HOME  Dairy-Hiroダス  Dairy-Hiroダス2016      ◀ 前へ  下へ▼  次へ ▶

 

 2月28日(日)      昨年からの探し物

 

チーバで見たい花がある・・

昨年も探し回っていたのだあ~

これといった有力情報もないのだけれど、

やっぱり探したいなあ~と乏しい情報を頼りに出かけてみました。

 

この辺りの山域はなんだか寂しいねえー

山が荒れているのも目立つ。

狙った山の周辺にも集落はあるのだが、空き家が多いなあ。

人っ気もないねえー

 

この山の北斜面に見たいお花はあるようだ。

相方が地図で探ってくれていました。

藪や竹林に阻まれて、どうも進む勇気が持てない。

 

いくつかある登山道の入口はすべて閉鎖されていたが、立入禁止ではない道に入ってみた
 いくつかある登山道の入口はすべて閉鎖されていたが、立入禁止ではない道に入ってみた

 

この道を行ってみようと歩いたら・・

ひゃー!! 日本刀を持った人があぁ~~~!

うす暗い杉林の中で、和装のコスプレをした男女3人が

レフ板なども使いながら何やら撮影をしていた。

こんなトコで微妙だわね・・

いかがわしい撮影かも知れんぞと相方が言うので、

横目で見ながらさっさと通り過ぎた。

 

イノシシが荒らした道はぼこぼこと土が盛り上がっていた。

ここはイノさんの楽園じゃないの~

散々歩いてみたけれど、どうも自生があるような雰囲気でもなくて、

ここでは見つからないだろうと判断した。

 

見晴らしのいい展望があったので立ち寄ってみると、

以前来たことがある場所だった。

他の山道も見つけたのですが、立ち入り禁止になっていたので

諦めました。

 

残念ながらこの山は空振り三振だった。
 残念ながらこのお山は空振り三振だった。

.

あーあー2年連続でフラれちゃったねえー とがっかり・・

チーバまで来たのだから、スハマソウを見て帰ろうかと

車を走らせ別なポイントに向かいました。

 

5年前くらいに来た場所なので、記憶が定かでなく

おかしな方向に歩いてしまい、一度スタート地点に戻ったりした。

道が二股になる場所に来たので、二手に分かれて探ることにした。

私が歩いてみた道は、以前も歩いた道だった。

ちらほらと、白い小さなスハマソウが咲いていました。

 

スハマソウ (州浜草) キンポウゲ科 スハマソウ属  2016.02.28 千葉県君津市
 スハマソウ (州浜草) キンポウゲ科 スハマソウ属  2016.02.28 千葉県君津市
スハマソウ
 スハマソウ

 

群生している場所もあったはずだが・・

別ルートを探っていた相方が携帯に電話してきて、

「いっぱい咲いてるよ!」

ほーそちらに沢山あったか! と相方が向かったルートまで

下山して向かう。

 

ひゃーーいっぱあーい☆

しかも薄ピンクのものが多いです。

 

スハマソウ  こんなにたくさんいるのを見るのは初めて!
 スハマソウ  こんなにたくさんいるのを見るのは初めて!
スハマソウ  うっすらピンク色に魅了されます
 スハマソウ  うっすらピンク色に魅了されます
スハマソウ  ちょうどベストな時期でした!
 スハマソウ  ちょうどベストな時期でした!
スハマソウの花色は、個体差がありました。
 花色は、個体差がありました。

 

「前回どころじゃなく、たくさんあるだろう」

と久しぶりにお花発見で、自慢げな相方でした。

 

スハマソウではこんなに沢山咲いているのを見たのは

初めてで、うれしい~ね。

しばしうっとりスハマちゃん堪能しました。

 

この日見た中で最も色が濃かった株。 ピンクというより薄紫色でした。
 この日見た中で最も色が濃かった株。 ピンクというより薄紫色でした。
こんなに色の濃いスハマソウは、初めて見ました
 こんなに色の濃いスハマソウは、初めて見ました

 

このルートは前回歩いてなかったので、少し登ってみます。

およ、この葉は? イズノシマダイモンジソウじゃないのかな・・

昨年の秋の花ガラが残っていました。

チャンスがあれば、秋に確認に来たいね。

カンアオイエビネの葉などもありました。

 

イズノシマダイモンジソウと思われる葉
 イズノシマダイモンジソウと思われる葉
イズノシマダイモンジソウ?の花殻
 イズノシマダイモンジソウ?の花殻

カンアオイの葉 形が少し変わっていた
 カンアオイの葉 形が少し変わっていた
エビネの葉
 エビネの葉

 

素晴らしいスハマソウも見れたので、今日はこれで満足ねと下山。

 

駐車場に向かおうとしたら、「お〜い!」と遠くから誰かに呼ばれた・・

うーん、私たちに向かって言ってるの?

早足で降りて来る人をよ〜く見たら、

あーれ~ピテカン&カッパさん??

なんとお二人も来ていたのですねー!

遠くに人がいるなあーとは思っていましたが、

フキノトウ採りの方かと思っていましたわん。

 

花さんぽで偶然お会いしたのは、これで3回か4回め。

ここに来る前に別な場所にお花探しに向かわれていたそうです。

お二人はとてもアクティブなご夫婦なので、

へなちょこの私たちは頭が下がります。

元気いっぱいでとっても仲良しなご夫婦、

幸福感も伝わってくるお二人です。

私たちもぶーこら文句言ってないで仲良くしなきゃですね・・

お手本にしますー

 

色々な情報もお教えくださったので、

今年の花目標も出来ました。

偶然お会いできて本当に良かったです!

ありがとうございました。

またどこかでご一緒できたら嬉しいです。

 

帰りは海鮮でも食べて帰ろうと、わざわざ遠回りして

昨年立ち寄ったお店に向かったのだが・・

駐車場に車を止めたらご主人が出て来て車の横に立ち、

「電話くれた人?」と聞くので、違いますと言ったら、

腕を✕印にクロスして「ダメ」と言い捨てて立ち去った。

え~なんなの?お店の前に行っても、店内のご主人は顔も合わせない。

こちらから「営業していないのですか?」と聞くと、

奥さんらしき女性がご主人と目配せしながら出て来て

「夜は予約しか受けていないんです」

そう言ってさっさと店内に入っていっちゃったわ。

なんて無礼なお店なの! 申し訳ありませんくらい言えないのかねえ~

ビックリポンやあ~~

こんな無礼極まりないお店はもう行きませんよーだ!

夜は予約だけになるのなら、通る車を誘うようなノボリは仕舞いなさい。

チーバ、マイナス1点だわよ~

気分害したのでもう帰りまひょ。

 

本日は見たいお花が空振りになったお陰?!で、

P&Kさんにお会いできて、貴重な情報もいただけましたし、

見事なスハマソウも見ることができました。

とてもラッキーな一日となったので、大収穫でした。

 

>> 2017年のスハマソウ

 

 

コメント: 6 (ディスカッションは終了しました。)
  • #1

    ヒゲちゃびん (金曜日, 04 3月 2016 10:11)

     おはようございます。
     花での人との出会いいいですよね。
     千葉にスハマソウの花が咲いているのにはビックリしました。
     大群落ですね~。
     あとイズダイモンジソウは初めて知りました。
     いいな~早くHidoさんkenさんに会いたいですね^^
     私の方は近くの遊歩道でヒメオドリコソウやミミナグサを発見しています。
     あとは園芸品種の花と木を楽しんでします。ジンチョウゲを見てカラスシキミ見たいですね。
     更新楽しみにしていますね^^

  • #2

    Hiro (金曜日, 04 3月 2016 10:36)

    ヒゲちゃびんさん
    スハマソウはチーバで見られます。
    本州・四国が分布域で、ミスミソウは中部以西と九州になります。
    スハマソウは三角の葉に尖りがありません。
    ここは震災の起こる6日前に初めて訪れました。
    前回とは違うコースを歩いてみたら、イズノシマダイモンジソウがいました。
    私たちもはじめはただのダイモンジソウだと思っていました。
    ダイモンジソウも色んなのがいて面白いです。
    花さんぽは今年もがんばっちゃいますので、またご覧くださいね。

  • #3

    ヒゲちゃびん (金曜日, 04 3月 2016 15:32)

    hiroさんの名前と花の名前間違えてしまいました。すいませんでした。

  • #4

    Hiro (金曜日, 04 3月 2016 18:34)

    ヒゲちゃびんさん
    大丈夫ですよ~気になさらないでくださいね。

  • #5

    ゆき (水曜日, 09 3月 2016 07:19)

    おはようございます、HIROさんkenさん、千葉のスハマ草の素晴らしい写真ありがとうございます、ピンク色と濃色のお花も、可憐で、素敵ですね、✨

  • #6

    Hiro (水曜日, 09 3月 2016 08:56)

    ゆきさん
    ここではピンクのタイプが多く咲いていました。
    丁度見ごろでしたので、立ち寄ってよかったです。
    スハマソウの丸みのある葉が好きです。

 

HOME  Dairy-Hiroダス

 

メモ: * は入力必須項目です