HOME < Dairy-Hiroダス < Dairy-Hiroダス2012          ←前へ  下へ▼  次へ→

 

 7月9日(月)   すべてはこの花のために(後編)

 

前編からのつづき)  

 

日曜日は昨年から見たいよー!と熱望していたお花に

逢いに行きます。

静岡のMさんが本日向かわれるというので、

私達もこの日に合わせました。

Mさんには軽いハイキングだと思いますが、

私達にとっては、本格登山になるのです~

頑張って歩きましょー!

 

携帯にもうMさんは歩き始めているとのご連絡が・・

近い場所には咲いていなかったと、

うーん残念だなあー

でもしばらく歩いた場所で発見したとの再連絡が!

よっしゃー行くっきゃない!

向かう車の中で焦る・・

 

車を停めて歩き始めたのは10時

さー気合入れておくれよ・・

あれれ、なんだかKenさん、体調悪いってさー

一抹の不安がよぎる・・

 

歩みは遅く、花を探しながらとことこぜーぜー

いきなり登りはきつく、Kenさんしんどそう〜

1時間も歩くと・・

「あーMさんだあー!」

Mさん御夫妻と愛犬のA君が見えた!!

早いなあーもうここまで下山してきたんだー。

数年来ブログやメールを通してのやりとりをしていて、

初めての御対面でした。

 

ダンディMさんと優しい表情の奥様、元気一杯A君

丁寧に自生場所を教えていただき、

ひと時の御対面で失礼しましたが、

初顔合わせで、感激も一入でした。

山登りの苦手な私達のために、ありがとうございました。(礼)

.

さー行くのよ、ずっと先まで・・

私だってしんどいさー

すべてはこの花のためにやってきたんじゃ~

少し歩いて見つかったのは、ミスズラン

極小なので、撮影も困難です。

 

 ミスズラン (三焉蘭) ラン科 ミスズラン属 2012.07.08
 ミスズラン (三焉蘭) ラン科 ミスズラン属 2012.07.08

 

途中でもラン科の葉を確認していましたが、

ミスズランとは違うかも。

しかし、なんて小さいのかねー肉眼じゃよく見えないー

でも、しっかりランちゃんなんですねえ~

 

 ミスズラン 腕のように広げた側萼片は1ミリより少し長い程度
 ミスズラン 腕のように広げた側萼片は1ミリより少し長い程度


さーまだまだもうひとつのお花は先ですぞ。

Ken様の歩みはのろい・・

雨が降りそうだから急ぎたい。

何がなんでもここまで来たなら見たいんじゃ〜

「先に行ってくれ」と言うKen

.

気持ちが焦る私は、自分のペースで歩いてゆく。

一人で歩いていると余計な考えが湧いてくる..

もしかしたら、Kenは辿り着けないかもしれないなあー

私だけでもお花見て撮影しなくっちゃ~

よしよしっと声を出しながら、一人歩きで進みます・・

キバナノコマノツメミヤマカラマツなども咲いていて、

ちゃちゃーっと撮影。

 

 キバナノコマノツメ (黄花の駒の爪) スミレ科
 キバナノコマノツメ (黄花の駒の爪) スミレ科
 ミヤマカラマツ (深山唐松) キンポウゲ科
 ミヤマカラマツ (深山唐松)

 

辺りは暗くなってきたぞ・・

いささか心細さが~

途中の団体さんが

「女性一人?!」って顔してすれ違った。

 

わっせわっせと気合を入れながら歩き、

ようやく目的の場所に到着したぞ

探せ探せー。

さて・・咲いているかー

薄暗いよー見つからないっ〜

気持ちが焦っているのか? 落ち着けー

ないない、ないよー。半べそ気味になってきた・・

ここまで歩いて見つからないなんて、

なにやっとんじゃー!

.

むむ・・ラン科の古い果実があるじゃないか。

葉を見ると、特徴的な姿だ!

これだ、間違いない。

冷静に・・葉を探そうー心を静めよ。

葉っぱ、葉っぱはどこだ・・

 

あったあー!!!

わちゃー見つかりにくいわけだー

本日のメイン コハクラン様です☆

 

 コハクラン (琥珀蘭) ラン科 コハクラン属
 コハクラン (琥珀蘭) ラン科 コハクラン属


茶色っぽいガクのため目立たないのね。

コケイランの仲間だから、ちと似ていますが・・

これは個性的なランですね。

君に君に逢いに来たんだよー(涙)

開花しているのは2株だけ。

全部で8株を見つけました。

ほっと安堵した。


しばらくしてKenも到着。

歩いて来れたのね・・よかったあー

「涙目で探したんだよ~」(子供かー)

 

 コハクラン 萼片が光に透けると、琥珀のよう!
 コハクラン 萼片が光に透けると、琥珀のよう!
コハクラン
コハクラン

 

「途中で面白い花があったけど、撮影した?」

とデジカメの画面を見せる。

え~なになにー見てないよ!

一心不乱にここを目指したんだー

 

ぎょぎょ~これはー

菌従属栄養植物のランじゃないか!!

見たことないよ・・うーん名前は何じゃったかなー

これも貴重な花じゃんか。

もうすぐ雨が降るから大急ぎで、じっくりコハクラン

撮影して!

Kenも懸命に撮影しました。

 

大事な大事なコハクラン様に一礼と、生き残りのための

祈りを捧げて、自生地を後にしました。

 

 コハクランの葉は1個。 縦じわと白っぽい主脈が目立つ
 コハクランの葉は1個。 縦じわと白っぽい主脈が目立つ

.

急いで元の道を戻る。

もうお昼なんて、おにぎりぱくつきながらでいいやー。

Kenが見つけた菌従属栄養植物のランは、ヒメムヨウラン

私達には一生出会えないかも知れなかった花だ。

これまた感動的~!

 

 ヒメムヨウラン (姫無葉蘭) ラン科 サカネラン属
 ヒメムヨウラン (姫無葉蘭) ラン科 サカネラン属

 

ちびっこい蟹の赤ちゃんが連なっているようだ~

針葉樹林下に8株見つかりました。

 

 ヒメムヨウランの花柄子房はねじれないストレートタイプなので、唇弁は上側につきます
 ヒメムヨウランの花柄子房はねじれないストレートタイプなので、唇弁は上側につきます

 

ギリギリセーフ。

撮影には厳しい条件になってしまったので、

ここで退散です。

 

あくせく懸命に歩いた山道を下って行きます。

下りで相当ばてましたよー

ギブアップすると思われたKenさんも頑張りました。

 

すべてはこの山に咲く花たちに逢うため

花さんぽくらいしかしない二人が、

久しぶりに頑張りました。

貴重な花に出逢えて大感激の一日。

 

Mさん御夫妻に心より感謝申し上げます。

花はもちろん、素敵な方々との出逢いも私たちにとっては

幸せな収穫となります。

花友さんていいね〜♡

 

いつまでもこの地に花たちが咲き続きますように・・

 

 

コメント: 5 (ディスカッションは終了しました。)
  • #1

    BOGGY (水曜日, 11 7月 2012 07:19)

    いやー感心しました。
    花のためならガンバレルお二人なんですねー。
    珍しいというか私には一生会えないかもしれない、ラン三種ありがとうございました。
    花もですが、美味しい料理も気になりますねー。

  • #2

    hanasanpo (水曜日, 11 7月 2012 07:49)

    BOGGYさん
    おはようございます。
    どうしても、コハクランが見たくて・・
    さんぽでなく、登山しました。
    非常に小さいので、咲いていても気が付かない花ですね。
    美味しいものもお出かけの楽しみにしております。
    お口に合わなかったものは紹介しませんの~
    シェ岩波さんは本当に絶品料理でもてなしてくれます。
    おすすめします☆

  • #3

    peko (水曜日, 11 7月 2012 09:01)


    おはようございます。
    いつだったか、友に山に登る目的を聞かれたことがあります。
    花に会う為、ただそれだけです。

     珍しいランの花たち、そしてケブカツルカコソウは、キランソウ属の姿ですね。
    ほんとに毛深くて、訳があるのかしらと思ってしまいました。
    後で、検索することにしましょう。

     自然の花たちは、今の私の元気の素です。
    楽しませていただき、有難うございます。

  • #4

    かのん (水曜日, 11 7月 2012 16:33)

    珍しいランに会う為に、本格登山を頑張りましたね~
    kenさんの体調を心配しながら読みましたが、ちゃんとお目当ての花に出会えてよかったです。
    三種とも丁度良い時期に出会えて頑張った甲斐がありましたね。

  • #5

    hanasanpo (水曜日, 11 7月 2012 17:56)

    pekoさん
    まさに花ありきで山に行きます。
    ただただ登山はつまらない~
    自然に花は素晴らしいですね!
    こんなお花たちが、ひっそりと咲いているから、
    逢いに行きたいのですよね。


    かのんさん
    いらっしゃいませー☆
    久しぶりに歩きましたよ~
    相方はくじけるかと思いました。
    出発時に薬を飲まなかったのもいけませんでした・・
    かのんさんはどんどん高度が上がって、
    すごいですね!
    きっとかのんさんなら、ハイキング程度です。

    なんとか達成して、憧れの花たちに逢えて感激でした。

シェ岩波さんは、2015年4月に、上の地図の赤いマークの場所に引っ越されました。元の場所から直線で北東に50mほどの場所で、すぐ近くです。

 

◀ 7/1 高尾周辺ぐる〜り  | 7/19 花さんぽ 梅雨明け前の陣 第一話 ▶

 

この回の先頭へ  野山の花アルバム

 

ケブカツルカコソウ  ミスズラン  コハクラン  ヒメムヨウラン

 

 

シェ岩波さんのお料理が掲載されたページ(2012.07.12時点)

 

Dairy-Hiroダス 2011年5月22日(日) 信州花さんぽ(1)

Dairy-Hiroダス 2011年6月26日(日) カモメラン

Dairy-Hiroダス 2012年4月29日(日) 甲斐路散策

 

シェ岩波さんは、ご夫婦でお店のお料理に使う野菜類を育てられています。畑仕事のため不定期でお店がお休みになることもあるので、行かれる前に電話で確認されることをオススメします。

 

 
              <<          1      2          >>
 

ミヤマカラマツが掲載されたページ

 Dairy-Hiroダス

  2017年8月12日 なんだかついてない

  2015年7月25-26日 猛暑を逃れ野反湖へ p.1/2

 野反湖 7月の花 

 

HOME  Dairy-Hiroダス

 

メモ: * は入力必須項目です