HOME  Dairy-Hiroダス                  ◀ 前へ  下へ▼  次へ ▶

 

. 5月5日(木)     こどもの日のお散歩

 

新潟遠征に行ってから、ちょいとヘトヘトに・・・

今日は連休最終日だし、新店ランチを試してから近くをお散歩だ。

 

新店のランチにはがっかり⤵

旨くない! それにランチで980円はお高めだあ。

美味いもんにありつけないと不機嫌になる~

 

気晴らしのお散歩・・

まだシュンランが咲いていた。

24株立の大株で見応えあり☆

健在でよかったなあ~

 

シュンラン (春蘭) ラン科 シュンラン属  こんな大株は他で見たことがない!
シュンラン (春蘭) ラン科 シュンラン属  こんな大株は他で見たことがない!

 

ここにはササバギンランがたくさんある。

ギンランは数を減らしたようだ。

 

ササバギンラン (笹葉銀蘭) ラン科 キンラン属  ピークは過ぎた
ササバギンラン (笹葉銀蘭) ラン科 キンラン属  ピークは過ぎた
ササバギンランの花の距はあまり目立たない
ササバギンランの花の距はあまり目立たない

.

ギンラン (銀蘭) ラン科 キンラン属  最近は数を減らしている
ギンラン (銀蘭) ラン科 キンラン属  最近は数を減らしている
ギンランの花の距は鋭く突き出す
ギンランの花の距は鋭く突き出す

 

キンランはピークを過ぎましたが、

まだまだ見ごたえあるものもあった。

白花と呼んでもよさそうな、色白のキンランもありました。

 

 

キンランの開花株数は、例年と変わらないように見えた
キンランの開花株数は、例年と変わらないように見えた
キンラン (金蘭) ラン科 キンラン属  見頃の花もあった
キンラン (金蘭) ラン科 キンラン属  見頃の花もあった
キンランの花 陽光の下で輝いていた
キンランの花 陽光の下で輝いていた
シロバナキンラン・・かも知れない個体。 状態はあまりよくなかった
シロバナキンラン・・かも知れない個体。 状態はあまりよくなかった

 

ムサシノキスゲが開花。

キスゲフェスしてるみたいだから、人出が多いこと~

ムサシノキスゲ、なんだか以前より減った気がします。

 

ムサシノキスゲ (武蔵野黄菅) ユリ科 ワスレグサ属
ムサシノキスゲ (武蔵野黄菅) ユリ科 ワスレグサ属

.

オオバノトンボソウは今年も咲きそうだな。

ジュウニキランソウは残り花が・・

 

オオバノトンボソウの葉  新自生地発見。ここでは7月初旬に開花
オオバノトンボソウの葉  新自生地発見。ここでは7月初旬に開花

.

 ジュウニキランソウ (十二金瘡小草) シソ科 キランソウ属 母種は見当たらない
ジュウニキランソウ (十二金瘡小草) シソ科 キランソウ属 母種は見当たらない

 

ハンショウヅルが開花していたけれど、

どうしてこんなにも勢いがなくなったのか?

絡ませるための竹を組んでいるのですが、

必要ないくらいに数が減少してしまった。

とても残念だ。

 

ハンショウヅル (半鐘蔓) キンポウゲ科 センニンソウ属  花数がとても少なくなり元気がない
ハンショウヅル (半鐘蔓) キンポウゲ科 センニンソウ属  花数がとても少なくなり元気がない

 

この里山に保水力がなくなったのでは?と相方が言う。

山の一部で、大々的に木を伐採したのも、

何か関係があるのかも知れない。

 

ハンショウヅル  年々衰退しているように見え、少し心配
ハンショウヅル  年々衰退しているように見え、少し心配

 

ぷらぷらさんぽでも汗だく~

喉の渇きに耐えられなかったので退散だあ。

山歩きでのマスクをやめたい~~

人が特に密な場所以外はいらないんじゃないかと、

わたしゃ感じております。