HOME < Dairy-Hiroダス < Dairy-Hiroダス2012               ←前へ  次へ→

 9月22日(土)      アオちゃん探し

 

山梨の朝

天候は悪くない!

さー今日は南アルプスの麓に向かいます。

 

しかし・・この町スーパーも見当たらないし、

コンビにも乏しいのだー

お昼を買い込むのも苦労します。

 

市営駐車場から乗り合いタクシーで山中に向かいます。

ここから約50分の道のりです。

山は深いんだなあーやっぱり。

道の脇は断崖絶壁なんですねえ~

昔の人のお陰でこんな山奥に行けるのですね。

「命がけの工事だったでしょうね」と運転手さんに話すと、

かなりの死者が出たようで、

「慰霊塔があるのですよ」と止まってくれました。

これだけの犠牲があっての山道を楽々と行かせて頂き・・

感謝申し上げます。

当時のお金にして、莫大な費用を掛けての

道路工事だったとのことです。

 

道の途中でお尻むき出しの青年があ~!

滝登りをしているメンバーのようですが、

用を足していたのでしょうねえ・・

道路脇で焦ってるのなら、

そこで済ませなくてもいいじゃない~

思わず吹き出してしまいましたよー

 

最終地点に到着しました。

大勢の登山者で賑わっているー

さすが、人気の山なんですね。

でも、行方不明者の写真もずらーり・・

はしゃぐ老若男女を横目に複雑な気持ちです。

安易にハイキング気分で登る山じゃないです。

体力も装備もない私たちに登頂なんてとんでもございません。

麓を散策します。

 


めっちゃ高い山が雲の間から顔を覗かせる。

うひゃー! 絶対に無理無理~ 天空の城ラピュタじゃんー

お花の宝庫だというのは知っているし、

魅力溢れる垂涎ものの山だけど・・

はなから降参宣言よ。

.

今日のピカイチさんを探しに歩き回ります。

つり橋を渡ると河原にフジアザミが沢山咲いています。

ノコンギクもどっさり咲き乱れています。

 

 フジアザミ (富士薊) キク科
 フジアザミ 下にも群生の写真があります
 ノコンギク (野紺菊)
 ノコンギク (野紺菊)

 

ざんざん登山者が行き交いますよー

若い人も多いし、かなりの御高齢の方々も続々と、

皆さんお元気なんだわねー

.

さあーて真剣モードで探さなきゃ!

二人してうろうろ・・

なかなか見つからない。

もしや遅すぎてしまったかー

むむーこれは・・

終わりかけていますが、見つかりました!

 

 アオキラン (青木蘭) ラン科 2012.09.22 山梨県
 アオキラン (青木蘭) ラン科 2012.09.22 山梨県

 

アオキラン☆

あーでもこれじゃー厳しいなあ。

もっと状態のいいものはないのかと・・

 

やったあー咲いていた!

まあまあ状態はいいアオキランが見つかりました。

斜面をちょっと上がってみると奥にも2株咲いていました。

 

アオキラン
 アオキラン

 

本日はこの子の為だけにやって来たのだから、

じっくり観察しながら撮影しました。

感激の出逢いに大満足です。

 

アオキラン
 アオキラン

.

他にはアズマレイジンソウ ナギナタコウジュ

リンドウ アキノキリンソウ

サラシナショウマ ウスゲタケブキ

アカイシコウゾリナ ヤクシソウ なども

 

 アズマレイジンソウ (東伶人草)
 アズマレイジンソウ (東伶人草)
 ナギナタコウジュ (薙刀香薷) シソ科
 ナギナタコウジュ (薙刀香薷) シソ科

 リンドウ (竜胆)
 リンドウ (竜胆)
 アキノキリンソウ (秋の麒麟草) キク科
 アキノキリンソウ (秋の麒麟草) キク科

 サラシナショウマ (晒菜升麻)
 サラシナショウマ (晒菜升麻)
 ウスゲタマブキ (薄毛玉蕗) キク科
 ウスゲタマブキ (薄毛玉蕗) キク科

 アカイシコウゾリナ (赤石顔剃菜) キク科
 アカイシコウゾリナ (赤石顔剃菜) キク科
 ヤクシソウ (薬師草) キク科
 ヤクシソウ (薬師草) キク科

 

コウシンヤマハッカ 大群生したフジアザミ畑もありました。

そばに行くと、とげとげが痛いんですよ。

 

 フジアザミ (富士薊) キク科
 フジアザミ (富士薊) キク科


遥か彼方の山に圧倒されながらも、

アオちゃんを見るという最大の目的を達成できました。

 

行きと同じ運転手さんのタクシーに乗り込んで、

駐車場に戻りました。

また散策にいきたいなあ~憧れのお花ひとつだけでも見たい。

天空の城だけど・・城の門くらいにまで歩けたらなあー。

 

山梨から茅野に向かいます。

お目当ては恒例になった「シェ岩波」さんのお料理です!

きっと山梨ストレスが起こると思っていたので、

岩波さんの御馳走を!と決めていました。

お電話で予約しておいてよかった~

先客でいっぱいでした。

 

今回も美味しく頂きましたよ!

私は洋ナシのコンポートコース

相方はステーキディナーにしました。

毎回季節のお料理が楽しみです。

 

オードブルはスモークサーモンとミニトマト、冬瓜のジュレ添え。透き通ったゼリーのように見えるのは岩波さんの絶品コンソメのジュレ。

バイ貝のワイン蒸し

ツブ貝のワイン蒸し

実はこの貝が苦手。Kenは好物なので上げました。


コーンスープ

フレッシュコーンのスープはとても甘味が濃く、奥深い味わいでおいしかったです。

天然酵母のバゲット

天然酵母のバゲットもいつも通りおいしい。またおかわりをいただいてしまいました。


自家製野菜のサラダ

自家製野菜のサラダは、野菜の隅々までドレッシングを馴染ませて出してくれます。

牛フィレステーキ

Kenのメインディッシュの牛フィレステーキ。想像通りの極上のお味だったそうです。


鯛のミニトマトソースがけ

私のメインディッシュ 鯛のミニトマトソースがけ 香り立つ鯛とフレッシュトマトのソースが絶妙でした。

アイスクリームとパンナコッタ、フルーツのデザート

クレームブリュレとカシスシャーベットのデザート。フルーツもフレッシュ!



洋ナシのコンポート。これまた極上のお味でした。実はKenは洋ナシが苦手。でも一口上げたら、「おいしい!頼めばよかった!」と悔しがっていました。やはり岩波さんの季節限定スイーツは外さない方が懸命ですね。

 

岩波さん・・いつもありがとうございます。

御夫婦仲良く頑張ってくださいね!

夫婦ってこうでありたいね、と思わせる素敵な御夫婦です。

 

お腹も満足、

お花も見れて・・

いい一日となりました。

お食事は信州がいいねーと実感する二人でございます。

 

 

翌日は雨も降り出して、

寒いくらいです。

花散策できるような状態でもないので、

茅野の山下清放浪美術館に立ち寄りました。

私は作品を観るのは2度目ですが、

相方は初めてだそうです。

 

 山下清展 放浪美術館
 山下清展 放浪美術館


有名な諏訪湖の花火も展示してあります。

貼り絵が繊細で見事だという印象でしたが、

館長さんの説明を聞きながら鑑賞してみると、

驚きの連続でした。

 

山下清の絵は、じっと正面から見ただけじゃだめなんです。

左右上下、いろいろ位置から鑑賞するのです。

目のあった作品がどこに移動しても目で追ってきます。

構図を戦略的に考えて作品を仕上げていました。

ただ手先が器用で絵のうまい人だけじゃなかったのですねー

日本のゴッホと言われたようですが・・

ゴッホ以上ではないかと私は感じました。

 

向日葵は一度照明を落として、徐々に明るくしていくと・・

向日葵が朝日を浴びたように浮かび上がってきます。

濃淡を変えたり、張り合わせた色紙にリズムがある。

まさに天才の成せる業なんでしょうね。

 

気取った美術館では体験できない、

作品を多方面から充分に楽しめる美術館です。

お近くに行かれたときには館長さんの説明を

受けながら鑑賞してみて下さい。

800円で山下清の世界に引き込まれます。

 

 

信州から実家に立ち寄り無事に帰宅。

食欲の秋 芸術の秋 自然と触れ合う秋 

全部制覇してきた我が家の秋満喫旅でした。

 

貴重な情報を下さったYさん御夫妻に感謝致します。

ありがとうございました。

 

 

コメント: 14 (ディスカッションは終了しました。)
  • #1

    みすちる (月曜日, 01 10月 2012 07:22)

    大体行かれたところ、わかりました(^_-)-☆

    私たちも恩恵をいただいていますね。
    ありがたいことです。

    でもそこまで行って登らずに戻るのも贅沢な・・!

  • #2

    hanasanpo (月曜日, 01 10月 2012 11:47)

    みすちるさん

    登山家のみすちるさんなら当然わかりますよね!
    気持ちは登りたかったのですよ~
    今度行くときには、早朝に向かって歩きたいと思います。
    高嶺の花は無理なので・・シノブちゃんに逢えるところまで。
    非常にありがたい山道だと思いました。
    昔の人に感謝せずにはいられませんでした。
    林道脇も気になるお花がいました。
    車で行ける場所まで行って散策もよさそうでした。
    体力付けてー今度はもう少し頑張ってみます。

  • #3

    kanonn (火曜日, 02 10月 2012 15:39)

    アオキランに会うために南アルプスの麓まで行かれたのですね。
    登山者に人気のお山というと、山の名前の付いた白い花が浮かびます^^
    今アルバムの方を見てきました。
    腐生植物なんですか。
    希少なトラキチラン属3種も見ているなんて驚きました^^
    その内立派な植物図鑑として出版してもいいくらいですね~

    シェ岩波さんのお料理、相変わらず丁寧な仕込みで美味しそうですね。
    ジュレは最近我が家でも良く使いますが、市販のは味が濃いですね。
    美味しいコンソメから作った本物のジュレはいいですね~

    山下清美術館にも行かれ、文化の秋も堪能されて充実した花さんぽでしたね。

  • #4

    hanasanpo (火曜日, 02 10月 2012 16:04)

    かのんさん

    そうなんですよ~タシロ→トラ→アオキと3種制覇いたしました。
    ずっと行きたかった山の麓に連れて行ってもらえましたあ~
    もう少し早い時期が良かったかも知れません。

    岩波さん今回も素晴らしいお料理でした☆
    新鮮お野菜をふんだんに使っているので、
    美味しさも倍増です!

    たまには文化の秋もいいものでした。
    山下清のちぎり絵を観て、
    娘がちょこちょこ何か作っていた頃を思い出しました。

  • #5

    りん (月曜日, 27 7月 2015 12:08)

    お花見つかってよかったですね!ごはんおいしそう・・・

  • #6

    りん (月曜日, 27 7月 2015 13:10)

    ちなみに私も山歩きをしますが、最近見つけた花はウラシマソウです。やっぱり、規模が違いますね・・・。

  • #7

    Hiro (月曜日, 27 7月 2015 14:14)

    りんさん
    コメントありがとうございます。
    山歩きというよりも私達の場合は、
    花のためなら歩くという感じなんです。
    あくまでお花目的です。
    貴重なアオキランが見つかったので嬉しいものでした。

  • #8

    星蓮 (水曜日, 29 7月 2015 10:33)

    いつだったか、サンショウバラを見つけたことがあります。とてもきれいで、疲れが吹っ飛びました。

  • #9

    Hiro (水曜日, 29 7月 2015 18:24)

    星蓮さん
    サンショウバラも見れるのですね。
    もっと先まで歩いて今の時期なら見たい花もあるのですが・・
    なかなか歩く機会がありません。
    このときはアオキラン目当てでしたので、
    見つかって大喜びしました。

  • #10

    ちーママ (木曜日, 30 7月 2015 08:35)

    小学生の娘の母親です。娘は病のため、入退院を繰り返しています。
    その娘はいつも「私、死んじゃうの」と言っていました。
    そんなある日、このブログを見せると「こんな花見たことない!」と一言。
    今では植物図鑑を片手に「この花が見たい!」というまでに。
    娘に生きる希望を与えてくれて、ありがとうございます。

  • #11

    Ken (木曜日, 30 7月 2015 09:50)

    ちーママさん、
    今までホームページ作成に費やしたすべての労力が、報われた気がします。
    上手な写真でもなく、キレイな写真でもなく、「この花が見たい!」と
    思ってもらえる写真が撮りたいと、いつも思いながら撮影していました。

    その思いが娘さんに届いたのかも知れません。涙が出るほどうれしいです。
    このホームページを作って、本当によかったと思いました。

    娘さんがどんどん元気になって、野山の花を見に行けるようになることを
    心から願っています。 始めは近くの公園から、そのうち少し遠くのお山へ。
    野反湖は少し遠すぎるかもしれませんが、もし行かれるのであれば、案内役は
    ぜひ私たちにお任せ下さい(^^)!

  • #12

    Hiro (木曜日, 30 7月 2015 21:30)

    ちーママさん
    とても嬉しいお言葉をありがとうございます。
    少しでも娘さんの希望を照らす手助けになれたのなら、
    この上ないほどの喜びです。
    もう大人になってしまいましたが、
    私にも娘がおります。
    母親としての思いというものが深く伝わりました。
    娘さんがお元気になられて野山を歩けるようになることを
    願っていきます。
    いつか見たことない花を一緒に見に行きましょう!
    ちーママさんもお体大事にしてお元気にお過ごし下さいね。

  • #13

    ちーママ (水曜日, 19 10月 2016 15:07)

    久方振りです。
    娘ですが、この間、一時退院ができまして
    どこに行きたいか尋ねた所、
    「お花がいっぱいのところ!」と言ったので、
    植物園に連れて行きました。
    娘の知らない花もあったようで喜んでいました。

  • #14

    Ken (木曜日, 20 10月 2016 04:29)

    ちーママさん、それはよかったですね! 私たちもうれしいです!
    何百枚もの素晴らしい花の写真があったとしても、一つの生きた花には及びません。
    娘さんがこれからどんどん元気になって、入院は過去の思い出の一つとなる...
    そんな日が一日も早く来ることを、強く願っております。
    来年暖かくなったら、野に咲く春の花を見に連れて行ってあげたいな〜。

 

HOME  Dairy-Hiroダス

 

メモ: * は入力必須項目です