HOME < Dairy-Hiroダス < Dairy-Hiroダス2012                 ←前へ  次へ→


4月12日(木)     お山にも春が来た

 

昨日(4月7日)の砂浜歩きでばててしまい、

のんびりと出かけました。

遠くに出る元気もないので、八王子市へ・・

おーもうコケリンドウが咲いているね!

 

ちょっと青みが薄いタイプだね。

相変わらずこのちびっこさがかわいい。

 

 コケリンドウ (苔竜胆) リンドウ科 リンドウ属  2012.04.08
 コケリンドウ (苔竜胆) リンドウ科 リンドウ属  2012.04.08

.

センボンヤリがにょっこり咲いてかわいいです。

よーく見るとくるりんとクロワッサンのようなものが見えるぞ~

とKenが興味深くみています。

 

 センボンヤリ (千本槍) キク科 センボンヤリ属
 センボンヤリ (千本槍) キク科 センボンヤリ属

 

タツナミソウが一株だけ開花、何タツナミだろう~

 

 タツナミソウ・・・
 タツナミソウ・・・
 左の花の葉。 コバノタツナミソウかな?
 左の花の葉。 コバノタツナミソウかな?

 

ゴージャスなタチツボスミレ(でいいのか?)発見。

びろーんと花弁が大きいタイプでした。

クサイチゴも咲き始めています。

 

 やけに大きなタチツボスミレ
 やけに大きなタチツボスミレ
クサイチゴ
 クサイチゴ

 

 


本日のランチはスーパー仕入れ、

一点100円未満お惣菜フルコースでござんす。

どれも安くてなかなかいけました。

しかし・・ 欲張って買い込んだけど

食べ切れませんでした。

 

 

じっくり歩こうと山に入っても・・

これといって花はなく諦めました。

これだけじゃつまらんと、裏高尾に向かう。

登山を頑張った人はもう下山し、お帰り歩きしています。

 

民家の石垣にオキナグサを発見。

このあたりに咲くはずだと知っていたものの

見るのは初めてでした。

普段は人が植えたものや園芸種などは撮影はしません。

このオキナグサは種が飛んでここに根付いたようなので、

撮影しました。

 

 オキナグサ (翁草)
 オキナグサ (翁草)
 オキナグサ  キンポウゲ科 オキナグサ属
 オキナグサ  キンポウゲ科 オキナグサ属

.

しかしー立派にたくさん花をつけてるね~

豪華だーここのお宅の自慢だろうね。

この石垣は隙間をコンクリートなどで固めていないから

植物が根を張るのでしょう。

ヒメスミレもた~くさん咲いていてーかわいいーとっても素敵です☆

 

ヒメスミレ
 ヒメスミレ
 ヒメスミレ (姫菫) スミレ科
 ヒメスミレ (姫菫) スミレ科

 

裏高尾の水辺も春爛漫のお花たちで綺麗です。

とってもお高いカメラを新調したような、おじ様が・・

(といっても同世代かもしれない)

「植物は良く知らないんだけれど、この白い花は何ですか?」と

「ユリワサビですよーかわいいですよね」

撮影したお花を見てにっこりしていました。

きっとお花に惚れ惚れして・・このおじさんも

お花に魅せられてしまうだろう~

 

私は最も花が好きなのは男性だと確信するのです。

もちろん私は女性でお花は好きだし

女性で花好きな人は当然たくさんいますが・・

総合してみてみると・・ どこにいっても

夢中でお花を見ているのは男性ですね。

花に対しての情熱がちょっと女性とは違うのではないかと、

勝手ながら分析しちゃってますが、そう感じるのですよね~

それに、お花をプレゼントする男性って多くありませんか?

ロマンチストなのは男性だわね・・

ふふふー現実主義なおなごは思うのだ。

.

キクザキイチゲ ユリワサビ ナガバノスミレサイシン ニリンソウ

ヨゴレネコノメ ヤマルリソウも咲き出していました。

花が遅れていたと思ったけれど・・

花の種類によっては、ちゃーんと適切な時期に咲き出すんだね~

 

キクザキイチゲ
 キクザキイチゲ
ユリワサビ
 ユリワサビ

ナガバノスミレサイシン
 ナガバノスミレサイシン

.

 ニリンソウ (二輪草) キンポウゲ科
 ニリンソウ (二輪草) キンポウゲ科
 ヨゴレネコノメ (汚れ猫の目) ユキノシタ科
 ヨゴレネコノメ (汚れ猫の目) ユキノシタ科

 ヤマルリソウ (山瑠璃草) ムラサキ科
 ヤマルリソウ (山瑠璃草) ムラサキ科
ヤマルリソウ
 ヤマルリソウ

 

本日のおみやげでタカオスミレが見られたら~と思いましたが、

残念ながらタカオくんはまだ咲いていませんでした。

親切なご夫婦が咲き出す場所を教えてくれました。

あーいい人に出会うと気分いいな。

 

 タカオスミレの葉
 タカオスミレの葉

.

ヨウラクランちゃんも今年も元気に咲いてくれそうです!

 

 ヨウラクラン (瓔珞蘭)
 ヨウラクラン (瓔珞蘭)

 

新しい発見はありませんでしたが・・

元気に歩けてお花が見れて、

春満喫できたっちゃー!

 

 

コメント: 2 (ディスカッションは終了しました。)
  • #1

    かのん (土曜日, 14 4月 2012 09:20)

    おはようございます^^

    野山にお馴染の花が咲きだしましたね^^
    数日の誤差はあっても、植物はちゃんと季節になると花をつけるんですね。

    男性が花が好きと言うのは、花そのものより集中力の問題だと思うのですが、どうでしょう^^

    女性は子供を産み育てる為、あちこちに注意を向かなければならないので、一つの事ばかりに集中していられないDNAが組み込まれているのでは?

    その点男性は他の事はほっておいても、それだけを掘り下げる集中力が備わっているのでは?

    植物に拘わらず学者、その道を極めた人には男性が多いし。
    男性は目的のためなら、損得や効率を度外視できる純粋でロマンチストで可愛い生き物ですよね^^
    それに比べ女性は計算高く、打算的かも^^
    でもそれも持って生まれた、子孫を確実に残すためのDNAのなせる技?
    なんちゃって^^

  • #2

    hanasanpo (土曜日, 14 4月 2012 10:42)

    かのんさん

    さすがですね!
    かのんさんの見解は鋭いです。
    確かに、その道で極めた人はほとんど男性ですね。
    狩猟をし家族を養う男性と子供を産み家庭を守る女性
    そんなDNAが受け継がれているからなんでしょうね。
    う~ん、今度生まれ変わったら男性になってみたいな~

 

HOME  Dairy-Hiroダス

 

メモ: * は入力必須項目です