HOME > 花さんぽ > 花さんぽ2008>No.8-3(4月20日)                ←前へ  下へ▼  次へ→

 

 4月20日      足利・桐生の低山          3/3

 

鳴神山の山麓で、スミレたちに出会いました。

 

オトメスミレ (乙女菫) スミレ科 タチツボスミレ類 白い花です。周りにいるのはタチツボスミレ
 オトメスミレ (乙女菫) スミレ科 タチツボスミレ類 白い花です。周りにいるのはタチツボスミレ
オトメスミレ
 オトメスミレ
オトメスミレ
 オトメスミレ

 

 オトメスミレは、タチツボスミレの白花品です。 距に淡い紫色が残るものものをオトメスミレと呼び、距まで白ければシロバナタチツボスミレと呼びます。とてもエレガントな感じがするスミレです。 普通のタチツボスミレと一緒に咲いていました。

.

 エイザンスミレ (叡山菫) スミレ科 ミヤマスミレ類
 エイザンスミレ (叡山菫) スミレ科 ミヤマスミレ類
 エイザンスミレ  距の先端がやや太い感じ
 エイザンスミレ  距の先端がやや太い感じ

 

 林縁のそこかしこにエイザンスミレが咲いていました。 東北地方から九州まで分布し、比較的太平洋側の低山に多いそうです。 葉は根本で3つに分岐し、さらに各裂片が深く裂けます。 花後には葉はどんどん大きくなり、切れ込みも目立たなくなり、大きな3小葉のようになります。


 花色は淡紅紫色から紅紫色、そして白に近いものまで変化に富みます。 花弁の縁が波打つようになることが多いようです。 側弁の基部には長い毛が生えます。 よい香りがするそうですが、うっかり嗅いでみるのを忘れました。

.

 アカネスミレ (茜菫) スミレ科 ミヤマスミレ類
アカネスミレ (茜菫) スミレ科 ミヤマスミレ類
アカネスミレ
 アカネスミレ

 

 美しいアカネスミレもいました。 花弁の基部が閉じ気味に咲くので花の内部が見えにくいのが特徴。 もう一つ大事なのは、距に毛が生えていることで、これは他のスミレではあまり見られない特徴です。 右の写真はピントが甘いのですが... クリックして拡大したら見えるでしょうか。

 

 半日のお気軽花さんぽでしたが、期待したよりずっと多くの花を見ることができ、大満足でした。

 

今回出会えた花たち(五十音順)
No. 写真
掲載
和名 漢字表記 科名 属・類名
1 アカネスミレ 茜菫 スミレ ミヤマスミレ
2 アカフタチツボスミレ 赤斑立坪菫 スミレ アカフタチツボスミレ
3 エイザンスミレ 叡山菫 スミレ ミヤマスミレ
4 オトメスミレ 乙女菫 スミレ アカフタチツボスミレ
5 カテンソウ 花点草 イラクサ カテンソウ
6   キランソウ 金瘡小草 シソ キランソウ
7 ジロボウエンゴサク 次郎坊延胡索 ケシ キケマン
8 シロヤブケマン 白藪華鬘 ケシ キケマン
9 セントウソウ 仙洞草 セリ セントウソウ
10 タチツボスミレ 立坪菫 スミレ アカフタチツボスミレ
11 ナツトウダイ 夏灯台 トウダイグサ トウダイグサ
12 ハナイバナ 葉内花 ムラサキ ハナイバナ
13 ヒメハギ 姫萩 ヒメハギ ヒメハギ
14 フデリンドウ 筆竜胆 リンドウ リンドウ
15 ミヤマキケマン 深山黄華鬘 ケシ キケマン
16 ムラサキケマン 紫華鬘 ケシ キケマン
17   モミジイチゴ 紅葉苺 バラ キイチゴ
18 ヤマルリソウ 山瑠璃草 ムラサキ ルリソウ

 

 

オリジナルレポート表紙
オリジナルレポート表紙

 

2012.04.19 掲載

 

                 <<          1      2      3          >>
 

HOME花さんぽ花さんぽ2008>No.8-3(4月20日)                              ←前へ  次へ→