HOME  Dairy-Hiroダス  Dairy-Hiroダス2016      ◀ 前へ  下へ▼  次へ ▶

 

 3月5日(土)    やっと探し物が見つかった〜

 

あ~~本日わたくしめの誕生日でございまするー

あんまり嬉しくなあ~い!

前夜、相方が恒例の花束を抱えて帰ってきた。

ありがとうねー

 

相方は毎年誕生日に花束をくれる
 相方は毎年誕生日に花束をくれる

 

本日は昨年からの探し物を探索に、先週に続き

またまたチーバに向かいます。

幸運なことに花友さんから貴重な情報を頂いたので、

誕生日プレゼント花になってくれそうだわー

 

チーバに向かうも・・あちこちで渋滞が起きてる~

時間がかかり過ぎてしまい途中の山の中で

ラーメン屋さんを見つけて食べたけど、

いかーん! 美味しくないざんすー

おみやげラーメンみたいな代物でしたあ~

塩分濃くてお水ガブ飲みですわ。

 

気を取り直して現地に向かいました。

ぽかぽか陽気になったので、ちーとヤマビルに警戒しなくちゃと

長靴で歩きました。

山の中は涼しいので、私は大丈夫じゃないかと思ったのだが・・

相方は相当気になるらしく、何度も足元を確認をしていた。

 

.

ムカゴネコノメソウが沢山咲き始めていた。

タチツボスミレもちらほら咲き始めね。

 

ムカゴネコノメソウ (珠芽猫の目草)
 ムカゴネコノメソウ (珠芽猫の目草)
タチツボスミレ (立坪菫
 タチツボスミレ (立坪菫)

 

沢に沿って倒木もあり、歩きにくい道を進んでいく・・

あの花はこんな場所じゃなきゃ見つからなかったのね。

 

歩き始めは、この程度の倒木
 歩き始めは、この程度の倒木
だんだん歩きにくい場所が増えてくる。 履き慣れない長靴で疲れる
 だんだん歩きにくい場所が増えてくる。 履き慣れない長靴で疲れる

 

途中の分岐にて少々困惑・・

明白な道があるのでこちらだと私は判断すると、

相方がこちらかも知れんと言い出す。

こんな場所で迷ったら遭難するわ。

冷静に地図を見返す。

 

ピンクのテープがぶら下がり分岐に来たってことはさ~

と私はここではないのかと地図のポイントを指してみた。

おーそういうことか!と相方は道を把握したようだ。

しかし私は相方が示した方向と逆に進んでしまったので、

「人の話を聞いてないなあー!」と怒られちゃいましたあ~ へへー

 

ちょっと判断に迷いそうになった場所
 ちょっと判断に迷いそうになった場所

 

さらに進むと道が崩落していて滑りやすい場所もあり、

川に入り込んで抜けて行く。

 

やっぱり長靴にしてよかった
 やっぱり長靴にしてよかった

 

あっちゃー最大の難関の倒木があるよ~

そう思って遠くの岩肌を見ると・・

「あー咲いているのが見える!!」

 

ここまでで最大の難所 身をくねらせて倒木の間をすり抜ける
 ここまでで最大の難所 身をくねらせて倒木の間をすり抜ける

 

やったねーと倒木の間をすり抜ける時に、腰を少しひねってしまったあー

ピキッっとしてお尻も痛かったが、問題ないようだ。

でかっ腹の相方もわっせとふーふー言いながら強引にすり抜けた。

.

じゃじゃーん!!

昨年からの追い求めていたお花「サツマイナモリ」ちゃんです☆

 

サツマイナモリ(薩摩稲森) アカネ科 サツマイナモリ属 2016.03.05 千葉県
 サツマイナモリ(薩摩稲森) アカネ科 サツマイナモリ属 2016.03.05 千葉県

 

九州などでは特別な花ではないようですが、

関東では南部にしか生息していません。

やっとやっと見たかったサツマイナモリに逢えましたよ~

悲願でしたの~

 

 

蕾が沢山なので、まだまだ咲き続けそうです。

しかし開花しているモデルさんがあまりよい状態なのがいなかったわ。

苔をまとった岩に一緒に咲いていました。

見事な群生です。

 

 

もわもわの白いお星様みたいな姿が可愛い。

ロート状の形もユニークで愛らしい花ね。

葉脈くっきりヒラリンとした特徴的な葉も魅力的だわ。

足元は滑るので慎重に撮影をしました。

 

サツマイナモリの花冠にはふわふわした透明な毛が生えている
 花冠にはふわふわした透明な毛が生えている
これは長花柱花。 花の中央から飛び出しているのは柱頭で、雄しべは花冠の内部にあります
 これは長花柱花。 花の中央から飛び出しているのは柱頭で、雄しべは花冠の内部にあります
こちらは短花柱花。 花の中央に見えるのは葯で、柱頭は花冠の内部にあります
 こちらは短花柱花。 花の中央に見えるのは葯で、柱頭は花冠の内部にあります
サツマイナモリのツボミはちょっと変わった形をしていて、可愛い
 ツボミもちょっと変わった形をしていて、可愛い

.

サツマイナモリに大満足し、

これからも咲き続けて欲しいと願い、

サツマちゃんにもお礼を言って来た道を戻りました。 

戻りながらカンアオイやオニシバリを見つけ撮影。

 

オニシバリ (鬼縛) ジンチョウゲ科の常緑小低木
 オニシバリ (鬼縛) ジンチョウゲ科の常緑小低木
オニシバリの花 雌雄異株 これは雄花
 オニシバリの花 雌雄異株 これは雄花

 

またしばらく進んで川の小さな滝つぼのような場所を

ふっと覗き込んだら・・

あれまあ~ここにも一塊のサツマイナモリが咲いていました。

そばによっての撮影は困難な場所ですが。

この山道では一番早く見られるポイントでした。

 

沢に浸かりそうな場所に咲いていたサツマイナモリ
 沢に浸かりそうな場所に咲いていたサツマイナモリ

 

無事に荒れた山道を歩いて来れました。

普段長靴でわっせと歩くことがないので、

二人ともへとへとです。

 

芝生の中にコケリンドウの葉が沢山ありましたよ。

チーバでは結構多く見ています。

 

コケリンドウの葉
 コケリンドウの葉

 

車を停めた場所に戻ってきたら

「おー、なんじゃこれは〜!」と相方が大騒ぎー

えーなんなのさ~

どっきゃーん! ヤマビルの死骸じゃないの!!

なんと車の後にぴろっと死骸が落ちていましたあ~~

 

ヤマビル? ゴムのようにブヨブヨしていた
 ヤマビル? ゴムのようにブヨブヨしていた

 

げげー気持ち悪いし、なんてでかいんだあ。

こんなのに吸い付かれたら失神してしまうよー

おそろしや~~

私たちには冬場にしか来れない場所だと実感しました。

 

誕生日ということもあり、急遽ホテルの宿泊を決めました。

これがもーう大はずれ!!

乾杯に生ビールと桃のお酒を注文したのに、

一向に持ってこない~ 従業員の接客がまるでなってない!

アワビの踊り焼きコースというのにしましたが、

これってアワビ?という代物。トコブシに見えるぞ!!

私たちが席に着席する前から網にずっと置いていたようだ。

 

 

アワビ?の踊り焼き やけに小さいぞ
 アワビ?の踊り焼き やけに小さいぞ
大きさや穴の数から、トコブシでは?
 大きさや穴の数から、トコブシでは?

ほとんど身がない鯛のかぶと煮
 ほとんど身がない鯛のかぶと煮
冷えきった揚げ物 他の料理は写真省略
 冷えきった揚げ物 他の料理は写真省略

  

鯛の兜煮味付けはまあまあですが、ほとんど身がない。

揚げ物は後からということで運ばれてきたものは、冷め冷め~

茶碗蒸しも、ぬるぬる~

お刺身はそこらのスーパーのほうが美味しい。

 

私はほとんど食べられるものがない。

ご飯すら美味しくなく、兜煮のたれでしぶしぶ食べた。

私の分のトコブシらしきものも食べた相方は、

この後食あたりを起こし、酷い目に合いました。

(それ以外に私と食べたものに違いはない)

 

エレベーターの中じゅうたんもほこりだらけ、掃除機くらいかけてよ~

良かったのは部屋からの景観だけでした。

 

窓からの景観だけはよかった
 窓からの景観だけはよかった

 

2度と行きたくない、最悪の鴨川ヒル◯リ◯ートホテル

そこそこの値段とっているだけに、ひどーいぞ。

 

歩き慣れない山だったので、夕食後はばったんと寝てしまいました。

翌日は花もそうそうないので、

勝浦海中公園に寄って帰ることにしました。

30年以上前に社員旅行で立ち寄ったので、本当に久しぶりです。

 

勝浦海中公園 30余年ぶりに訪れた
 勝浦海中公園 30余年ぶりに訪れた

 

海はとってもきれい~

昔来た時こんなだったかな?と記憶をたどってみますが・・

バスでは呑めや食えのどんちゃん騒ぎ

おつまみだってプロのフランス料理人が作ったものですから

美味しく、楽しくてー

若かったし、しっかり覚えてないものですなあ~

 

 

餌付けした籠に魚が群がってきます。

水族館ではないので群がる魚を見ていても飽きませんでした。

サカナくんのイラストポスターが実に上手で感心します。

彼に解説してもらいたいくらいだ。

 

エサが入ったカゴに群がる魚たち
 エサが入ったカゴに群がる魚たち

 

磯に何か魚かアメフラシでもいないかと、しばし磯遊び。

小さな魚が泳いでいたので相方は水中撮影。

いきなりカメラを水に沈めたので、近くにいた

子供連れのパパが驚いていました。

小学生の課外授業気分で楽しみましたよ。

 

 

近くに三日月ホテル直営レストランがあったのでランチ。

当たり障りなく頂きました。

帰り道の街道沿いでは勝浦坦々ラーメンのお店が賑わっていました。

こちらにすればよかったかな~

帰路は渋滞なしでスルスルっと帰ってきちゃいました。

渋滞なしだとなんて早いんだ。

 

チーバで探し求めていたサツマイナモリやっと見ることが出来ました。

情報をご提供下さいました方に、心より感謝申し上げます。

ありがとうございました。

 

ホテルにはがっかりでしたが、

誕生日記念のサツマイナモリの可愛いお花ありがとう☆

 

 

コメント: 4 (ディスカッションは終了しました。)
  • #1

    ゆき (水曜日, 09 3月 2016 07:39)

    おはようございます、HIROさんkenさん、千葉のさつまいなもりのお花、ありがとうございます、純白の星形のおはなが、愛らしいですね、清⚪渓谷と養⚪渓谷の沢で、見たことが、あります、綺麗なお花だな~!名前とお花が、一致しました。ありがとうございます。夏は、ヒルが、こわいので、なかなか、いけません。(笑)

  • #2

    Hiro (水曜日, 09 3月 2016 08:53)

    ゆきさん
    千葉の渓谷沿いではよく見られるのですね、
    もっと早く探し出したかったです。
    愛らしい花と特徴的な葉が素敵でした。
    ヤマビルは嫌ですね~~
    私たちも潜んでいる山にはとても行けません。

  • #3

    ヒゲちゃびん (水曜日, 09 3月 2016 09:55)

     Hiroさんおはようございます。
     すごいですね。サツマイナモリ。
     図鑑では千葉に咲いている噂は聞いておりますがホントに咲いていたのですね^^
     それとオニシバリやタチツボスミレもう咲いているのですね^^
     私の方は南大沢の長池公園に行ってきました。
     アオイスミレとキランソウなどが咲いていました。
     Hiroさん誕生日おめでとうございます。って年取るの嫌ですよね。
     私も嫌です。30代になるともう時間を止めてって感じです。
     更新楽しみにしていますね^^

  • #4

    Hiro (水曜日, 09 3月 2016 11:26)

    ヒゲちゃびんさん
    やっとサツマイナモリを見ることが出来ましたあ~!
    ずっと探し回っていましたので感動です。
    千葉での発見情報はたくさんありました。
    ここだ!と間違いなくいる場所は入ることが出来なくなってしまったので、
    わずかなヒントを頼りに探していたのです。
    とても花期が長い花なのでまだお花は見られそうでした。
    小さな花は可愛いのですが、サツマイナモリは葉っぱが素敵です。

    誕生日もあんまり嬉しくない年齢になってしまいましたあ~
    30代なんてまだまだ若いですよー☆
    40代からは一気に加速したような気分です。
    時は流れているのだから仕方ないですねえ~
    生きられていることに感謝しなきゃかなあー。

 

他の掲載ページ

ムカゴネコノメソウ

 Dairy-Hiroダス

  2015年4月26日 春の観察会(果実)

 

オニシバリ

 Dairy-Hiroダス

  2017年3月3日 スハマソウまつり

  2016年7月2日 今年の目玉!の観察会(果実)

  2014年1月27日 食道楽の旅 in 伊豆 vol.2

 

HOME  Dairy-Hiroダス

 

メモ: * は入力必須項目です