HOME < Dairy-Hiroダス < Dairy-Hiroダス2010             ←前へ  次へ→


9月14日(火)      トラキチラン

 

日曜は早起きしてでも山梨へ行こうと決め込んだ!

しかし〜お寝坊してしまったよー

ちいー!渋滞が恐ろしいや〜

でもお寝坊のお陰で、逆に渋滞緩和されていた。

 

ヒナノキンチャク
ヒナノキンチャク


とても静かな河原に着いた。

釣り人くらいしか入って来ないだろうな〜

ススキが沢山揺らいで、こんなに暑くても

秋なんだと感じます。

 

Kenは長靴を履き込んで歩き出す。

ひゃ〜ヒナノキンチャクがこんなところに

沢山咲いているよ!

大水が出たら流されてしまうだろうに〜

こんな厳しい環境に生きるのだね!

岐阜のキンチャクちゃんとは異なる環境だが..

この子はすごい生命力を持っている。

 

 

トダイアカバナ
トダイアカバナ

 


お〜見たかったトダイアカバナが..

水没しそうな川ぎりぎりの場所に咲いている。

過酷なのに、どうしてここで生きることを

選んだのかな。

細かな赤い葉っぱが特徴ね

 

 

 

トダイアカバナ
トダイアカバナ
カワラニガナ
カワラニガナ

.

 

カワラニガナが午前中なら咲いているということだけど..

みつからないわ〜

Kenがこれは?というので見てみると..

うーんこれだと思う!

他には見つからなかった。

 

カワラニガナ
 カワラニガナ
カワラニガナの根生葉
 カワラニガナの根生葉

.

せっかくここまで来たことだし...

前回終わってしまっていたトラキチランを諦めきれず、

再度探査に向かうことにした。

 

前回より気合を入れて、わっせわっせと歩いてみた。

う〜んやはりいないのかな〜トラさんと縁がないのかな..

諦めかけた時に..ほんのりと黄金色が目に入った!

「うわ〜いたよ〜!」(静かに心でバンザイした)

5株も揃って咲いていた!!

これがトラさんかー

 

トラキチラン
トラキチラン

なんとも言えぬ魅惑の花ですね。

ご褒美に咲いてくれたのかなと感謝で一杯になる。

二度とお目にかかれないかも知れないので...

二人して懸命になって撮影しまくってしまいました。

出会えたことに感謝し..そっと苔で花を隠して、

トラさんとお別れしました。

やっと念願のトラキチランに逢えて、ウホウホしながら

下山しました。

 

 

 

今回過酷な河原に咲く花を観察して..

我々も過酷な環境にも逃げることなく、

這いつくばって生きなきゃならんのや〜などど思いました。

しかし..ばて気味になってきた昨今〜

いつまでも若い頃のようにはいかんのだと感じることも

多くなりました。

 

おかんが..「ずっと頑張って働き続けて来て、更年期の年齢に

なったのだから気をつけなさい」そう言葉をくれて..

子供の頃おかんが嫌いだった私は、やっと大人になって素直に

感謝出来るようになりました。

はつらつおかんはきっと私より長生きすると思いますわ〜

 

花さんぽは人生を振り返ったり、幼い頃を回想したり、生きる

ヒントをもらったり..

相棒のKenといつまで一緒に繰り出せるかわかりませんが、

ひとつひとつ花を見て行けたらと願っています。

 

 

◀前へ | 次へ▶

 

HOME  Dairy-Hiroダス

 

メモ: * は入力必須項目です