HOME  Dairy-Hiroダス                  ◀ 前へ  下へ▼  次へ ▶

 

. 8月4日(土)    なんじゃこりゃー

 

暑すぎる毎日にうんざりですねえ~

私は今、何よりもスイカが美味い!

 

この地元は変わったお盆の時期で、世間一般より早い。

このところは、ずーっと忙しい日々でした。

のんびり休みもないので、ちょいと日帰りでお出かけ。

普段は人が植えた花には全く興味がないのですが、

1鉢のナツエビネから1万株に増やしたという個人のお山です。

こうもランが増えるものなんだかと不思議な気がして、

見に行ってみるかとなりました。

 

椎茸栽培をしていたという杉林の中です。

地元の方々が多くの人に見に来て欲しいと、

駐車場から案内まで、協力体制で迎えてくれます。

 

ナツエビネの入口付近。地元の方が駐車場を教えてくれた
入口付近。地元の方が駐車場を教えてくれた
無料駐車場入口にも何人か控えてくれていた
無料駐車場入口にも何人か控えてくれていた

.

「ゆっくり見てってね!」という声を聞きながら入口から入ると、

いきなり・・ なんじゃこりゃ~!!

ナツエビネの畑です。

 

右にナツエビネの大群が!
右にナツエビネの大群が!
左にも数え切れないほどのナツエビネが!
左にも数え切れないほどのナツエビネが!
もちろん正面にもナツエビネ! 驚くべき数です。 周囲は柵で囲われ動物や人の侵入を防いでいます
もちろん正面にもナツエビネ! 驚くべき数です。 周囲は柵で囲われ動物や人の侵入を防いでいます
ナツエビネ (夏海老根) ラン科 エビネ属
ナツエビネ (夏海老根) ラン科 エビネ属

 

こんなにもなると、ありがたみがないのが正直なところですが、

よくぞこれほどまでに増やせたものだと驚きます。

薄暗い林の中で斜面にもなっているので、風通しも良いのか。

地面にあるレンガ大の崩れたような土の塊は何かと思っていたら、

育てている方が、使用済の椎茸の菌床だと教えてくれました。

肥料になり、廃棄物の有効利用にもなっていようです。

 

葉が大きく花つきもよい。 大変良好な生育状況でした。 肥料のお陰?
葉が大きく花つきもよい。 大変良好な生育状況でした。 肥料のお陰?
ナツエビネは立派な株ばかりで、まだツボミもたくさんあった
立派な株ばかりで、まだツボミもたくさんあった
ナツエビネの花  いつ見ても優雅です
ナツエビネの花  いつ見ても優雅です

 

野生のものと比べると、栄養豊富なのか株が大きく、花数も多い。

これだけ見ちゃうと、一生分見ちゃったかもねと感じてしまいました。

野生種の素晴らしさや美しさには叶いませんが、

ナツエビネの花園ってのはありませんね。

クマガイソウなどはありますけれど。

コツコツ増やしていった地主の方の努力に頭が下がります。

.

人の手が入った場所なので、やはり心躍りはしませんが、

この林に他に何か咲いてないのかと探っていると、

トチバニンジンツルリンドウトンボソウが咲いていました。

 

トチバニンジン (栃葉人参) ウコギ科 トチバニンジン属 果実になっていた
トチバニンジン (栃葉人参) ウコギ科 トチバニンジン属 果実になっていた

.

ツルリンドウ (蔓竜胆) リンドウ科 ツルリンドウ属
ツルリンドウ (蔓竜胆) リンドウ科 ツルリンドウ属

.

ナツエビネの群れの中にトンボソウも咲いていた。 5株発見
ナツエビネの群れの中にトンボソウも咲いていた。 5株発見
トンボソウ (蜻蛉草) ラン科 トンボソウ属  まだ見頃
トンボソウ (蜻蛉草) ラン科 トンボソウ属  まだ見頃

 

ここは無料で開放されています。

せめてものお礼で、地主さんの椎茸とオクラを購入してきました。

ナツエビネをなかなか山に探りに行ってまでは

探せませんという方には、よい場所でしょう。

この花園のナツエビネなら、誰でも気軽に見られます。

 

ここまで来たら、またシモツケコウホネを見に行ってみようかと、

向かいました。

途中、鬼怒川の鮎のヤナ場を備えた食事処を見つけて立ち寄ります。

ヤナ場を見てみたいのと、遅いお昼休憩をしたかったのです。

 

鮎のヤナ場 初めて間近で見た
鮎のヤナ場 初めて間近で見た
見ている間に鮎は打ち上がらなかった
見ている間に鮎は打ち上がらなかった
鮎は取っても持ち帰れずこのイケスに入れるらしい
鮎は取っても持ち帰れずこのイケスに入れるらしい

 

川端なので涼しいのかと思いきや、この辺りでも暑いですわ。

アユの塩焼きと、最近疲れがたまっているので、うな丼にしました。

ヤナ場を眺めながらいただきます。

ちっこいうなぎやなあ~、と思いましたが、

お値段相当で量もちょうどよく、十分においしいうなぎでした。

 

鮎もおいしく焼かれていた
鮎もおいしく焼かれていた
やや小さめながら、おいしかったうな丼
やや小さめながら、おいしかったうな丼

.

わずかなせせらぎの中、シモツケコウホネは咲いています。

本当にごく限られた地域にしか咲いておりません。

 

シモツケコウホネ (下野河骨) スイレン科 コウホネ属
シモツケコウホネ (下野河骨) スイレン科 コウホネ属
シモツケコウホネは、世界中でこの周辺だけに咲く沈水性のコウホネ属です
シモツケコウホネは、世界中でこの周辺だけに咲く沈水性のコウホネ属です

 

以前よりも整備が進められたかなあという印象です。

黄色くぷっかりと立ち上がって咲いている姿はかわいらしい。

 

シモツケコウホネは2006年に新種として発表された、新しい種です
シモツケコウホネは2006年に新種として発表された、新しい種です
シモツケコウホネの外周の花弁に見える部分は萼片。 中央部の米型の部分は柱頭盤、放射状に多数あるのは雄しべ
外周の花弁に見える部分は萼片。 中央部の米型の部分は柱頭盤、放射状に多数あるのは雄しべ

水上からは水中の葉が見えにくいので、ちょっと潜ってみました

.

せせらぎにはミクリも咲いていましたよ。

 

ミクリ (実栗) ミクリ科 ミクリ属
ミクリ (実栗) ミクリ科 ミクリ属
ミクリは花序の上部に雄性頭花、株に雌性頭花をつけます
ミクリは花序の上部に雄性頭花、株に雌性頭花をつけます

 

貴重なシモツケコウホネがいつまでもこの地に咲き続けますように。

びっくらナツエビネ園と、シモツケコウホネ再びの一日でした。

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    なな (水曜日, 15 8月 2018 14:22)

    一生分のナツエビネ凄いですね。チト遠すぎて見に行けません(>_<) 
    此方では今年はナツエビネの綺麗に咲いたのが少ないです。オオナンバンぎセルがきれいに咲いた年は良いのに出会えるジンクスが破れました(私の決め事です)。
    諦めて主様に教えて頂いた ハマサジを探しに行ってきました。場所を知らないので 何キロ海岸歩くだろうか(・・?と言う覚悟で出発。 でも花が呼んでくれ無事ご対面出来ました。塩生植物も教えて下さいね。いつもとても参考になり教科書にしています。ありがとうございます。

  • #2

    Hiro (木曜日, 16 8月 2018 08:51)

    ななさん
    ナツエビネ今年は暑いので、いい状態のものがないと聞きます。
    ここのは自生ではないので感動は薄いものでしたが、
    ここまで咲いていると圧巻でした。
    ハマサジ見つかって良かったですね!
    海岸整備が進むと咲けなくなるので、貴重な自生地であると実感しました。