HOME  Dairy-Hiroダス  Dairy-Hiroダス2016      ◀ 前へ  下へ▼  次へ ▶

 

 2月19日(金) ミカワシライトソウの謎解きにつくばへ

 

昨年見に行ったミカワシライトソウ

自分たちの見た個体と文献を比べてみると・・

どうも疑問が残ると相方が言う。

 

ミカワシライトソウと思っていた植物  2015.05.30 愛知県
 ミカワシライトソウと思っていた植物  2015.05.30 愛知県

 

チャボシライトソウではないが、ミカワとも言えないと。

チャボはミカワの母種とされています。

少し古い平凡社の「日本の野生植物」のチャボの

写真も違っているようだ。

こうなれば、ミカワシライトソウと確認されている標本を

この目で見るしかないじゃないか。

 

とても幸運なことに、相方が国立科学博物館の植物研究部

研究主幹の秋山忍先生に、標本の閲覧と写真撮影の許可を頂けました。

 

約束の時間に研究室を訪ねると、先生が出迎えてくださいました。

先生はヒマラヤのユキノシタ属植物の分布や形態系統関係も

研究されている第一人者であります。

 

標本は全部で6点ありました。

一番古い標本は、ミカワシライトソウが発表された当時の1954年の

ものが2点。 新しい標本で1989年のものが4点。

採取地は、私たちが見た場所よりも北の地域だった。

一番の着目点は、チャボのように花が糸状であるかということだ。

標本を見る限り、ミカワシライトソウは糸状といえるものでした。

年月も経っているので、糸状の花被片がパラパラと少々崩れていた。

 

先生は、標本の作成者がミカワシライトソウと判断したものであり、

国立科学博物館として同定したものではないことを強調されました。

 

しかし・・この標本を基準に考えても、私たちの見たものは

ミカワシライトソウではないと思えます。

花が糸状で、葉柄が長く鋸歯が細かいのがミカワシライトソウの

特徴でしたが、私たちが見た植物は、花は線状で葉柄もさほど長く

ありませんでした。

 

撮影の許可も頂けたので細かい部分まで撮影しましたが・・

残念ながらHP上での公開する許可は、頂けませんでした。

 

ミカワシライトソウと思っていた植物の根生葉  2015.05.30 愛知県
 ミカワシライトソウと思っていた植物の根生葉  2015.05.30 愛知県

 

研究室の方にお茶まで出していただき、

貴重な標本を快く見せて頂きました秋山先生に

心より感謝申し上げます。

ありがとうございました。

 

当初より相方が感じていたことは、私たちの見たものは

ミカワシライトソウでもなくシライトソウでもなく

別種のシライトソウの仲間というのが一番しっくりきます。

近年キイシライトソウというのも発表されましたので、

これも新たな種であるのではないかとの可能性も・・・

 

いろいろなサイトを見ても私たちが見たものと似た植物を

ミカワシライトソウとしていますが、標本のような様子ではありません。

ミカワシライトソウはチャボシライトソウに似ています。

 

疑問解決した様子で、相方は狙い通りだったようです。

先生に御礼を述べて、研究室を後にしました。

時間もあったので、つくば実験植物園を見に行ってみました。

 

つくば実験植物園  平日のためもあってか、見学者は少なかった。
 つくば実験植物園  平日のためもあってか、見学者は少なかった。

 

福寿海というものいるんですねえ~

フクジュソウとミチノクフクジュソウの交雑した園芸種だそう。

へーこれはどう見比べたらいいんだろう。

フクジュソウとして売られているものは、ほとんどがこの

福寿海だそうです。

 

福寿海 ミチノクフクジュソウとフクジュソウの交雑種。3倍体で種子は作ります
 福寿海 ミチノクフクジュソウとフクジュソウの交雑種。3倍体で種子は作りません

 

カンアオイの仲間も沢山あって・・

どれもこれも自然の中で見たいものだと思います。

育てているものはどうも私はときめかないので、

ざっくり撮影したものをご覧ください。

 

キンチャクアオイ  九州産
 キンチャクアオイ  九州産
クワイバカンアオイ 屋久島の固有種
 クワイバカンアオイ 屋久島の固有種

エクボサイシン 西表島から
 エクボサイシン 西表島から
西表島のヤエヤマカンアオイ 花が大きい!
 西表島のヤエヤマカンアオイ 花が大きい!

 

温室にも世界各地から集められた、多種多様な植物がいました。

シダの葉に胞子がついているように見えたのは、なんとランの花。

 

熱帯アフリカのブルボフィルム・ファルカツム シダ植物のようだが...
 熱帯アフリカのブルボフィルム・ファルカツム シダ植物のようだが...
なんとランの花が並んでいた!
 なんとランの花が並んでいた!
ユニークな花の、ユニークな案内板
 ユニークな花の、ユニークな案内板

カクチョウラン (鶴頂蘭) ラン科 ガンセキラン属 大型で立派なラン
 カクチョウラン (鶴頂蘭) ラン科 ガンセキラン属 大型で立派なラン
カクチョウラン 種子島や屋久島に行かないと見ることはできない
 カクチョウラン 種子島や屋久島に行かないと見ることはできない
世界最大のラン グラマトフィルム・スペキオスム
 世界最大のラン グラマトフィルム・スペキオスム
ランとは思えないゴッツイ茎
 ランとは思えないゴッツイ茎
こんなのに着生されたら木も大変
 こんなのに着生されたら木も大変

 

植物の勉強にはなりますので、

お花のオフシーズンにはいいかも知れませんね。

花の季節には野山に出かけるべきじゃ~

 

茨城にきたら必ず食べニャー帰れん、

よがっぺ焼きをふーふぁ~しながらパクついて帰りました。

有意義な一日に感謝です。

 

よがっぺ焼き 乾燥納豆、レンコンなども入ったたこ焼き
 よがっぺ焼き 乾燥納豆、レンコンなども入ったたこ焼き

 

さー私たちの見たシライトソウの仲間は、何なのでしょうかあーー!

 

 

そっそー、ちょっとしたお礼にコガネイチーズケーキをお送りしたら、

大変喜んでいただけました。

無添加の北海道クリームチーズ・生クリームを使い、

精製していないお砂糖や蜂蜜・果物・甘酒などで甘さを出しています。

濃厚なのにさっぱりした味わいで体に優しいチーズケーキです。

ちょっと疲れると甘いもの欲しくなりますよね。

糖質控えめで血糖値の上昇も緩やかなので安心の一品ですよ。

お隣の市のお店です。

今回は花が少なかったので、美味しいもの情報でした。

 

コガネイチーズケーキ 洒落たパッケージに入っている
 コガネイチーズケーキ 洒落たパッケージに入っている
コメント: 2 (ディスカッションは終了しました。)
  • #1

    ヒゲちゃびん (日曜日, 21 2月 2016 16:30)

     こんにちは。
     予算的に次の花が見たい目標を見失いました。
     それにしてもシライトソウ自体見たことがありません。
     この間のミスミソウ綺麗でしたね。
     川崎でセツブンソウの自生地あればいいのですが。
     秩父だと片道だけで3時間以上かかるのが痛いです。
     2月に咲く花って他にありますかね?
     セリバオウレンの花見ていて生命力や逞しさなどが垣間見えました。
     更新楽しみにしていますね^^

  • #2

    Hiro (日曜日, 21 2月 2016 19:01)

    ヒゲちゃびんさん
    今回は花さんぽでなくごめんなさい。
    セツブンソウは関東近郊では石灰岩地である秩父か栃木
    もしくは山梨静岡といった地域です。
    今の季節はまだ花が少ないですね・・
    結構楽しいのが海岸の花探しです。
    暖かな海岸なら何か咲いているかもしれませんよ。
    以前相方が東高根森林公園でスハマソウを見たことがあります。
    自生か植栽かわかりませんが、3月上旬の頃でした。
    散策にはいいかもしれませんね。

 

HOME  Dairy-Hiroダス

 

メモ: * は入力必須項目です