HOME > 花さんぽ > 花さんぽ2008>No.30-2  9月27-28日    ◀ 前へ  下へ▼  次へ ▶

 

 9月27-28日     秋の暮坂峠と野反湖      p.2/2

野反湖の花の季節は終わりを迎え、紅葉が始まり、ナナカマドの実も鮮やかになった。 2008.09.28
 野反湖の花の季節は終わりを迎え、紅葉が始まり、ナナカマドの実も鮮やかになった。 2008.09.28

 

 寄り道を繰り返しながら、お昼前に野反湖に到着! いつも通り、まずは野反峠休憩舎で中村一雄さんにご挨拶、と思ったら生憎ご不在。 夕方には戻られる事を聞いて、さっそく散策を開始。 この時期の野反湖は花の季節が終わりを迎え、頑張って咲いているものはわずかです。 その代わり果実が実り、キノコたちが生え、収穫の季節となっていた(もちろん、穫ったりはしませんよ)。

.

ツルリンドウの果実 リンドウ科 リンドウ属
 ツルリンドウの果実 リンドウ科 リンドウ属

 ツルリンドウの果実は液果で、やや細長く、光沢があり美しい。 他には無い、深い赤にかすかに紫を混ぜたような色になります。 口紅を連想するような色。

.

マイヅルソウの果実 キジカクシ科 マイヅルソウ属
マイヅルソウの果実 キジカクシ科 マイヅルソウ属

 マイヅルソウの果実は、始めはクリーム色に赤い斑点状の模様で、その後全体が艶やかな深紅になります。 深い光沢があり、これはまるで「森の宝石」だ!

.


シラタマノキ (白玉の木) ツツジ科 シラタマノキ属
シラタマノキ (白玉の木) ツツジ科 シラタマノキ属

 シラタマノキのは、常緑小低木です。果実は、純白と言ってよいほど白いです。 花は知らなくとも、果実を潰すとハッカ臭がする事を知っている登山者は多いです。 白い実は萼が肥厚したもの。 本当の実はその中にあります。

.

ツリガネニンジン (釣鐘人参) キキョウ科
 ツリガネニンジン (釣鐘人参) キキョウ科

 ツリガネニンジンは珍しくはないですが... この花はかなり変わっていました。 釣鐘状の花弁が、2つ重なっているのです。こういうのは何と呼ぶのでしょう? 「八重」でもないし... 「二重花」?

 


マツムシソウ (松虫草) スイカズラ科 マツムシソウ属
 マツムシソウ (松虫草) スイカズラ科 マツムシソウ属

 

 マツムシソウは、野反湖の花リレーのアンカーを務める花です。 その大任を立派に果たしていました。 たくさんの小さな集まって一つの頭花を作る様子は、キク科の花に似ています。 花より果実の方が多くなっていました。

 


 

 野反湖で見つけたキノコたちです。 図鑑やネットで調べましたが、1つも名前がわからりません。 花の名前を調べるより難しいですね。 キノコを自分で採って食べる趣味はありませんが、名前がわからないのは気持ち悪いなぁ。 誰かか教えてくれないかなあ...

 

野反峠休憩舎 花の駅
 野反峠休憩舎 花の駅

 

  野反峠休憩舎「花の駅」は、野反湖に訪れる度にお世話になってます。 うどん・蕎麦、コーヒーなど暖かいものから自家製ケーキなどもあります。 水は八間山の湧水を使っているので、この水を使ったメニューは特においしいのです。

 

 野反湖で見ることができた珍しい花たちは、すべて休憩舎の中村一雄さんのご案内で見ることができたのです。 中村さんは、私たちの友人であるとともに、自然観察の師匠なのです(上の左から2枚めの写真に小さく載せちゃいました)。

 

六合村の宿・くじら屋さん  (この写真のみ2007年6月24日の撮影)
 六合村の宿・くじら屋さん  (この写真のみ2007年6月24日の撮影)

 

 花さんぽといえど、宿泊もするならもう立派な「旅」です。 旅で楽しみなのが、お宿の食事。「宿・くじら屋」さんでは、毎回心づくしのお料理でもてなしてくれ、舌もお腹も大満足なのです。 ほとんどの食材は地元の季節の山の幸。 マイタケは新鮮な六合村産を1年を通して天ぷらやマイタケご飯などで食べられます。 最近は高級ニジマスであるギンヒカリのお刺身も加わり、さらに彩りが増しました。 お米はご主人自ら山形県に足を運び、おいしいお米を農家から直接買い付けて来るそうです。 下は、この日の夕食です。 メニューは毎回変わります。 ご参考まで。

 

この晩は貸し切りなので部屋でいただきます
 この晩は貸し切りなので部屋でいただきます
ギンヒカリと甘エビのお刺身
 ギンヒカリと甘エビのお刺身

地元食材の突き出し
 地元食材の突き出し
アツアツの茶碗蒸し
 アツアツの茶碗蒸し

山菜のお吸い物
 山菜のお吸い物
お鍋。白い食材は...魚だったかな?
 お鍋。白い食材は...魚だったかな?

六合村産マイタケのお寿司
 六合村産マイタケのお寿司
地元野菜や豚肉が乗ったうどん
 地元野菜や豚肉が乗ったうどん

 

 食べるのに夢中になって撮影を忘れたメニューがいくつかあります。 下は、翌朝の朝食です。

 

地元のトウモロコシを使った手作りスープ
 地元のトウモロコシを使った手作りスープ
心尽くしの朝食です 必ずご飯をおかわりします
 心尽くしの朝食です 必ずご飯をおかわりします


また遊びに行きたいです〜!


オリジナルレポート表紙
 オリジナルレポート表紙

 

2015.07.04 掲載

( 2008年当時のレポートを基に作成し直しました )

 

                   <<          1      2          >>
 

メモ: * は入力必須項目です