◀ 前ページ

ニリンソウ

4. なぜ図鑑は解説しない?

 

 以下に4組の写真を掲載しました。 右の写真(−b)は、左の写真(−a)の一部を拡大したものです。 すべての写真に、赤い矢印で示された部分があります。 これらは何であると思われますが?

 

#21−a ニリンソウの苞
#21−a
#21−b ニリンソウの苞
#21−b

#22−a ニリンソウの苞
#22−a
 #22−b ニリンソウの苞
#22−b

#23−a ニリンソウの苞
#23−a
#23−b ニリンソウの苞
#23−b

#24−a ニリンソウの苞
#24−a
#24−b ニリンソウの苞
#24−b

 

 赤い矢印で示した部分は、いったい何でしょう? 萼の下、花柄の基部に1対または数個あって、披針形で長さ10mmにも満たない、緑色の葉のようにも見える器官・・

これは「苞(苞葉)に違いない!」と思いました。

 

 さっそく図鑑や文献(*1〜*6,*12)を調べましたが、この器官について「一言も」述べられていないのです。 さらに所有する図鑑類を片っ端から引っ張り出し、入門者用のポケット図鑑から花のガイド本に至るまでしらみ潰しに調べましたが、この器官について触れた解説は皆無でした。 詳細な絵がある図鑑では、ちゃんとこの器官も描かれているのに、解説はない。

 

 小さな器官ですが、明らかに花の他の部分とは異なるものです。 詳細な解説がある大判の図鑑も含めて、一切語られていないとは、どういうことなのでしょうか?

これは何かの陰謀か?!

 

 そんな陰謀があるワケないので、気を取り直して今度はネットで検索しまくります。 筆者が気付いたのだから、きっと他にも気付いた方がいるハズです・・ かなりの数のホームページやブログを見ていたら、ありました! 「3枚の輪生する苞葉の上に、2枚の細長い葉が見えますが、これはいったい何なのでしょうか」と気づかれている方がいらっしゃいました!(*13) 筆者以外にも疑問に思っている方がいたとわかり、ちょっと一安心。

 

 さらに調べ続けるとこの器官について詳細に述べられているページを発見(*8)

>>こちら。 この器官は、やはり苞で間違いないようです。 このブログの筆者の方はかなり植物にお詳しいのでしょう。 感謝いたします。

 

 やっとスッキリできましたが、図鑑がなぜ苞について解説してくれないのか、その理由は想像するしかありません。 スペースの制約が厳しいハンディ図鑑なら理解できますが、詳細な解説が売り物の大判の図鑑で解説されていないのは不思議です。 解説するにも値しない部位だと判断されたのでしょうか・・?? もしそうなら、ちょっとニリンソウが気の毒です。 そんな気持ちもあって、写真を4組8枚も使ってご紹介しました。

 

 図鑑には解説がない小さな苞(葉)の存在を発見したことが、このページを作成した最大の収穫でした。

 

 

■ 送粉者...?

 

#25 ニリンソウの花を訪れたルリマルノミハムシ
#25 ニリンソウの花を訪れたルリマルノミハムシ

 

 ニリンソウの送粉者は、コハナバチ属やヒメハナバチ属などの小型のハナバチ類(*5)や、ハナアブ類、ハエ類(*6)が報告されています。 残念ながらこれらの昆虫が訪花したところをとらえた写真は撮影できていません。

 

 #25はニリンソウの花に訪れた、ルリマルノミハムシと思われる昆虫です。 ニリンソウの花に蜜はないので、花弁か花粉を食べに来たのかも知れません。 このハムシが送粉者となり得るのか不明ですが、よく見ると背中に花粉のような粉状のものがついています。 もし他の花にいって花の上を歩き回ったら、受粉して送粉者としての役割を果たすかも知れませんね。

 

 
         ページ:  1      2      3      4    
 

 

< 参考・引用させていただいた文献・図鑑や外部サイト(順不同・敬称略) >

 文献・図鑑などの著作物や、個人・法人のWEBサイトには著作権があることをご理解の上、ご利用下さい。

 

*1 牧野 新日本植物圖鑑  北隆館 1961年6月30日初版発行 p.178

*2 日本の野生植物 草本2 離弁花類  平凡社 1982年3月31日 初版第3刷 p.67,69

*3 山渓ハンディ図鑑1 野に咲く花  山と渓谷社 2013年3月30日 初版第1刷 p.235

*4 山渓ハンディ図鑑2 山に咲く花  山と渓谷社 2013年3月30日 初版第1刷 p.237

*5 林床景観要素としてのニリンソウの生活史特性 1992年 北海道立林業試験場 佐藤創

   こちらから閲覧可能

   J-Stage  日本林学会北海道支部論文集 40 巻 (1992) / 書誌

*6 東京農業大学厚木キャンパス(神奈川県)における早春植物ニリンソウ(Anemone

   flaccida Fr. Schm.)の季節消長とその生育環境 2009年 宮本太 桑原美代子

   こちらから閲覧可能

   AgriKnowledge  掲載ページ

*7 YList 植物和名ー学名インデックス  ニリンソウ

*8 仙台方面いなか丘陵周辺ぷち植物誌  ニリンソウ

*9 Wikipedia  ニリンソウ

*10 厚生労働省  有毒植物に要注意

*11 食品衛生の窓  トリカブト類(キンポウゲ科)

*12 山渓カラー名鑑 日本の野草  山と渓谷社 1986年11月1日 第12刷 p.480

*13 しろうと自然科学者の自然観察日記  2016.04.18 ニリンソウの群落で花が・・

 

※ 外部サイトは、それぞれの運営者の都合により、変更・削除されることがあります。

  最終閲覧:2020.05.20

 

2018.04.28 掲載

2018.05.13 1ページ構成から4ページ構成に変更

 

HOME  野山の花アルバム  和名一覧  花色検索トップ  キンポウゲ科 

 

ニリンソウに近い仲間たち(キンポウゲ科 イチリンソウ属)

イチリンソウ  サンリンソウ  ミドリニリンソウ

 

 

ニリンソウが掲載されたページ

 Dairy-Hiroダス

  2020年5月3日 移ろいゆく里山

  2020年4月5日 里山歩き

  2019年4月7日 やっと春らしく(10個の萼片を持つ花)

  2019年3月17日 アイドルは流された!

  2018年3月31日 花より椎茸

  2017年4月13日 丘陵歩き

  2017年4月10日 ニリンソウの小径

  2017年3月22日 都下の陽だまり

  2016年4月30日 GW突入 軽井沢花さんぽ

  2016年4月2日 Kenのルーツ?! の里に咲くイワウチワ

  2015年4月19日 高尾周辺花さんぽ

  2015年3月27日 やっと春本番

  2015年3月15日 かわいい満開

  2014年6月1日 ここだけに咲くスミレ

  2014年4月12日 ぐる〜り巡った花さんぽ(前編)

  2014年3月29日 桜も咲いたのに

  2013年4月2日 清瀬のお花たち

  2012年4月12日 お山にも春が来た

  2011年5月9日 筑波山のヤマトグサ

  2011年4月17日 春のセツブンソウ自生地

 

 花さんぽ

  2008年3月22日 玉川上水の花

  2007年3月11日 高尾山の花(東京都)3/4

 

 

ご意見・ご感想・間違いのご指摘などは、下のフォームからお願いします。