HOME < Dairy-Hiroダス < Dairy-Hiroダス2011               ←前へ  次へ→


 8月9日(火)     野反湖 (2日目)

ヤナギラン (アカバナ科)
 ヤナギラン (アカバナ科)

 

野反湖の あ~さ~!

爽やかです、バンガローの回りにも

花が色々咲いていますよ。

 

ヤナギランも咲き出した。

アキノキリンソウ ヨツバヒヨドリ

キオン ハンゴウソウ

アサギマダラもやってきて吸蜜して

います。

なんとも幸せな朝でございます。

.

ノリウツギ
 ノリウツギ
アキノキリンソウ
 アキノキリンソウ

ノハナショウブ
 ノハナショウブ
キオン
 キオン

オオカメノキの果実
 オオカメノキの果実
ハンゴンソウ
 ハンゴンソウ

ヨツバヒヨドリで吸蜜するアサギマダラ
 ヨツバヒヨドリで吸蜜するアサギマダラ
イワオトギリ
 イワオトギリ

 

Kenはどうやら良く眠れなかったみたいだな・・

夜の焚き火が楽しくて目が冴えてしまったか~

おっさん街道まっしぐらですからねえー

焚き火に癒される年代になったっちゅーことかいな。

 

朝はコーヒー、トーストにベーコンエッグにしました。

炭火で焼くトーストは片面30秒でキツネ色、とってもおいしい。

下界は猛暑だろうけれど、ここも日差しが強烈だ~

せっせと日焼け止めを塗りたくり、

メイクもコシコシと念入りに・・

 

9時に師匠と待ち合わせ

もう師匠は到着していた~ さすがだ!

師匠は野反湖周辺の植物の自生地を網羅しているのです。

それでもまだ見ぬ花を探し続けています。

そんな師匠の苦労の成果をありがたく教えていただき、

私たちも見ることが出来るのです。

ありがたいです・・ぺこり、感謝致します。

そんなわけで、今回も野反湖での未見の花を

ご案内いただくのです。

 

澄み切った野反湖の水は、空の色を映し出し刻々と色が変わります
 澄み切った野反湖の水は、空の色を映し出し刻々と色が変わります

 

湿地に入るので、師匠から長靴をお借りして出発です。

きちんと用意いただいて、至れり尽くせりで申しわけないわ~

さくさくと湖まで歩いていく、数年前にKenが野反湖でたった

一ヶ所見つけたウメガサソウの自生地が東京電力の道路工事の

影響で土に埋もれてしまっていた。

残念だわね~

.

うわー今年はミズギクが当たり年?!沢山咲いていましたよー

ミズギク越しに湖のきらめきが美しい~

 

氷河期の遺存植物と言われる、ミズギク
 氷河期の遺存植物と言われる、ミズギク
今年はミズギクの当たり年なのだろうか? こんなにたくさん咲いているのを見るのは初めて
 今年はミズギクの当たり年なのだろうか? こんなにたくさん咲いているのを見るのは初めて

.

ミズギクを撮影する師匠
 ミズギクを撮影する師匠

モウセンゴケも花を咲かせている。.

ヨシの間を歩くと、サワギキョウが沢山

自生しているー ミズゴケの絨毯の中に、

コバノトンボソウが咲いていた。

野反湖では新発見です。

ヤマトキソウも数本一緒に咲いています。

もっとヨシの勢力も増してきたら、この

花たちは咲くことはできなくなってしま

うね。 ササも迫ってきている・・

乾燥化が進み森林化したら、この湿地も

消失してしまう。 自然に任せることが一番いいのかも知れないけれど、

こうした湿地の存続も守りたい気持ちが強いです。

「国立公園だから一切手を加えない」も一理あるのでしょうが、国立公園

だからこそ、できることもあるのではないでしょうか?

とっても複雑な心境になりました。

 

モウセンゴケの花
 モウセンゴケの花
モウセンゴケ
 モウセンゴケ

サワギキョウ
 サワギキョウ
サワギキョウ
 サワギキョウ

コバノトンボソウ
 コバノトンボソウ
ヤマトキソウ
 ヤマトキソウ

オオヤマサギソウ
 オオヤマサギソウ

しかし・・あっつーい!

塗りたくったファンデーションも溶け出しそうだ・・

「はあ~バテてきた」とボヤいたら、

師匠が「まだこれからが本番だ!」とおっしゃるので

気合を入れ直す。

お次は少々山歩きになる。

どちらかというと私よりもKen殿の方が、

デロンデロンになってるじゃんー

あなたも気合入れなさいっちゅーの!

厳しいことを言うとフテくされるので・・

優しく「大丈夫?」と声を掛ける・・

 

さあ登山口へ・・

やはり、デロKenになっているぞ。

優しい師匠が一休みしてから歩こうと言ってくれる。

おまけにお座りマットまで差し出してくれるのです。

なんて気の利くお方なんでしょうか☆

日陰に入り水分補給とバナナを食べました。

ポパイじゃないけど、元気復活~

疲れない山歩きを師匠がしてくれるので、

 それにならって歩くと本当にしんどくない。

 師匠は山の神や!

 

オオヤマサギソウ
 オオヤマサギソウ

 

慎重に花を探しながらの山歩き。

キソチドリが咲く登山道なんだけれど、

ササ刈りで刈られてしまったみたい。

Kenがオオヤマサギソウを見つけた。

日差しは強いけれど、木々の中を歩いていると涼しい~

.

林下に師匠が見つけたシャクジョウソウ

咲いていた! 野反湖で見るのは初めてだし、いい状態の

花は見たことがないので、とても嬉しい!

シャクジョウソウとのご対面のために師匠は案内して

くれたのです。

師匠ありがとうございます~ ささ・・座布団を。

 

野反湖で初対面のシャクジョウソウ
 野反湖で初対面のシャクジョウソウ

 

まだ先にも自生があるので歩き出す。

途中師匠が「あの木はシラビソかオオシラビソか」と・・

判断しにくいとおっしゃる。

ふむふむ・・少し遠いしわからないね。

私はハクサンオミナエシを撮影していた。

ふと先を見ると・・

わあ~見事なシャクジョウソウが!!

なんて美しい黄色なんだ!

明るい場所に咲いているので、色合いが鮮明に見える。

金色と表現されるが、私はコーンポタージュ色に見える

(うまそー)。

うろこ状の葉は透き通った黄色が綺麗!

師匠はノーマークの場所だったようです。

Hiroのシャクちゃんとしちゃっていいですか~

 

ベストな状態のシャクジョウソウ
 ベストな状態のシャクジョウソウ

 

まだ先にも自生地があるとおっしゃるので登ってゆく。

師匠が次々とシャクジョウソウを見つけてゆく・・流石だ!

暗い樹林下なので、私のコンデジはだめだめで・・

デジイチの二人はシャカシャカと撮影を進めている。

他に何かいないかと探してうろつくが、見つからなかった~

それでも満足のいく撮影をして下山。

 

じりじりと暑さも絶頂だ~

もう2時過ぎになってしまった。

ビジターセンターにてお昼とした。

師匠と私はラーメンを食べて、Kenは腹減ったあ~と、

ボリューム満点カツカレーをぱくつく。

.

エンジン掛かったところで、次なる地点へ、

キャンプ場をまわり湖畔へ進む。

途中センジュガンピ シモツケソウなど花を楽しんでいく。

数年前に見つけたホソバのヨツバムグラは水に浸かっていた。

今回の野反湖はかなり水位が上がっている。

 

センジュガンピ
 センジュガンピ
シモツケソウ
 シモツケソウ

野反湖の水位が高い
 野反湖の水位が高い

.
私達が今まで踏み入れたことのない場所に着いた。

小さな沢の縁にミゾホオズキが咲いていた。

オオバミゾホオズキは良く見かけるのだけれど、

ミゾホオズキは初めて見られました。

ここも樹木が迫っていて、近い将来にここのミゾホオズキは

絶滅してしまうかも知れないなという状態です。

近くにはエゾシオガマ ホソバノヨツバムグラ

ヤマハハコなどが咲いていました。

こんな場所まで念入りに探査している師匠はやっぱりすごい!

はは~ひれ伏したくなるほどに尊敬してしまいます。

 

野反湖特産種のノソリホシクサ(ノゾリホシクサ)は、

どうしたことか今年は出ていないようでした。

昨年は当たり年だったようで沢山見られたようなんですが、

残念でございます。

 

ミゾホオズキ (溝酸漿) ハエドクソウ科 ホオズキ属
ミゾホオズキ (溝酸漿) ハエドクソウ科 ホオズキ属
ミゾホオズキ
 ミゾホオズキ

ミゾホオズキの果実
 ミゾホオズキの果実
ホソバノヨツバムグラ
 ホソバノヨツバムグラ

エゾシオガマ
 エゾシオガマ
ヤマハハコ
 ヤマハハコ

 

たっぷり歩いて、未見だった花たちに逢えました。

一日ご案内頂いた師匠には、心より感謝申し上げます。

師匠はご兄弟とも仲が良く、羨ましいほどです。

私たちにとっても頼れる兄貴って感じなんです。

そして・・大好きです!

のっそり夫婦にお付き合いいただきありがとうございました。

今後もよろしくお願い致します。

 

バンガローに着いて、夕飯の下ごしらえ。

Kenは火おこし。

そんなにお腹は空いていないので、

献立は、お野菜たっぷりのポトフとパン。

ダッチオーブンを炭火にかけて、シャワーを浴びに行く。

戻ってくるとダッチがコトコトといい感じに煮込まれていた~

野菜も柔らかくなって、美味しくいただきました。

 

 

今夜は焚き火もそこそこに、

お疲れモードなので早寝しました。

へこたれずにKenもよく歩きました。

師匠に鍛えなおしてもらおうかな・・

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    かのん (木曜日, 18 8月 2011 13:47)

    真っ青な夏空と白い雲!
    絵葉書のような野反湖の風景ですね~

    野反湖も暑かったのですか。
    朝晩は寒いくらいですか?

    サワギク初めて見ました。
    氷河時代の生き残りなのですね。
    でも、どうしてそういう事が分かるのか不思議です(笑)
    イワショウブもそうみたいですね。

    ベストな状態のシャクジョウソウも綺麗ですね。
    kenさんも頑張って山登りした甲斐がありましたね。

    ミゾホウズキも初めてです。
    葉に柄がなく、花がオオバに比べていくらか小さいのですね。

    素晴らしい山の師匠との花さんぽと、楽しい野外キャンプの夜・・・
    いい夏休みになりましたね。

  • #2

    hanasanpo (木曜日, 18 8月 2011 21:34)

    かのんさん

    野反湖も暑かったですよ~
    夜は焚き火ができるほどです。
    長袖がないと寒いですね。

    ミズギクは氷河期の生き残りって、
    確かになぜわかんのよーと思いますよね。
    ある意味みんな生き残りなんじゃ~と思うのは私だけ?

    色々な花に逢えるのも師匠のお陰なんです。
    ありがたいことです!
    七輪炭焼きはKenが大好きなので、
    野反湖に行くと必ず使うんです。
    わずかな日程でしたが楽しく過ごせました!

 

HOME  Dairy-Hiroダス