所で植物に関する情報はないかと訊ねたら、自生する植物を専門家が一覧として作ったものがあったので..ご親切にコピーしてくれました。しかし殆んど樹木ばかりで.. あんまり役に立ちそうにないね.. ごめんちゃい。

 

.

それでも秋の花が咲いていましたよ。

ヤマハッカ キク科(これまたわからんちー)リンドウ

山の中に珊瑚?!キノコの仲間でしょうな〜

カンアオイ センブリ コウヤボウキ コシオガマ ...

 

ヤマハッカ
 ヤマハッカ
アキバギク(キヨスミギク)
 ?→ アキバギク
リンドウ
 リンドウ

なんというキノコ?
なんというキノコ?
カンアオイ
 カンアオイ
カンアオイ
 カンアオイ

センブリ
 センブリ
コウヤボウキ
 コウヤボウキ
コシオガマ
 コシオガマ

 

上の名前がわからなかったキクは、上州花狂いさんより

 アキバギク(別名キヨスミギク)教えて頂きました。

(2010.10.24追記)

 

ホトトギス (杜鵑草) ユリ科 ホトトギス属
 ホトトギス (杜鵑草) ユリ科 ホトトギス属

.

結構広い場所なので.. 探り甲斐はありそうです。途中滝があるというので、水辺の花がいるかもと行ってみた。

 

ホトトギスがたくさん咲いていましたよ。ヤマホトトギスタマガワホトトギスはよく見るけれど.. 修飾語のつかないホトトギス静岡でしか見たことなかった。

 

.

 滝のそばまで行くと..大きなイワタバコの葉が揺らいでいた。あ〜咲いていたら見事だったろうなと想像出来る。

ダイモンジソウはいないかなと探していたら..

まだ蕾ばっかり〜ちー残念だ。

あれ? 咲いているのがいた!

近くで撮影できそうだから、Kenに近くに行くように促した。

滝と言っても規模は小さいのですが..

水際ギリギリで歩いて岩はつるつるしている。

ここは砂岩なのかな〜 Kenが滑ってしまった。

すってんころりんはしませんでしたが、ドンとお尻をつく程度の足元滑り。 もうそのまま座り込んで撮影をしていました。

 

イズノシマダイモンジソウ (伊豆の島大文字草) ユキノシタ科 ダイモンジソウ属
 イズノシマダイモンジソウ (伊豆の島大文字草) ユキノシタ科 ダイモンジソウ属

 

この花もダイモンジソウとして掲載しましたが、上州花狂いさんからコメントでイズノシマダイモンジソウでしょう、と教えて頂きました。

上州さん、どうもありがとうございます!

全体に毛が多いのがわかるように、写真を大きなサイズに変えました。

(2010.10.24追記)


イズノシマダイモンジソウ
 イズノシマダイモンジソウ

 

イズノシマダイモンジソウは、伊豆諸島と千葉県南部にしかいないそうです。珍しいダイモンジソウなのに、気付かなかった。修行が足りませんね。ツボミの写真も下に追加しました。   (2010.10.24追記)

 

イズノシマダイモンジソウ(蕾)
 イズノシマダイモンジソウ(蕾)
ホトトギス
 ホトトギス

 

妙な茶色い湖?!などもあって、

釣り場にもなっているのか..すっかり衰退していた。

ボートは雨ざらしで水没しかけていたよ。

 

水が滴る山際近くにはまたまたホトトギス

たくさんいました。

 

なかなか興味深い場所でしたので、

春にはまたこよーっと!

帰りはアクアラインからレインボーブリッジ

屋形船が賑やかそうで 海辺が彩られていました。

東京タワーもライトアップされていました。

おのぼりさん状態でしたが..

こんな高層ビルにゃー住みたくないです。

私はおそらく洗濯物も干せません。

 

かつての同期の親友が水上バスに勤務していて、

お台場まで乗せてもらったことがありました。

その頃はまだまだフジテレビの球体がやっと

乗っかったくらいでした。 まわりは更地でした。

あっという間にきらびやかになってしまいましたね〜

東京スカイツリーも遠くに見えましたが..

私は人工物より自然の美しいお花のツリーの方がすっきやね〜!

 

コメント: 4 (ディスカッションは終了しました。)
  • #1

    上州花狂い (日曜日, 24 10月 2010 19:07)

    不明のキク科はアキバギク(キヨスミギク)です。
    ダイモンジソウは毛が多いようなので、イズノシマダイモンジソウで良いと思います。
    未見ですが、千葉県には多いと聞きました。

  • #2

    hanasanpo (日曜日, 24 10月 2010 20:28)

    上州花狂いさん

    わからなかったキク科ありがとうございます。
    図鑑とにらめっこしても深みにはまってしまっていました。
    ダイモンジソウも普通のではなかったようですね..
    ちょっと様子が違っていた気がしていました。
    イズノシマダイモンジソウですか〜
    勉強になりす。
    滝があって、これからどんどん咲きそうな場所でした。

  • #3

    あひる (月曜日, 25 10月 2010 11:51)

    まず、ランド回避任務遂行作戦、大成功ですね(*^^)v

    郊外で、ガソリンの穴場ってあるりますよね。
    ちなみに、大阪では、和歌山方面が穴場なのです。

    花寿司っていうんですか。隠れた千葉名物!
    きれい! おいしそう。
    かわいい蝶々やぁ。花さんぽにはぴったりですね。
    千葉名物といえば、落花生しか知らないのですが、茹でがあるんですね!


    ところで、写真にタッチしたら、スッと、拡大写真が出てくるの優れ物ですね。
    この前から、アイパッドタッチやなぁ(持ってないですが^_^; )って感心してます。
    素早く出て。直ぐ消えるのがいいですね。

    サンゴそっくりなキノコ? なんで海のもんが山に!

    コシオガマなんですが、これこれこれ、これが調べきれなくて、
    私がまさに、ひなのきんちゃくさんに、お聞きしようと思っていたお花にとっても似ているのです。

    ところで、コシオガマにしては、葉っぱが、ギザギザした切れ込みがないのですが、
    いかがでしょうか。
    スズムシソウの新種、ユキミバナにも似ているのですが、判別がつきません。

    すみません。よかったら、私が撮った写真、趣味人でお送りしたいですが。
    この前、若狭町の瓜割の滝周辺にたくさん生えていました。
    かわいらしくて、初めて見ましたので、気になっているお花です。
    ややこしいことをいいましてもうしわけありません<(_ _)>
    http://hanamist.sakura.ne.jp/flower/gouben/kitune/yukimi.html参考になれば

    修飾語のつかないホトトギス、考えたことなかったですが、あるんですね!
     
    わぁ!スタァ(ご主人様)初登場! 水も滴るにならなくてよかったですね(^◇^)

    大文字草かわいいですね。これは、誰が名付けても大文字草になるような^_^;

    イズノシマダイモンジソウ、アップでよ~くわかります(*^^)vありがとうございます。


    東京ツリー、いっぺん見てみたいです。押上ってところにあるそうですね。
    ミーハーで、困ったものです ┐(-。-;)┌ yareyare

  • #4

    hanasanpo (月曜日, 25 10月 2010 13:39)

    あひるさん
    花寿司は芸術的です!
    茹で落花生はおいしいですよ〜

    拡大写真はKenのアイデアです。
    私は一切こういったテクニックはないので..
    さすがにスゴイと感心しております。

    コシオガマはちょっと小さめなので分かりにくいですが..
    これはコシオちゃんで間違いないと思います。
    ユキミバナは関東には自生していないので、
    あひるさんが若狭でみたものは、おそらくユキミちゃんじゃないかな。
    今度写真見せてね!
    実はいつか見に行きたい花のひとつなんですよ〜
    キツネノマゴ科イセハナビ属スズムシバナも一緒ですね。
    これまた見てみたいです〜
    いつか近畿出張しなくっちゃー

    東京スカイツリー新名所として賑わっているようですよ。
    押上って下町で注目浴びなかった街ですね〜
    これで大賑わいになって町の人は大喜びでしょうね。
    登る価値はあると思いますよ!

 

HOME  Dairy-Hiroダス

 

メモ: * は入力必須項目です