HOME < Dairy-Hiroダス < Dairy-Hiroダス2010           ←前へ  次へ→


9月8日(水)     ナガレコウホネ


週末はナガレコウホネを探しに栃木にレッツゴー!

イヤイヤ〜本日も猛暑なり〜

どんどん気温上昇していくー

車の外気温は40°になったぞ〜おそろしやー高熱じゃないか!

 

 

ナガレコウホネ
ナガレコウホネ  2010.09.04 撮影


川べりに着いた...

う〜ん..いるかにゃー

「わ〜黄色いのがポンポン見える〜」

川の水が澄んでいて清らかだー!

こんな川は子供の頃身近にたくさんあったよ〜

足をつけたくなる泳ぎたくなる..

童心に帰りたくなった!

小学生の時に流された川にそっくりだ〜

 

 

ナガレコウホネ
ナガレコウホネ

 

撮影は遠くからになってしまい、私のカメラでは限界がある。 持ってきた長靴を履いて接写してみることにした。

 

猛暑だが... 川の水は冷たくて気持ちイイ!

水に入るとなんだか生き返ったように暑さも感じない。 野っ原育ちの血がさわぐ、本来の居場所に戻ったような気分だ。

 

Kenは「あじーあじー〜」と汗だくになり気分急降下している。

 

キャッホー!ってな感じでナガレコウホネちゃんに接近し、私はひとりで楽しんでいる。

なかなか複雑な構造よ〜芸術的だわー 泳ぎながらそばで見ていたいな〜

根を傷つけたらいかんので、慎重にそばに寄っていました。

 

あや〜ちょっと上流に裸のおじさんが見えたような...

農作業の方が汗を流しているのかなと思った。

昔はみんな農作業の泥汚れなんか川で洗ったものね。

いや〜河童の三平かな!(ゲゲゲにハマリ過ぎじゃ〜)

 

 

ナガレコウホネ
ナガレコウホネ
ナガレコウホネ(蕾)
ナガレコウホネ(蕾)

 

Kenにも長靴入水を促すが...

「いい!」とあっさり..まったく〜入ってみなさいよ〜気持ちイイのにさー

都会っ子なんじゃわねー猛暑でふてくされてんのか〜 おもろないね〜

 

この川辺りだけか〜もっと上流は?と歩いてみた。

さっき河童の三平がいたあたりに着くと..

おや、Tシャツと真っ黒パンツが脱ぎ捨ててあるぞー

でも人がいないよ〜

「やっぱ三平だったのか!」

そのままもう少し歩いてみてもナガレコウホネは咲いていなかった。

 


引き返すとおじさんがパンツを履いて座っていた。

へへ〜おじさんうまく茂みに隠れていたなー

散歩で歩いていたようだが、あまりに水が綺麗で

気持よさそうだったので、

全裸で泳いでいたそうです。

まさか人が来るとは思わずに慌てて隠れたそうです。

わかりますよー泳ぎたくもなるよね!

ナガレコウホネを見に来たんだと話したら..

昔はもっとたくさん咲いていたよと、

魚もたくさんいたんだと。

もしかしたら私の知っている山からの水が

流れているのかと聞いたら..

やはりそうだった。

思わぬ河童の三平との遭遇に楽しい散策となった。

 

 

もしかしたら子供の頃見ていたのかも知れないねと思うと..

また子供の頃にタイムスリップしてみたいよ〜

ナガレコウホネの蕾は木琴のバチみたいで可愛らしいものです。

やはりこんな環境のそばで暮らしていたいなって思います。

また来年ナガレコウホネの様子は見に来たいです!

 

ガガイモ
ガガイモ
コメント: 2 (ディスカッションは終了しました。)
  • #1

    yamabaka500 (土曜日, 11 9月 2010 06:36)

    HOMEのナガレコウホネ・・・スゲエ!どうやって撮ったのだろう、
    水に入って撮ったのだろうか、まさか・・・?
    やはり水に入ったのですね。
    納得しました。
    意気込みの違いを感じました。
    ハプニングは思い出ですね。
    まだそういう場所があるとは・・・・と言うよりも、
    人間の素直な行動かもしれませんね。

  • #2

    hanasanpo (土曜日, 11 9月 2010 10:52)

    はい、あまり入り込むと根を痛めてしまう可能性があるので、長靴で入れる、岸から1メートルあたりから手を伸ばして撮影しました。
    本当に清らかな流れで、魚も泳いでいました。
    動画ではハグロトンボが乱れ飛ぶ様子も見れます。

 

◀前へ | 次へ▶

 

HOME  Dairy-Hiroダス

 

メモ: * は入力必須項目です