HOME < Dairy-Hiroダス < Dairy-Hiroダス2012               ←前へ  次へ→

 6月11日(月)     赤城の山で花捜査(2)

前ページからの続き)

 

歩き出すと後ろから一人の男性がやってきた、

伽藍を巡って歩いてきたようだ。

念のためヒメシャガは咲いていましたか?と聞いてみた。

「まだ花芽だったよ」

おーそっかーまだ早かったんだー!

開花は2週間後くらいだろうと。

またこちらのコースより、反対側から伽藍に向かうコースに

たくさん咲くようだ。

ご親切に教えてくださった。

またまた熟知している方に出会ってありがたい。

戻るコースの足元に、少しだったがヒメシャガの葉が

出ていることも指し示してくれました。

 

 ヒメシャガの葉
 ヒメシャガの葉


途中一休みして、軽くお昼にしたが二人とも食欲はない。

小休止程度にして小沼に戻る。

戻る道のりの長かったこと・・

私は極度の疲労感に襲われた。

花はどうでもいいと思ったのは初めてでした。

どうやら初心者にはお勧めしないコースだったみたい。

初心者ではないが、登山は初心者のようなものー

滑落しないで帰れただけでもよかったあ~

もう山散策は相方任せにはしないぞと強く決めました。

 

(注:事前調査はちゃんとしましたよ。小沼の先の分岐点で

   右に進んでいれば、傾斜はきついものの距離は1/3

   程度であったはず。 でも迷ったかも... by Ken)

.

満員御礼の駐車場はすっからかんになっていた。

なんだったんだーあの人出は~

花はタチツボスミレ ツルキンバイ ツクバキンモンソウ

マイヅルソウ シロバナノヘビイチゴ ニョイスミレ メギ

タカトウダイ ミヤマザクラくらいでした。

 

 ツルキンバイ (蔓金梅)
 ツルキンバイ (蔓金梅)
 ツクバキンモンソウ (筑波金紋草)
 ツクバキンモンソウ (筑波金紋草)

 マイヅルソウ (舞鶴草)
 マイヅルソウ (舞鶴草)
 シロバナノヘビイチゴ (白花蛇苺)
 シロバナノヘビイチゴ (白花蛇苺)

 ニョイスミレ (如意菫)
 ニョイスミレ (如意菫)
 メギ (目木)
 メギ (目木)

 タカトウダイ (高灯台)
 タカトウダイ (高灯台)
 ミヤマザクラ (深山桜)
 ミヤマザクラ (深山桜)

.

覚満淵にも立ち寄って一回り、

サクラスミレがたくさん咲いていた。

オオヤマフスマもきれいに咲いていましたよ。

 

 サクラスミレ (桜菫)
 サクラスミレ (桜菫)
サクラスミレ
 サクラスミレ

 オオヤマフスマ (大山衾)
 オオヤマフスマ (大山衾)
オオヤマフスマ
 オオヤマフスマ

 

スペシャルな花はありませんでしたねー

あー残念だ。

おまけにまた頭痛が・・

 

何度赤城に来ても子供の頃の記憶が必ず蘇ってくるのは、

困ったもんです。

強烈な印象が残っているからなんでしょうねー

赤城の山からは落ちたくないと、

私の中の呪縛なんでしょうか・・

昔の性能の車で、霧に包まれながら、ダートの道を

よく走って降りたもんだな。

枝に引っかかったシャツの二の舞いにはなりたくないと

思いながらだったからなあー

 

おとんがいたら・・

今日も恐い思いをしたよと話したかったな。

 

 

コメント: 6 (ディスカッションは終了しました。)
  • #1

    BOGGY (水曜日, 13 6月 2012 21:00)

    今晩は。申し訳けないですが、文章が面白いので、笑いながら読ませて頂きました。
    私は登山から野草に目覚めたので、山を登りながら野草を探すのが好きですね。
    しかし最近は体力が衰えて、高い山には登れなくなって来たのが残念です。
    沢の釣や山菜採りも、今年は最後かと、歳は取りたくないですね。

  • #2

    hanasanpo (水曜日, 13 6月 2012 21:22)

    BOGGYさん

    つたない文章にお付き合い頂きありがとうございます。
    子供チックな日記で、お恥ずかしいー。
    BOGGYさんとは対照的に登山が苦手なんですよ~
    でもお花のためなら少しは頑張れるのですが・・
    今回は恐怖心でいっぱいでしたー
    熊さんの爪あとも見かけたし・・
    妙に慎重派な一面もあるので、
    事前調査がしっかりしていないと、
    不満がつのるのですよね~
    お気楽夫婦が喧嘩もしながら山に行って、
    花を拝むわけです~
    きっと今回の歩きはBOGGYさんにとっては、
    ただのハイキングに過ぎない場所だと思いますよ。

  • #3

    あひる (木曜日, 14 6月 2012 03:07)

    赤城山って、国定さんで有名ですね。
    緑豊かで、水もきれい、豊かな渓谷もあり、いい山ですね!
    でも、怖そう。
    子供の頃のトラウマもあるでしょうが、きっと、かなりの難道なのでしょうね。
    心の声は正直ですよね。
    頑張られましたね!

    まだ、ミツバツツジが咲いてるのですか! 今年は見損ねました。
    関西では、コバノミツバツツジしかみたことないです(気付いてないだけかも)
    ツツジの花園のようですね。天国~。
    ヒメシャガ、お花は咲いてなかったですが、辿りつけたのは何よりですね。
    赤城のお山は、初夏というより、春たけなわなのですね。
    お疲れ様でした。

  • #4

    hanasanpo (木曜日, 14 6月 2012 08:42)

    あひるさん
    そうそうー国定忠治の「赤城の山も今宵かぎり~」のです。
    今回歩いた場所は、思ったよりも危険度が高かったあ~
    油断したら、落ちる・・
    ミツバツツジとトウゴクミツバツツジも咲くようなんですが、
    明確に確認しませんでした。
    コバノミツバツツジは見たことないですー
    赤城山はツツジの頃が一番の人出になるようですね。
    赤城に行くと、恐い道は通らないでーと父に懇願してきました。
    その道は舗装されて、危険度は薄くなりました。
    私のトラウマはきっと消えませんね・・

  • #5

    BOGGY (金曜日, 15 6月 2012 22:56)

    今晩は。
    コメントのお返しありがとう。それに財布の日記にもコメントありがとう。
    山はけっこう怖い所ありますよね。
    実は今年のキャンプを長野県の戸隠高原にしようかと考えていたのです。
    周囲に山も多いし・・・と思って、キャンプ場からも歩いて行ける戸隠山の登山ルートを調べ初めていました。
    所が、この戸隠山には「蟻の戸渡り」という日本アルプスの剱岳、「カニの横ばい」に匹敵するのでは?という難所があることが分かったのです。
    Youtubeで、「蟻の戸渡り」「カニの横ばい」両方検索すると出てきますが、見ているだけで背筋が寒くなりました。
    他にも周りに沢山山があるので、戸隠山をパスしてもいいのですが、「戸隠にキャンプに行って、目の前の戸隠山登らなかったの?」って山友に聞かれたらどうしよう・・・・。
    「あんな難所怖くて通れません」と正直に言うことにしようかと、考えています。
    怖いものみたさで、Youtubeで「蟻の戸渡り」見てみませんか?

  • #6

    hanasanpo (火曜日, 19 6月 2012 01:05)

    BOGGYさん
    蟻の戸渡り見てみましたよ~
    おっそろしいですねー
    あえてこんな場所にチャレンジして登るのですね。
    絶対にいけませんよー
    これを見たら、私たちの行った場所なんて、
    あまっちょろいものでした。
    BOGGYさんここに挑むのでしょうかー
    頑張ってくださいね。

 

HOME  Dairy-Hiroダス

 

メモ: * は入力必須項目です