HOME < Dairy-Hiroダス < Dairy-Hiroダス2011               ←前へ  次へ→


 6月19日(日)      都立公園

八王子の都立公園
 八王子市の都立公園

 

今日は父の日ですね。

私は仕事でした。今年は父の日に向けて

和菓子も送るお客様も多かったですよ。

震災の影響なのか・・父親の存在を大事に思う

心の表れでしょうか。

もう、父の日にプレゼントを贈る父がいません・・

寂しいですね。

父が亡くなって、初めて父の夢を見ました。

「思いがけず死んでしまって、お前ともっと

話したいことがあったのに ごめんな・・よろしく頼む」

そう言って、にこにこ笑っていたのです。

 

家でにこやかに笑うことは少なかった人ですが、

笑顔がチャーミングな人でした。

子供が可愛い、大事だなどと口にして言うタイプの

人じゃなかった・・

でもでも何かピンチの時にはすっ飛んできて、

自分に出来ることをはっきりと行動に示す、

そんな優しい父でした。

私と娘を守ると言ってくれた事もあったなあ~

おとんがいない父の日は、おとんに感謝の日にしよう!

 

世の皆さん「父の日」プレゼントが全てじゃないです。

お父さんあっての生活がある幸福に感謝いたしましょうね~

 

さて、昨日は大好きな佐野元春氏のデビュー30周年

アニバーサリーライブでした。

本当は3月12日が予定だったのです。

大震災の翌日ということで中止になったのです。

夜18時からのライブ・・時間まで余裕あるので、

ちょろっと花さんぽに行って来ました。

 

八王子市にある都立公園です。

アオテンマが咲いているとの情報を得たので

行ってみることに~

丘陵になっていて、まわりは住宅街です。

湿地もあり、開発を逃れた雑木林が広がっています。

夕方はライブだし・・

急いで花さんぽだ~


 

管理事務所があるので情報収集

ご丁寧に今どこで何が咲いているのか、

マップにポイントが記してある。

こりゃーお急ぎ花さんぽにはありがたやー

 

ふ~んキキョウソウが結構咲いているんだねえー

帰化植物には心躍りませんな~

湧水も出ていて、湿地になっている。

こんな場所があったのねー東京の市街地に〜


キキョウソウ  北米原産の帰化植物
キキョウソウ  北米原産の帰化植物

.

クヌギの林の中にオニノヤガラがにょきーっと出ている。

余りに遠く私のカメラじゃだめじゃん。

Kenに託して、私はテンマ探し・・

テンマって昔・・天馬ルミコってアイドルいたなあ~

「教えてください神様♪」なんて歌っていたっけ~

おそらく同世代やなあー

 

オニノヤガラ 写真中央にいますが... 遠過ぎ!
オニノヤガラ 写真中央にいますが... 遠過ぎ!
オニノヤガラ 今の一眼レフのレンズではこれが限界!
オニノヤガラ 今の一眼レフのレンズではこれが限界!
オニノヤガラ 900mm相当のコンデジで撮影
オニノヤガラ 900mm相当のコンデジで撮影

 

さてさて、なんだかみつからないよー、アオテンマ

終わってしまったのか・・

Kenがあれではないかと言うので、

近づいてみた・・どうやらこれのようだ。

もう終わりかけているね。

なんとなく緑っぽいし・・アオテンマだね。

シロテンマもあるんだよねーいつか見てみたい。

 

アオテンマ  花期は過ぎていました
アオテンマ  花期は過ぎていました
アオテンマ  暗くてボケボケです
アオテンマ  暗くてボケボケです

 

他にはオカトラノオの咲き始めや、

コバノカモメヅルがきちんと守られていて、

棒に絡みついていました。

スズメバチも活動を始めています。

クマさんより怖いよ~

先週、信州でもスズメバチには気をつけてねと言われた。

「事故」はスズメバチの被害が一番多いと話していました。

 

この公園は、楽ちん花さんぽにはなかなかいい場所だわ~

また来てみよーっと。

 

そんなわけで・・お急ぎ花さんぽは終了。

自宅に戻って一休みして、有楽町に向かう。

駅に着くと雨足が強くなっていた。

国際フォーラムはライブを心待ちのファンでいっぱいです。

「ニューエイジ割引」があって、元春らしい粋な計らいだ。

対象年齢は忘れたけれど、子供連れのチケット分を

割引・返金してくれる。

祝福のお花も沢山届いていて・・野茂君のもありました。

マスコミや記者の取材陣も多かったようです。

 

佐野元春 デビュー30周年記念ライブ会場にて
佐野元春 デビュー30周年記念ライブ会場にて

 

席は前から8列目だけど~ 思いっきり右端で、

実質、前から3列目。

わおー!巨大スピーカーが目の前だ。

 

国際フォーラムでライブをすると・・

幕が開く前にお約束でフランク永井の

♪有楽町~でー逢いましょね~♪ が流れる。

会場はクスクス笑っている。

続いてラジオドラマ仕立てのカップルの会話が流れる。

元恋人同士が偶然に有楽町で出逢った。

未だに彼は音楽を続けていて、これからステージに立つという・・

 

じゃかじゃ~ん!

幕が上がってライブがスタート☆

オープニング曲は「君を探している」だー

大迫力のスピーカーから強烈な音圧が胸を叩きつける~

どひゃーこれは気分悪くなるかも・・と不安になった。

髪の毛も揺れまっせ~

いやいやー前列はいいけれど、スピーカー前は厳しいね。

死人も驚いて生き返りそうなほどの音圧だ。

それでも、30周年を迎えた記念すべきライブ

しっかり目に焼き付けようと楽しみました。

 

約3時間ノンストップで全24曲を歌い演奏してくれました。

すごいですーすご過ぎます!

元春もバンドのメンバーもー

ほぼ全員50代なんですよ。

恐ろしき体力とパワーだ。

素晴らしい持久力と健康な体を持ち合わせているからこそ

なんだね。

日本の№1バンドだと思っています。

 

「音楽がなくても生きていけるけど、音楽があったおかげで、

見える景色が広がりました。若葉の頃から始めた音楽で、得

たり、なくしたりをくり返しながら、出会った人々すべてに

支えられてここまでやって来れました。僕の作った音楽を愛

してくれて、本当にありがとう」

とファンへのメッセージをくれた。

 

佐野元春氏は天使のような人です。

彼が発信してくれる音楽をこれからも聴き続け、エネルギーに

変えてあらゆる困難にも立ち向かいながら生きていこうよって

思います。

 

 

コメント: 2 (ディスカッションは終了しました。)
  • #1

    かのん (木曜日, 23 6月 2011 07:06)

    オニノヤガラの緑色バージョンがアオテンマなのですね。
    綺麗な緑色が見られず、残念でしたね。

    私は、終わってしまったアオテンマを見たら、オニノヤガラと区別がつかないかも(笑)

    コンサート楽しかったようで、よかったですね。
    メッセージに共感できるファン同士、最高の時間でしたね。

    ところで佐野さんのコンサートも、最初から立ち上がるのですか?
    最初から最後まで立ちっぱなしのコンサートだったら、私には無理かも(笑)

  • #2

    hanasanpo (木曜日, 23 6月 2011 08:52)

    かのんさん
    アオテンマは緑色・・
    花の終わりじゃ~私もオニノヤガラじゃん!って思っちゃいました。

    佐野元春のライブも当然ながらの総立ちです。
    今回はノンストップ3時間ライブでしたので座ることはなしでしたが、
    途中音圧に負けて、バラード曲の時には座りました。
    観客も年齢層が高くなったので、前回あたりは休憩時間と着席タイムも設けていました。
    我々もしんどい年齢です~
    演奏している彼らの体力には驚愕しました。

 

HOME  Dairy-Hiroダス

 

メモ: * は入力必須項目です