HOME < Dairy-Hiroダス < Dairy-Hiroダス2013           ◀ 前へ 下へ▼ 次へ ▶ 

 

 6月30日(日)     憧れの君がいた

 

土曜日の花友さんの連絡からすでにハイテンション、

早起きして東海地方に向かう。

 

新東名は意外にも空いていて、快適なドライブでした。

3時間半ほどで、花友さんの別荘に到着。

ピタリ地図通り、迷わずまっしぐらに着いたねえー

 

昨年八ヶ岳でお会いしてから2度目の再会。

快く迎えてくださり感謝、感激です。

かわいいワンくんの成長ぶりも見れて嬉しい~!

キンセイさんへの詳しいルートを教えていただき、

午後はウチョウランの自生地も案内してくださると・・

こんな夢のようなお花三昧はないわー

.

それでは早速、憧れのキンセイさんに会いに出発。

やがて教えて頂いた森に到着。

おや、この白い花は何だー?

イナモリソウのようで、ちと違うなあ。

後で調べたらシロバナイナモリソウだった☆

関東ではなかなかお目にかかれない花ですね!

 

 シロバナイナモリソウ (白花稲森草) アカネ科 イナモリソウ属
 シロバナイナモリソウ (白花稲森草) アカネ科 イナモリソウ属
 シロバナイナモリソウ かわいい!
 シロバナイナモリソウ かわいい!


おーコアツモリソウが~もう終盤になってしなだれてますねー

この花も不思議で魅力的ですね。

 

コアツモリソウ (小敦盛草) ラン科 アツモリソウ属
コアツモリソウ (小敦盛草) ラン科 アツモリソウ属

.

さー憧れの君は近くにいるんでしょう~

しかし・・目印に思えるものがたくさんあって良くわからない。

二人でずんずん森の奥に入っていく・・

かつては沢山のキンセイランが咲いていたようなんですが・・

盗掘が原因なのか(きっとそうだ)激減してしまったそうです。

見つからないよお~

「おー個体番号札があったぞ!」相方が見つけた。でも花はない。

 

全て個体番号札がついています。

地元の自治体が環境保全のためにつけているようです。

2株並んでいるのに、上部がちょん切られている。

どうしてこんなことするんだろう、花は植物の生殖器なのにー

 

辺りをずんずん進みながら・・番号札を4枚見つけたが花がない。

おかしいな~、一株咲いていたとおっしゃっていたのにー

ここまで来て見つからないなんて悲しいわあ~

1時間以上ぐるぐる探しまわった。

花友さんに何度も電話してみたがつながらない・・

半べそ気味になりながら、

もう一度花友さんの説明の原点に戻りやり直そうと思い、

スタート地点に戻りかけたその時に!!

 

黄色く輝くものが揺れて見えた☆☆

いたああああぁぁ~~(泣)

憧れの君は美しくそこに咲いていました!!

ひゃあ~あ~

優しげに凛と君は咲いているんだねー

 

 キンセイラン (金精蘭) ラン科 エビネ属
 キンセイラン (金精蘭) ラン科 エビネ属
キンセイラン
 キンセイラン

 

かっこいいランだ!と相方は言っています。

優しい雰囲気のランだと私は感じた。

キンセイラン、遠目には黄色く見えたけど、

黄緑色という感じですね。

懸命にかわりばんこに撮影。


そばには実をつけたカキノハグサもありました。

あーヒメハギ科のこのお花も見たかったなあ~


満足いくまでキンセイランの観察と撮影をしました。

あーよかったあ~!

 

キンセイラン
 キンセイラン

 

感激して車に戻る途中、終わりかけのクモキリソウも

見つかりました。

ようやく花友さんに電話もつながりました。

連絡が取れなかったことを気にして下さっていました。

無事に見つかったことをお伝えして、

ウチョウランの咲く地点に向かうことにしました。

 

花友さんご夫妻と合流し、一緒に昼食となりました。

花友さんといっても私たちから見ると大先輩であり、

ご立派な肩書きも持つ、大変偉い先生なのです。

私たちはただのお気楽夫婦で大変申し訳ない限りです・・

それでも本当に気さくにお話してくださり、

お花が縁ですばらしい方に出会ったことに

感謝せずにはいられません。

.

時間も迫っており、手軽に近くで見られるウチョウランの

自生地まで歩きます。

わあー咲いている!!

こんなにも咲いているんだあー素晴らしいー!

でも垂直な岩にいるので接近しての撮影は命がけだわね、

無理です。

 

 ウチョウラン  ラン科 ハクサンチドリ属
 ウチョウラン  ラン科 ハクサンチドリ属


手を伸ばせる範囲くらいですね。

でもでも・・川を挟んで崖の下に咲いてるのもいるよー

あー川を渡りたいと、うずうず・・

迷っているうちに、相方が川に入ると言い出して、

花友さんが杖にと棒を渡してくれた。

私も靴がぐしょぐしょになるのを覚悟で行きましたよ。

なんとか崖の下には行けましたが、

低い位置の花の場所は川底が窪んでいて、

腰まで浸かりそうなので諦めました。

 

ウチョウラン
 ウチョウラン

 

崖の上も花友さんの奥様が木につかまって撮影に成功した。

なんとか接近できるとわかったので、

私も木につかまり撮影してみた。

でも片手撮影でなーんかボケボケ写真だわ~残念。

 

川を渡ったのは私たちが初だと花友さんは笑っていましたー

ウチョウランも初めて見れたので、

興奮してしまったのかも、ですね~!

 

 松の木につかまり片手撮り。落ちたらタダでは済まない!
 松の木につかまり片手撮り。落ちたらタダでは済まない!
ウチョウラン
 ウチョウラン

 

未見の花三昧

充実の花さんぽとなりました。

花友さんご夫妻に大変お世話になりました。

快く迎えてくださり、確かな情報も頂いたお陰でございます。

一日お付き合いいただき、本当にありがとうございました。

 

帰路は休憩と食事を挟み、大渋滞にも巻き込まれ、

5時間半かかって帰宅しました。

貴重な花に出会えたので疲れも心地よい限りでした。

 

 

コメント: 6 (ディスカッションは終了しました。)
  • #1

    violaseed (金曜日, 05 7月 2013 08:22)

    趣味人から来ました。

    貴重な体験をされましたね~。
    ウチョウランは園芸として楽しまれる、山野草愛好家の方が多いですが
    鉢の中で見るより、自然の中で見る方が野趣あふれ、素晴らしいですね。

    でも、私なら足がすくんでしまいそうな崖での、決死の撮影。
    無事成功されて良かったです。
    お陰で貴重なすばらしいお写真を楽しませて頂きました。

    ご夫婦で同じ趣味を楽しまれるなんて羨ましい限りです(*^^)v

  • #2

    かのん (金曜日, 05 7月 2013 09:14)

    キンセイラン !素晴らしい姿ですね~
    こんなお花が自生している山は盗掘者には知られたくないですよね~
    ウチョウランの凄いところに咲いているんですね。
    命がけの撮影お疲れ様でした^^

  • #3

    hanasanpo (金曜日, 05 7月 2013 09:24)

    violaseedさん
    ごらん頂きありがとうございます。
    やはり自然の中で咲く花が一番素敵です☆
    育てるのをやめて、自然の中で楽しむことをしてほしいものです。

    どうしてもウチョウラン接近して撮影したくて、
    木につかまってみました。
    ここはウチョウランが健在で素晴らしい環境です。
    いつまでもここに咲き続けてほしいです。

    夫婦で同じ趣味をもてたことは良かったなと思っています。
    せっかちな私とのんびりの相方とで、
    喧嘩ありながら楽しんでおります。
    またいらしてくださいね!

  • #4

    hanasanpo (金曜日, 05 7月 2013 09:35)

    かのんさん

    キンセイランにやっと逢えました~
    何年も見たい見たいと騒いでいました。
    貴重なお花となっていますね。
    山野草業者、栽培愛好家など決して来るんじゃないよと、
    hiroの呪いをかけておきましょうー!

    ウチョウランは採りつくされて、
    生涯お目にかかれない花だと思っていました。
    素晴らしい花友さんのお陰で見ることが出来ました。
    感謝せずにはいられません。
    自然に咲く花を観察しているものにとっては、
    花友さんはかけがえのない存在です。
    私たちが交流している皆さん本当にいい方ばかりです。
    ずっと一緒に楽しんでいきたいものです。
    かのんさんもその一人でございます☆
    いつか一緒に花さんぽしましょうね!

  • #5

    yopi (金曜日, 12 7月 2013 09:16)

    キンセイラン、きれいに撮れていますね!

    イナモリソウというと、こちらではこの花です。
    ピンクのイナモリソウを見たくて、三河に行きます。(笑)

    今週、もう一度ウチョウランを見に行ってこようかと思ってます。

  • #6

    hanasanpo (金曜日, 12 7月 2013 21:24)

    yopiさん
    本当にありがとうございました!!
    yopiさんに足を向けて寝られません。
    ウチョウランまた見に行かれるのですねー
    また次の機会には、近くで美人さんを撮影したいと思います。
    素晴らしい環境なので、今度は宿泊して花さんぽしたいです。

    今後もよろしくお願いいたします。

 

◀ 6月29日 やっと見つけた |  7月3日 今年も咲いた ▶

 

キンセイラン  コアツモリソウ

 

他の掲載ページ

ウチョウラン 

 Dairy-Hiroダス

  2016年6月19日 ラン参り

 

シロバナイナモリソウ

 Dairy-Hiroダス

  2017年7月22日 ちょこんとかわいく

 

HOME  Dairy-Hiroダス

 

メモ: * は入力必須項目です