花さんぽ 2007-14                          ←前へ  下へ▼  次へ→

 

 5月19−20日(日)  早春の野反湖 (群馬県)

 イワナシ (岩梨) ツツジ科 イワナシ属  2007.05.20 野反湖
 イワナシ (岩梨) ツツジ科 イワナシ属  2007.05.20 野反湖

 

 花シーズンが本格スタートした5月のある日。 野反湖に呼ばれた気がして、急遽向かうことにしました。 野反湖は私たちの花観察のホームフィールドですが、なぜかこの時期(5月後半)には行ったことがありません。 前日の金曜日に「明日、行こう!」と思い立ち、実行に移しました。

 

イワナシ
 イワナシ


 5月ですが、標高1500メートルを超える野反湖では、季節は早春です。

 

 イワナシが見頃でした。 今までは早すぎて蕾だったり、逆に終わりかけていたりでした。 今回は元気いっぱいの姿を見ることができました。 早春の野反湖に相応しい、かわいい花です。 小雨が降りしきる天候ではありましたが、訪れた甲斐がありました。

 

 散策路脇の崩れかけた斜面などで見ることが多いです。 野反湖西岸の散策路に多いですが、他の場所にもたくさんいます。今回の写真は東岸方面にあたる、八間山の北側登山道入口付近で撮影したものです。 

 

 

イワナシ
 イワナシ

 

 ツツジ科イワナシ属の常緑小低木です。茎は赤褐色の粗い毛を持ち地上を這います。 葉は互生し、短い柄があります。 葉は卵形で先端は尖り、縁に褐色の粗い毛が疎らに生えます。

 

 花は薄紅色で、この日は雨に濡れて、一際透明感がありました。 萼は深く5裂し、鐘形の花冠の長さは約1cmで、先端が5裂し広がります。

.

ナエバキスミレ (苗場黄菫)
 ナエバキスミレ (苗場黄菫)

 

ナエバキスミレ 冷たい雨に濡れそぼつながらも

健気に咲いていました。 寒そうですが こんな

姿もいいものです。  八間山の登山道にて。

.

シラネアオイ (白根葵) キンポウゲ科(APG体系) 植栽
 シラネアオイ (白根葵) キンポウゲ科(APG体系) 植栽

 

冷たい雨で花弁状の萼片を閉じてしまっていましたが、

雨の中で見るシラネアオイもまたよいものです。

野反峠から徒歩7分ほどの植栽地での撮影です。

 

シラネアオイ
 シラネアオイ

 

なんとか萼片を開いている花を見つけました。

 

野反湖には自然種のシラネアオイもいます。

植栽地ほどには簡単に行けず、まだ遠目でしか

見たことがありません。 自然種は植栽された

ものとは色が違うとのことで、ぜひ間近で見て

みたいと思っています。

 

ヒメイチゲ (姫一華) キンポウゲ科
 ヒメイチゲ (姫一華) キンポウゲ科

 

ヒメイチゲ 小さく可憐な花です。

もう結実しているようでした。

 

マイヅルソウは、まだ蕾でした。
 マイヅルソウは、まだ蕾でした。
野反湖のショウジョウバカマはちっこい! 亜高山帯で寒いせいか? 高さは10cmあるかどうか。
野反湖のショウジョウバカマはちっこい! 亜高山帯で寒いせいか? 高さは10cmあるかどうか

.

ユオウゴケ (硫黄苔) ハナゴケ科
 ユオウゴケ (硫黄苔) ハナゴケ科
ユオウゴケ撮影中
ユオウゴケ撮影中

 ユオウゴケは植物ではなく、菌類と藻類の共生体である、地衣類です。 特別珍しくはないかも知れませんが、八間山には、なかなか見ることはできないと思われる大きな群生地があります。

 

 先端部の朱色の部分の形から連想したのか、「モンロー・リップ」などと呼ばれることもあるそうです。 この名前はインパクトがあるようで、人に教えると一回で覚えてもらえます。 よろしかったら、ユオウゴケのページもご覧ください。  →ユオウゴケのページへ

 

***************************

. 

 野反湖の自然を堪能し、帰路つきました。 国道405号で

下る途中で脇道に入ると、和光原という別荘地があります。

標高は1150m前後でしょうか。 2km近い直線ダートがあ

ったりします。 時間があったのでそのあたりをぶらついて

みたら、スミレの仲間が咲いていました。

.

 サクラスミレ  2011.05.20 群馬県 六合村
 サクラスミレ  2011.05.20 群馬県 六合村
アカフタチツボスミレ
 アカフタチツボスミレ
ウスバスミレ
 ウスバスミレ


***************************

.

 話しは思いっきり前後してしまいますが、前日野反湖に向かう途中で、素晴らしい場所を見つけました。 野反湖に行く時は、いつも中之条町で買い物や休憩をしてから向かいます。 その中之条町で、偶然ヤマブキソウの群生地を見つけました。 斜面一面に咲き乱れ、見事なものでした。

 

ヤマブキソウ (山吹草) ケシ科 ヤマブキソウ属 2007.05.19 群馬県中之条町
 ヤマブキソウ (山吹草) ケシ科 ヤマブキソウ属 2007.05.19 群馬県中之条町
ヤマブキソウ
 ヤマブキソウ

 しかし車道脇にあり、しかもこの道路は近々拡幅される計画があるようです。 残念ながら、この姿を見れるのもあとわずかかも知れません。 中之条町には、まだ他にも花スポットがあるようです。 機会があったら、探索してみようと思います。

 

 

        出会えた花たち(五十音順)

No. 和名 漢字表記 科名 観察場所
1 アカフタチツボスミレ 赤斑立坪菫 スミレ 和光原
2 イワナシ 岩梨 ツツジ 野反湖
3 ウスバスミレ 薄葉菫 スミレ 和光原
4 サクラスミレ 桜菫 スミレ 和光原
5 ショウジョウバカマ 猩々袴 シュロソウ 野反湖
6 シラネアオイ 白根葵 キンポウゲ 野反湖
7 ナエバキスミレ 苗場黄菫 スミレ 野反湖
8 ヒトリシズカ 一人静 センリョウ 暮坂峠
9 ヒメイチゲ 姫一華 キンポウゲ 野反湖
10 フタバアオイ 双葉葵 ウマノスズクサ 暮坂峠
11 マムシグサ 蝮草 サトイモ 中之条町
12 ヤマブキソウ 山吹草 ケシ 中之条町
13 ユオウゴケ 硫黄苔 ハナゴケ(地衣類) 野反湖
14 ユキザサ 雪笹 キジカクシ 中之条町

科名が黄色い文字となっている植物は、当サイトのAPG分類体系への移行で科名が変更になったものです。2013.10.11

 

オリジナルレポート表紙
オリジナルレポート表紙

 

2012.01.01 掲載