HOME  Dairy-Hiroダス                  ◀ 前へ  下へ▼  次へ ▶

 

. 3月11日(土)    アイドルの危機

 

この季節に見られるお花は・・

大体は見てしまって、南国にでも出向きたいが~~

我が家の家計にはちょっと厳しいものがあるわあー

花友さんたちからは、南の島の美しいお花のお便りが・・

垂涎もので~ 羨ましいよおーー

 

震災から6年の月日が・・

復興とは何だと思い知らされる気持ちにもなり、

避難生活も続いている状況でもある。

震災を忘れず、起こった出来事には

ずっと向き合っていかねばならないのだ。

 

 

羽村の「きのえや」さんに立ち寄り、久しぶりにラーメンランチ

ご主人一人で切り盛りして頑張っている。

無添加、500円でこのクオリティですから、素晴らしいー

 

塩ラーメン 追加トッピングなし
塩ラーメン 追加トッピングなし
味噌ラーメン 具が沈んで地味
味噌ラーメン 具が沈んで地味
チャーシュー飯 350円
チャーシュー飯 350円

.

ラーメンで満足して、再びハナネコちゃんの様子を見に行きました。

ほぼ満開状態ですが、朝に冷え込みが続いているせいか

少し蕾も残っています。

 

ハナネコノメ  2月26日には多くが蕾でしたが、ほぼ満開の状態に
ハナネコノメ  2月26日には多くが蕾でしたが、ほぼ満開の状態に
ハナネコノメ
ハナネコノメ
ハナネコノメ  一部の葯が裂開し、黄色い花粉を覗かせ始め さらに色彩豊かに
一部の葯が裂開し、黄色い花粉を覗かせ始め さらに色彩豊かに
ハナネコノメ  咲き始めの初々しい花も美しい
咲き始めの初々しい花も美しい

 

まあーアイドルの人気は高く、多くの人が群がっています。 

じーっと場所を陣取っているおばさんがいた。

私はその左脇のほうで撮影をしていた。

おばさんはカメラを構えた場所を譲ることもなく、

ずっとしゃがみ込んで何度もシャッターを切って

撮影していたのだが・・

 

ふと見ると・・コンデジを右手に、左手には木の棒がーー

手ぶれ防止のために、棒を一脚代わりにハナネコノメが

咲いている中にグサッと差し込みながら

撮影しているじゃないか!!!

 

あーあーあー、穴ぼこがたくさんできてる××

これはあかん!

思わず「その棒で花を挿していますよ」と注意しました。

ところがまったく悪びる態度もなく、こちらを振り向くでもなく、

撮影のためだとか、ぼそぼそと言い訳をして、

なんの躊躇なく撮影を続けている。

なんて人なんだあ~~

花を愛でる資格もないぞ!

 

盗掘も自生の花を傷めつける行為も許されません。

相方も見かねて、注意しました。

自分が満足できる写真だけ撮ればいいという考えなんですかね。

自分勝手な行為をする人には、厳しく注意することにしました。

多くの人が楽しみにしているのに、最低限のルールを守れなければ、

ハナネコノメの咲く場所も立ち入ることできなくなりますよ。

注意しなければ、ブスブスと棒を挿しながら撮影を続けていたと

思われます。

可愛いお花の人気が高い半面、中には不届き者も現れます。

許さんぞーー

 

けしからんおばさんの写真を掲載しようかとも思いましたが、

今回はやめておきます。

.

とても不快な気分のままハナネコノメちゃんの場所を離れます。

ユリワサビが咲き始め、キクザキイチゲアオイスミレ

開花が進んだ程度で、新しいお花の出現はありませんでした。

 

キクザキイチゲ (菊咲一華) キンポウゲ科 イチリンソウ属
キクザキイチゲ (菊咲一華) キンポウゲ科 イチリンソウ属

.

アオイスミレ (葵菫) スミレ科 スミレ属  先週より花数が増えていた
アオイスミレ (葵菫) スミレ科 スミレ属  先週より花数が増えていた

.

ヨゴレネコノメ (汚れ猫の目) ユキノシタ科 ネコノメソウ属  まだ眠りから覚めずにいた
ヨゴレネコノメ (汚れ猫の目) ユキノシタ科 ネコノメソウ属  まだ眠りから覚めずにいた

.

コチャルメルソウ (小哨吶草) ユキノシタ科 チャルメルソウ属
コチャルメルソウ (小哨吶草) ユキノシタ科 チャルメルソウ属
コチャルメルソウ  赤っぽい、TVのアンテナのような部分が花弁です
コチャルメルソウ  赤っぽい、TVのアンテナのような部分が花弁です
コチャルメルソウの蕾  複雑な形の花弁をうまく丸め込んでいるのですね
コチャルメルソウの蕾  複雑な形の花弁をうまく丸め込んでいるのですね

 

お花が好きで、綺麗な写真が撮りたいなら・・

被写体を大事に守ることを、肝に据えていただきたい。

自生するお花は、みんなの宝物なんです。

 

また最近は、我がHPからの写真盗用が非常に多い状況です。

今や自分の画像がどこで使われているか、簡単に調べられるんです。

無断使用は著作権侵害だということを知らない方が多すぎます。

相方は相当苦労しております・・

泥棒だということ理解していないのでしょうか。

人が貴重な時間やお金も労力もかけて見てきたお花を、自分で撮影したと

平気で公開しているのですから、呆れてしまいます。

 

怒り心頭の花さんぽになっちゃいましたが・・

お花が好きなので、どうしても譲れないものがあります。

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    ゆき (火曜日, 11 4月 2017 00:03)

    こんばんは、hiroさんKenさん、花ネコノメ、ヨゴレネコノメ、キクザキイチゲ、アオイスミレ、コチャルメラ草、愛らしいですね、花ネコノメちゃんは、まさに、愛らしいです、自生の保護は、大切な事、美しい、咲いている、場所を荒らしたり、自分本位に、写真の場所を陣取る、ナンセンスな、考え方は、よくないですよね、hiroさんKenさんと同じおもいです。先日、紅しゅすらんを見に行く場所にも、花ネコノメさんが、ありました、群生して咲く、優しい色のおはなですね。お二人のブログのお写真、四季折々のお花たちのより美しい、輝いてる、姿をお写真に、おさめてるのに、
    他者か、無断使用する、行為が、とても、許せない、私も、そう思います。

  • #2

    Ken (水曜日, 12 4月 2017 01:18)

    ゆきさん、こんばんは。
    日増しに花たちが増えていく、楽しい季節になりましたね。今年もたくさんの花が見られるといいですね!
    野山に自然に咲く花は、みんなのもの。それを見るのを楽しみにしている他の人達のことも思いながら、観察したいものです。
    当サイトに掲載している写真は、それなりの労力と費用と時間を費やした結果でもあるので、無断で我が物のように使用されるのは耐えられないところがあります。このため、見つけた場合は厳正に対処しています。最近は画像検索で簡単に見つけることができます。