HOME  Dairy-Hiroダス                  ◀ 前へ  下へ▼  次へ ▶

 

. 7月23日(金)  フレッシュなキバナさん

 

しばし花さんぽ休止になっていました。

雨で天候悪かったりして、予定がつぶれたりしました。

梅雨も明けましたが、猛暑でへばっていましたわ~

 

連休ですが予定も決まらずにいたところ、

花友さんが、なかなかいい状態のキバナノショウキランあったよと、

お知らせくださいました。

今までぼろぼろのキバナノショウキランしか見ていなかったので、

早速行ってみようか!と足を運びました。

 

キバナノショウキラン (黄花の鐘馗蘭) ラン科 ショウキラン属 Yoania amagiensis 2021.07.23
キバナノショウキラン (黄花の鐘馗蘭) ラン科 ショウキラン属 Yoania amagiensis 2021.07.23
キバナノショウキラン  絶滅危惧ⅠB類 日本固有種
キバナノショウキラン  絶滅危惧ⅠB類 日本固有種

 

フレッシュな咲きっぷりのキバナノショウキランです。

蕾もあって、いいじゃないー☆

 

キバナノショウキラン 葉緑素を持たず、光合成は行わない。菌根菌から養分を略奪する菌従属栄養植物
葉緑素を持たず、光合成は行わない。菌根菌から養分を略奪する菌従属栄養植物

 

他のショウキランの仲間とは違って、色合いや美しさでは

叶わないけれどねえ。

神出鬼没のキバナノショウキラン、お逢いできてうれしいです~

 

キバナノショウキラン  学名の Yoania amagiensis の amagiensis は発見地の伊豆天城山が由来
キバナノショウキラン  学名の Yoania amagiensis の amagiensis は発見地の伊豆天城山が由来
キバナノショウキラン  この花は蕾の状態が一番美しいかも
キバナノショウキラン  この花は蕾の状態が一番美しいかも

.

銀ちゃんも咲いていましたよ。

 

ギンリョウソウ (銀竜草) ツツジ科 ギンリョウソウ属  この植物も菌根菌に寄生する菌従属栄養植物
ギンリョウソウ (銀竜草) ツツジ科 ギンリョウソウ属  この植物も菌根菌に寄生する菌従属栄養植物

.

また今年もギボウシランを観察できました。

なんだか数が減ってしまったように感じます。

 

ギボウシラン (擬宝珠蘭) ラン科 クモキリソウ属 Liparis auriculata
ギボウシラン (擬宝珠蘭) ラン科 クモキリソウ属 Liparis auriculata

 

私たちも自生地を荒らさないように十分配慮して撮影をしております。

しかしここでは撮影対象の花を狙って、あらゆる方向から足を踏み入れて、

ずるっと土をこそげ落としたり、狙った株以外のギボウシランを

踏みつけるなどの、言語道断な行為の痕跡が明白で、

なんだかひどい有様でした。

 

ギボウシラン 葉がギボウシを連想させることが名の由来 絶滅危惧ⅠB類
葉がギボウシを連想させることが名の由来 絶滅危惧ⅠB類

 

「ランの花が好きだから、撮影しています」とか言いながら・・

研究者でもないのに、標本にするために花を持ち去るという、

恐ろしく身勝手な行為をする方がいると聞きました。

これほど個体数が少ない植物を持ち去るとは、断じて許せない行為です!!

 

花を愛でる資格もない。 盗掘者そのものです。

そのような行為を止めなかった同行者も、同罪です。

私たちがもしその場にいたら、なんとしても阻止したと思います。

 

野生の希少植物は、日本国民みんなの財産です。

再び美しい花を咲かせて見せてもらえるように、

自生地環境は、常識的なルールを守って大切にしましょう。

 

ギボウシランの花 唇弁の中央に、縦に暗紫色の帯がある
ギボウシランの花 唇弁の中央に、縦に暗紫色の帯がある

 

2年前にも見ていたのですが・・

トンボソウ属の新しい仲間? らしき植物が、立ち上がっていました。

2015年に発見され、ニイジマトンボに似ているようですが...

その植物と同じなのかな? わかりません。

 

残念ながら、花は開花しておりませんでした。

また機会あったら、花を見てみたいと思います。

 

不明の植物 もしかすると普通のトンボソウかも
不明の植物 もしかすると普通のトンボソウかも

.

タニタデがちょっこり咲いていました。

小さいけれど、可愛い花です。

 

タニタデ (谷蓼) アカバナ科ミズタマソウ属 Circaea erubescens
タニタデ (谷蓼) アカバナ科ミズタマソウ属 Circaea erubescens
タニタデの花
タニタデの花

.

ベニシュスランも咲いておりました。

相変わらず美しい姿ですね♡

まとまって咲いていると、

ベニシュスラン同士で会話しているかのように見えます。

 

ベニシュスラン (紅繻子蘭) ラン科 シュスラン属 Goodyera biflora
ベニシュスラン (紅繻子蘭) ラン科 シュスラン属 Goodyera biflora
ベニシュスラン  昨年よりは数が減ったように思える
ベニシュスラン  昨年よりは数が減ったように思える
ベニシュスランの花 背萼片と側花弁が合着 唇弁の先端は後ろに反り返っている
ベニシュスランの花 背萼片と側花弁が合着 唇弁の先端は後ろに反り返っている

 

オリンピックも開幕し、暑さ満タンの上に感染も爆発しておりますが、

どうか皆様お体には、お気をつけてお過ごしください。