HOME  Dairy-Hiroダス  Dairy-Hiroダス2016      ◀ 前へ  下へ▼  次へ ▶

 

. 3月27日(日)      サクラよりアマナ

 

ここ数年、毎年見に行っている茨城のヒメアマナに逢いに行きました。

昨年自生地から遠くない場所では洪水で大きな被害が出ました。

自生地もどうなってしまったかと、少々心配でした。

 

今年も・・元気に咲いていましたよ~

地元の方々が野焼きもして藪も刈ってくれているので、

この環境が守られています。

 

ヒメアマナ (姫甘菜) ユリ科 キバナノアマナ属 2016.03.27  茨城県
 ヒメアマナ (姫甘菜) ユリ科 キバナノアマナ属 2016.03.27  茨城県
ヒメアマナ  今年も元気に咲いていてくれた
 ヒメアマナ  今年も元気に咲いていてくれた
ヒメアマナ 輝くような明るい黄色が美しい
 輝くような明るい黄色が美しい
ヒメアマナ  個体数に大きな変化はないように見えた
 ヒメアマナ  個体数に大きな変化はないように見えた

 

黄色の色は元気をくれますね!

わずかな一角ですが貴重なヒメアマナが

咲いていてくれることに喜びを感じます。

 

ヒメアマナは絶滅危惧種1B類の希少植物
 ヒメアマナは絶滅危惧種1B類の希少植物

.

アマナも咲いて、ノウルシも彩を添えてくれます。

何度も来ていますが、ここ二人ともとっても好きです。

心和むいいところなんですよ~

 

ヒメアマナ 背後の黄色い花に見えるのはノウルシ
 ヒメアマナ 背後の黄色い花に見えるのはノウルシ
アマナとヒメアマナ
 アマナとヒメアマナ
地元の方が野焼きをしてくれるおかげで、こんなにアマナがたくさん咲く
 地元の方が野焼きをしてくれるおかげで、こんなにアマナがたくさん咲く
花は少し閉じていましたが、そのために花被片の外面の色を楽しめました
 花は少し閉じていましたが、そのために花被片の外面の色を楽しめました
野焼きしなかったら、この風景は見ることができません。 人間の適度な関与で環境が維持されています
 野焼きしなかったら、この風景は見ることができません。 人間の適度な関与で環境が維持されています
アマナ  パッカ〜ンと開いた花もありました
 アマナ  パッカ〜ンと開いた花もありました

.

ノウルシ (野漆) トウダイグサ科 トウダイグサ属  準絶滅危惧の植物
 ノウルシ (野漆) トウダイグサ科 トウダイグサ属  準絶滅危惧の植物
藪が刈り取られ、ノウルシの生える面積が増えた気がする
 藪が刈り取られ、ノウルシの生える面積が増えた気がする

.

ヒキノカサトネハナヤスリニョイスミレジロボウエンゴサクなど

春の花が迎えてくれました。

のんびりゆっくり撮影を楽しみました。

 

ヒキノカサ (蛙の傘) キンポウゲ科 キンポウゲ属  絶滅危惧Ⅱ類(VU)
 ヒキノカサ (蛙の傘) キンポウゲ科 キンポウゲ属  絶滅危惧Ⅱ類(VU)
ヒキノカサ  ウマノアシガタにも似た光沢があります
 ヒキノカサ  ウマノアシガタにも似た光沢があります

.

トネハナヤスリ (利根花鑢) ハナヤスリ科 ハナヤスリ属  絶滅危惧Ⅱ類
 トネハナヤスリ (利根花鑢) ハナヤスリ科 ハナヤスリ属  絶滅危惧Ⅱ類
トネハナヤスリ  国内では利根川水系と淀川水系の河川敷のみに生えます
 トネハナヤスリ  国内では利根川水系と淀川水系の河川敷のみに生えます

.

ニョイスミレ かな?
 ニョイスミレ かな?

.

ジロボウエンゴサク (次郎坊延胡索) ケシ科 キケマン属
 ジロボウエンゴサク (次郎坊延胡索) ケシ科 キケマン属
ジロボウエンゴサク
 ジロボウエンゴサク

 

この環境に感謝したいと思います。

いつまでも残って欲しいと願います。

若い人たちに繋いでいってもらいたいなあ。

 

満足して帰り支度をしていたら、一台の車が入ってきた。

車を降りてささーっと周辺の様子を見に歩いていった。

すぐに戻ってきて相方に「ヒメアマナは咲いていましたか?」

と尋ねました。

あーやはりお花目的の人だったのねーと思っていたら・・

「この車は... HiroKenさんですね?」と。

あちゃー正体ばれちゃいましたか~

やっぱ相方の出っ腹が目印になって、バレバレかあー

HPご覧頂いているようで、ありがとうございます。

 

どうやらノウルシが広がって咲いている場所までは、

水に漬かったそうです。

氾濫や洪水が起こることは植物にとっては

必ずしもマイナスではないのですね。

人間にとっては命の危険や家屋が流されたり

良いことではありませんが・・

 

花を見させていただいたので、せめてものお礼に

地元のお野菜を購入しました。

お昼もインター近くでと探すと・・

国産モツのラーメン?! もつの屋

なあに~~気になるぅー

 

牛すじそば 牛もつそば と看板にある
 牛すじそば 牛もつそば と看板にある

 

休憩時間間際にもかかわらず「どうぞー」と入店できたあ。

塩モツラーメンと牛すじラーメンを注文

モツも牛すじも柔らかく、とろーんとしたスープもしつこくない。

ラーメンに合うあう~ 甘みもあって美味しく頂きましたあー

 

塩もつそば 鶏出汁塩分控えめ臭みなし細麺
 塩もつそば 鶏出汁塩分控えめ臭みなし細麺
牛すじそば 甘目の味噌、爽やかな辛味 太麺
 牛すじそば 甘目の味噌、爽やかな辛味 太麺

 

またこちらに来たら立ち寄りたいわ。

恒例のよがっぺ焼きもしっかり食べて帰りました。

 

ヒメアマナに逢えた、ハッピーな一日でした。

 

 

コメント: 11 (ディスカッションは終了しました。)
  • #1

    土身 (水曜日, 30 3月 2016 08:43)

    まさか、まさか・・・。お会いできました。
    昨年の車の写真、頭に残っていました。
    あの場所は、鶴丸を思わせるマイズルテンナンショウがあります。少し離れて、草丈60~100cmのタチスミレがあるようですが、確認していません。
    あの後、車で1時間余り、筑波山ろくに向かいました。コセリバオウレン、ハナネコノメ、ニッコウネコノメ、トウゴクサバノオ、コミヤマカタバミ、ミミガタテンナンショウ・・・、花盛りでした。機会があれば、お出かけください。

  • #2

    土身 (水曜日, 30 3月 2016 11:50)

    昨年の洪水は、上流での堤防決壊で、この地の水量が少なくなり、害は無かったと思われます。
    1981年、86年の下流域洪水のとき、龍ヶ崎市や利根町の知人は、「上流が決壊すれば下流は大丈夫、上流が決壊しなければ下流は危ない」、そして、「台風が去ってからが危ない」とよく言っていました。この流域一帯は、洪水との戦いの歴史でもあります。

  • #3

    Hiro (水曜日, 30 3月 2016 18:10)

    土身さん
    お声をかけていただきありがとうございました。
    昨年の車の写真でピンと来たのですね。
    あの場所にもマイズルテンナンショウ・タチスミレが咲くのですか!
    渡良瀬遊水地以外では見たことがありません。
    やはりここも貴重な場所であることに間違いないですね。
    筑波山にもあれから行かれたのですね。
    もう少し時間があれば私たちも行きたいところでした。
    筑波山も花の宝庫なので、また機会があれば行ってみますね。
    ヒメアマナの自生地は被害はなかったのですね。
    昔あの川が氾濫したのは知っていたのですが・・
    大小の河川が多い地域ですから洪水と戦ってきたのですね。
    洪水の話というと、私の母が子供の頃に渡良瀬川が氾濫した経験をよくしていました。
    昨年のニュースを見てまさにこんな状況を体験したのだなと思いました。

    いつもご覧いただきましてありがとうございます。
    気の利いたご挨拶もできませんで大変失礼いたしました。
    そちら方面におじゃましましたら、よろしくお願い致します。

  • #4

    土身 (木曜日, 31 3月 2016 20:40)

    「アマナ  パッカ〜ンと開いた花」の1枚が現地で気になっていたひとつです。
    ヒメアマナのところでは気にならなかったが、ノウルシのところで赤い斑点が多く気にしていました。ネギなどの野菜や芝にまで発生する、さび病です。昨年も、発生していました。
    各地のカタクリでも発生が多く、気にしています。激しいところでは、所どころ欠株になっています。また、1年目、2年目の苗が枯れているところがあります。

  • #5

    HiroKenのKen (木曜日, 31 3月 2016 20:45)

    土身様

    コメントをありがとうございます。
    申し訳ありませんが、自生地の地名を書かれた部分は削除させていただき、他の部分をコピーして再度入力させていただきました。
    大変失礼なことだと思いますが、希少種の自生地を特定し得る情報は載せない方針のため、どうかご理解下さい。

    しかし、いただいた情報はしっかり見させていただきました。ありがとうございます。

    「さび病」については無知で、まったく認識していませんでした。そう言えば、ノウルシを観察していたら、変な色の花を見つけました。これもさび病でしょうか?
    下に写真を貼ります。

  • #6

    土身 (木曜日, 31 3月 2016 21:11)

    地名を入れてしまい、申し訳ありません。
    ノウルシの褐色は、他の障害と思います。
    機会があれば、再度見てみたいと思います。

  • #7

    HiroKenのKen (木曜日, 31 3月 2016 21:26)

    ノウルシは、別でしたか。
    アマナを改めて見直しましたら、至る所でさび病が蔓延していました。下に写真を追加しました。これはちょっと心配ですね。増水で富栄養になったためでしょうか?

  • #8

    土身 (木曜日, 31 3月 2016 22:56)

    黒褐色、生長点付近のえそ、褐変。
    有機質肥料は温度依存性が高く、NH4+、K+の1価イオンの濃度が高く、拮抗する2価イオンのCa++が吸収できなかったのかもしれません。

  • #9

    HiroKenのKen (金曜日, 01 4月 2016 02:15)

    う〜ん、難しくてよくわからないですが、何らかの原因で栄養バランスが崩れてしまっている可能性がある、ということですね?
    今回はとても勉強になりました。どうもありがとうございます。
    花が咲いてて、ああきれいだね、だけではなくて、健康状態も観察すべきですね。
    次回あの場所を訪れた際には、そんなところもチェックしたいと思います。

  • #10

    ヒゲちゃびん (金曜日, 01 4月 2016 05:12)

     おはようございます
     私もここの自生地大好きですよ。
     チョウジソウやマイヅルテンナンショウ・タチスミレが咲くんですよね^^
     7~8年ご無沙汰ですね。
     今の時期に行きたいですね。
     とても和みますね^^
     それとラーメン屋さん休憩時間にも関わらず作ってくれるってサービス精神旺盛ですよね。
     3月31日私の方は長沼公園と片倉城跡公園に行ってきました。
     長沼公園半日どころか1日山野草観察でつぶせますね。
     片倉城跡公園はカタクリがちょうど見ごろでした。
     八王子市の北野に住みたいと思いましたね^^
     更新楽しみしていますね^^

  • #11

    Hiro (金曜日, 01 4月 2016 08:41)

    ヒゲちゃびんさん
    こちらにも行かれていたことあるのですね。
    タチスミレとマイズルテンナンショウが咲くことは知りませんでした。
    ヒメアマナの季節にしか行っていませんでした。
    またチャンスあったら行ってみたいと思います。
    ラーメン屋さん都会のお店なら入れてくれませんよね~
    やっぱ茨城の人はいい人なんだと思いましたよ。
    長沼公園・片倉城址なかなかいいですよね。
    植生が豊かで楽しめますね。
    開発される前はもっと素晴らしかったようです。

腺体が黒褐色になってしまったノウルシ。 さび病が原因ではなさそう
 腺体が黒褐色になってしまったノウルシ。 さび病が原因ではなさそう
ご指摘を受けて見直したら、アマナにさび病が蔓延していた!(矢印部 葉がさび色に変色している)
 ご指摘を受けて見直したら、アマナにさび病が蔓延していた!(矢印部 葉がさび色に変色している)

 

HOME  Dairy-Hiroダス

 

メモ: * は入力必須項目です