HOME > 花さんぽ > 花さんぽ2008>No.1(2月11日)                 ◀ 前へ  下へ▼  次へ ▶

 

 2月11日       早春の狭山丘陵

 Hiroがシュンランの花芽を発見
 Hiroがシュンランの花芽を発見

 

 「冬ごもり」が長かったので、森の中を歩きたくなりました。 かと言って遠出する気にもなれず、花さんぽ2007-06号で紹介した、狭山丘陵をブラついてみました。 もちろん、まだ花なんて咲いているはずもありません。 シュンランの葉でも確認できれば十分です。

 

 目的地の丘陵に入るとすぐ、人の声が聞こえます。 見ると山道からやや外れた林の中に、男性が2人しゃがみこんでいます。 長靴を履き、手には剪定バサミが! シュンランの盗掘か? Hiroが思わず、『盗っちゃダメですよ!』と声をあげた。 その声で顔を上げた初老の男性のお顔を見たとたん、あーこの人は善人、と一瞬でわかりました。 そして『この人達はシュンランを保護しているんだ』と悟りました。

 

 初老の男性と、40歳台前半に見える男性。 初老の男性は近所にお住まいの地元の方で、とても穏やかな感じの紳士でした。 お連れの男性と共に、シュンランに絡み付くツタや侵入するササを刈り、盗掘の被害に遭わぬよう落ち葉で隠す、という作業をされていたのです。 お二人ともボランティアでの活動で、頭が下がります。 このような方たちの努力で、僅かに残された里山が維持されているのだと思いました。

 私たちも「花は盗らずに撮るだけ」であるとすぐ理解していただけ、いろいろお話を伺い、また狭山丘陵の植物に関する貴重な情報も教えていただきました。花さんぽをしていると、よくこうした出会いがあります。 地元の方たちとのコミュニケーションは、大切にしていきたいと思っています。

 

 カントウカンアオイ (関東寒葵) 2008.02.11
 カントウカンアオイ (関東寒葵) 2008.02.11

 

紳士が、「これはタマノカンアオイ 多摩の寒葵」と

教えてくれました。 花を見易くするため、少し葉をよ

けてくれました。 名前に「多摩」を冠する花は、この花

ただ1種だそうです。 葉の基部は深い心形で、カンアオ

イより葉が細長く、斑があります。 しかし...。

 

 カンアオイ  ウマノスズクサ科 カンアオイ属
 カンアオイ ウマノスズクサ科 カンアオイ属


 しかし、タマノカンアオイの花とは色と形が違う

ように見えました。 タマノカンアオイは花が暗紫

色で、萼片がもっと波打つ感じになると思います。

 

カンアオイ(カントウカンアオイ)
 カンアオイ(カントウカンアオイ)

 

いろいろ調べた結果、この花はカンアオイ

(別名カントウカンアオイ)と判断しました。

合っているかな?

.

 シュンラン(花芽)
 シュンラン(花芽)

シュンランの葉はユリ科のヤブランの葉と似ています。

 

 シュンラン(花芽)
 シュンラン(花芽)

花芽が3つ出ていました。 開花にはしばらくかかりそうです。

 

花さんぽ2008の初回。 花は少なかったですが、貴重な出会

いがありました。

 

関連ページ:シュンラン

 

オリジナルレポート表紙
オリジナルレポート表紙

 

2012.04.19 掲載

 
                                              
 

メモ: * は入力必須項目です

HOME花さんぽ花さんぽ2008>No.1(2月11日)                                 ←前へ  次へ→